登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
東京・世田谷北部アルプス(北沢川・烏山川沿いの山々?) 徳川山、北沢八幡神社の富士山遙拝所、代田富士356、松蔭神社、根津山(羽根木公園)、豪徳寺、世田谷八幡、世田谷城址、八幡山、蘆花恒春園、烏山神社、松葉山、烏山寺町、牟礼の里(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2019年9月30日(月)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:武蔵小山→東急目黒線→目黒→山手線→新宿→小田急線→代々木上原

    復路:三鷹台→小田急バス→仙川→仙川湯けむりの里→仙川→京王線→明大前→渋谷→山手線→目黒

  • 天候

    晴れ時々曇り

この登山記録の行程

代々木上原駅5:55→徳川山(代々木大山公園)6:02→下北沢駅6:22→北澤八幡神社の富士山遥拝所6:31→代田八幡6:45→代田富士356(みごろ)公園6:49→根津山(羽根木公園)6:55~7:10→松蔭神社7:30~40→豪徳寺7:57→世田谷城趾8:04→世田谷八幡8:17→経堂駅8:34→八幡山(八幡社)8:57→希望ヶ丘公園9:04→芦花公園(蘆花恒春園)9:10→粕谷八幡神社9:32→烏山神社9:45→千歳烏山駅9:55→松葉山10:15→烏山寺町入口10:20→高源院(鴨池=目黒川源流)10:38→花と緑の広場10:55→牟礼の里11:07→牟礼神明社11:19→三鷹台駅11:31

合計5時間36分


総距離 約21.8km 累積標高差 上り:約122m
下り:約104m
9月28日(土)は、世田谷区の北部の登り残しの小田急線や京王線沿線の山を繋いで縦走して来ました!

この辺りには多摩川の国分寺崖線のような高低差の大きい崖は基本的になく、烏山川とか北沢川といった小川レベルの暗渠化された川しか流れていないので、山といっても微高地レベルでまるで登山にはなりません。

まあそれでも松蔭神社とか豪徳寺とか烏山の寺町とかの見所はそこそこ点在しているので退屈はしないんですが、先週の善福寺川や神田川ですら天国のように思える平坦さです。

それはそれで得難い個性なのかも知れませんけどね。

スタートはこの前目黒のついでに行った代々木八幡の隣の代々木上原です。この駅の北側には戦前「大山園」という和風庭園を主とした遊興施設があり、その後所有者が一時期、紀州徳川家の当主で実業家だった徳川頼倫氏になったこともあり、「徳川山」とも呼ばれていたそうです。今は分譲され高級住宅街になっているですが、その一角に「代々木大山公園」なるものが残っているらしいので、まずそれを目指します。

でも、庭園を期待して行ったのですが、単なる児童公園でした…。

気を取り直して次は下北沢の八幡神社にある「富士山遥拝所」という富士塚みたいなものに向かいます。これは少し前まで隣の森厳寺にあった巨大な富士塚を工事の都合で崩した代わりに造られた物で、どのような物か見当がつかなかったのですが、1mほどの小さな富士塚でした…でも神社自体がこの日一番の高台にあるため、冬場はその前から富士山が臨めるらしいです。

続いて地下化された世田谷代田駅のトンネルの出口にある「代田富士356(みごら)公園」に向かいます。ここは富士塚ではなく、線路の上にある富士山が見える公園です。世田谷代田駅周辺は元々富士山が良く見える高台だったらしく、駅手前の環七を渡った高台にある代田八幡神社の裏手からも同じアングルで西方が臨めました。なおこの神社には富士山良く見えるんだから浅間神社でいいのに、何故か御岳神社があります。

代田富士356公園の次は、羽根木公園に向かいます。ここは根津財閥の所有地だったため「根津山」と呼ばれていたそうです。公園は小高い丘になっていて、上には梅ヶ丘駅の由来となった梅林もあります。

この辺りから山がどんどんノッペリして来ます。

根津山の次は、せっかく世田谷に来たので「松蔭神社」に行きます。あの維新の志士たちを育てた吉田松蔭を祀った神社です。ここは神社の他に吉田松蔭の墓や銅像、さらに松下村塾を再現した建物などもあり、維新のテーマパーク的に楽しめます。隣には男塾のモデルになったとも言われる国士舘大学もあります。

松蔭神社の次は、豪徳寺と世田谷城趾に向かいます。豪徳寺は招き猫が有名な大きなお寺で、世田谷城趾に隣接してあります。世田谷城趾は烏山川沿いに造られた城なんですが、丘というほどの高さもなく、川もジャンプすれば越えられるような小川なので、どうやって守ったのだろ?

世田谷城趾の次は八幡山に向かう予定だったのですが、途中にある世田谷線の宮の坂駅のところに昔の世田谷線が展示してあったので思わずパチリ。ちなみに世田谷線は鎌倉まで行かずとも江ノ電みたいな電車に乗れる有り難い電車です。そしてその駅前に世田谷八幡という立派な神社があったのでそこにも寄り道。奉納相撲が有名な神社らしいです。

世田谷城趾から八幡山は最初烏山川沿いを行こうと思っていたのですが、経堂駅を通って一直線に続く高台の何々上水跡みたいな道があったので、そこを通って行きました。経堂は昔から小田急線なのに中央線ぽい駅。

そしてようやく着いた「八幡社」はとても八幡山とは呼べないほんの僅かな微高地で、しょうがないんで築山があるという「希望ヶ丘公園」に向かうとここもたいしたことがなく、環八を渡った芦花公園の入口で休憩。

芦花公園は正式には「蘆花恒春園」というらしいのですが、「不如帰」で有名な徳冨蘆花の住居跡を公園化したものです。中はかなり広く、蘆花の住居跡や墓も残されています。あと粕谷八幡神社という神社もあります。

蘆花恒春園の次は烏山に向かいます。烏山には千歳烏山駅の南口にある「烏山神社」周辺という説と「北烏山の寺町」のことという説の2つがあるので、今日は2つとも行ってみます。

まずは烏山神社です。ここも八幡山同様の微高地で山と呼べるほどの高度差はありません。でも烏山神社の元の名が白山御岳神社で、若干距離は離れるけれど西側を流れる仙川まで行けば谷間の高度差もあり、辺りが一面畑だった時代には富士山ぐらいは見えたんじゃないかと思える節はあります。でも見た目完全に平地なのでなんとも言えません。

次にすっかりきれいになってしまった千歳烏山駅の商店街を経由して北烏山の寺町に向かいます。北烏山は練馬の外れと並ぶ東京23区の辺境中の辺境なんですが、世田谷の京都と呼ばれる、それはちょっと盛りすぎなので世田谷の谷中墓園ぐらいの、風情のあるお寺が立ち並ぶ知る人ぞ知る観光地になっている場所です。

行く途中に、中央高速をくぐるところに「松葉山」というのがあったので寄ってみたら、単なる児童公園でした…。

で北烏山の寺町なんですが、ここの良さは、都内の他の寺町の寺は鉄筋コンクリート造りとかに建て替えられて風情も何もなくなっているものが多い中、ここは辺境にあったせいか、ほとんどの寺が昔のままの姿で残されていることです。

特に素晴らしいのは一番に奥にある2つ「妙壽寺」と「高源院」で妙壽寺には群馬の法師温泉みたいな物凄く立派な木造建築の建物があります。高源院には鴨池という烏山川=目黒川源流の鴨池という風情のある池があります。

山に行けない雨の週末にでも一度訪れてみて損のない場所です。

さて今鴨池を目黒川の源流と書きましたが、細い流れはさらに三鷹市の牟礼まで続いています。この牟礼地区というのは裏井の頭公園の池といった感じの湧水の豊富な場所で、今は湧水はほとんど枯れていますが、湧水の出ていたスリバチ地形の縁の部分に「牟礼の里」という三鷹市最高地点の山が公園として整備されているので、今日はそこまで行ってみます。

言うなれば「目黒川の頭」みたいな山です。

牟礼の里は人見街道と三鷹台駅の方から来る道が交わる交差点の裏にあって、高い尾根づたいを通っていることで有名な玉川上水も迂回するほどの小高い丘にになっています。富士山が見えると書いてあるポスターが貼ってあったので、木の葉が落ちる季節になれば芝生の斜面の上部から真っ白な富士山が見えるのかも知れません。

牟礼の里から三鷹台駅に向かいます。途中に牟礼神明社という牟礼の里と同じくらいの高さの神社があったので寄ってみました。するとここにも富士山が見えそうな場所に榛名山と三峯山を祀った富士塚みたいな物が!こういうの都内に意外とたくさんあるのかも知れませんね。

牟礼神明社から長い下り坂を下り、途中で玉川上水の橋を渡って神田川沿いにある谷底の三鷹台駅へ向かいます。三鷹台駅は先週も来たんだけどやっぱり何もない駅で唯一開いていた御膳房という町中華で、ラーメンと半チャーハンのセットを食べました。両方とも町中華らしからぬ薄味の優しい味で、女子大があるせいかな?

三鷹台駅からは井の頭線で帰るのが普通なんですが、時間が早いので牟礼から駅に向かう途中気になっていた仙川行のバスに乗っみました。どちらかというと千歳烏山に行ってくれた方が使う側は嬉しい気がするんですが、小田急に業務委託の調布市のコミュニティバスなので仙川じゃなきゃいけないみたいです。でも仙川には前に世田谷の国分寺崖線を歩いた時に行った「仙川湯けむりの里」があるので、今回に限り仙川行で正解でした。

仙川湯けむりの里は、相変わらず温泉なんだか井戸水なんだかわからない感じの薄口温泉で、でも料金は高井戸の美しの湯の1200円より安い土日850円なのでギリギリペイするかなといったところです。

まちあるき おでかけ案内 | 世田谷区ホームページ
https://www.city.setagaya.lg.jp/theme/kanko/002/003/d00122688.html

おすすめ散歩マップ(烏山地区) | 世田谷区ホームページ
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kurashi/007/002/005/003/d00129897.html

仙川 - 湯けむりの里
https://www.yukemurinosato.com/sengawa/

登山中の画像
登山画像
最近、幡ヶ谷とか笹塚にIT系企業が増えて来た関…
登山画像
代々木大山公園周辺のその昔大山園だった高級住…
登山画像
道路拡張ですっかり何もなくなってしまった大山…
登山画像
演劇の街、下北沢を一応通って行く。
登山画像
北沢八幡に着きました。
登山画像
これが富士山遥拝所です。単なる小さな富士塚で…
登山画像
でも高台にあるので、木の葉が落ちたらこっち方…
登山画像
富士山遥拝所は元々隣りの森巌寺に巨大な富士塚…
登山画像
環七を歩道橋で渡ります。
登山画像
渡ってすぐにある代田八幡神社。
登山画像
ここも高台にあるので、裏から富士山方向が良く…
登山画像
でもあるのは何故か御嶽神社。実質的に富士塚だ…
登山画像
その代田八幡の裏が世田谷代田駅で、駅のすぐ先…
登山画像
線路の向こうに富士山が見えるんだと思います。
登山画像
そして羽根木公園へ。ここは根津財閥の土地だっ…
登山画像
小高い丘になっています。
登山画像
上には梅が丘の名前の由来となった梅林がありま…
登山画像
まあともかく、梅林からの眺めです。
登山画像
続いて松蔭神社に向かいます。松蔭神社&若林公…
登山画像
右にも左にも人気の松蔭神社です。
登山画像
松下村塾の復刻版があった!
登山画像
松蔭先生です。別名寅さん♪
登山画像
松蔭先生のお墓です。
登山画像
そして隣りに建つのが「魁男塾」のモデルになっ…
登山画像
坂の向こうに世田谷城趾の森が見えます。
登山画像
烏山川を渡る。
登山画像
烏山川は暗渠なんですが、ポンプで水を送って上…
登山画像
先に豪徳寺に着いてしまった。
登山画像
豪徳寺の三重の塔です。
登山画像
豪徳寺は招き猫が有名です。この看板じゃわから…
登山画像
そして世田谷城趾です。守りどうするんだという…
登山画像
それでも展望はこのぐらいはあります。
登山画像
宮の坂駅に展示してあった世田谷線の古い車両。…
登山画像
厳島神社もあります。たぶん昔は湧水が豊富だっ…
登山画像
宮の坂駅のすぐ横が世田谷八幡!
登山画像
ここは奉納相撲が有名らしい。
登山画像
経堂駅をぬけて何とか上水の跡みたいな一直線の…
登山画像
八幡山の山頂である八幡社に着きました。
登山画像
でもここはほんの少し高くなっているだけの微高…
登山画像
しょうがないんで近所の希望ヶ丘公園へ。
登山画像
ここには築山の丘があるはずなんだけど、それも…
登山画像
丘の上からの眺めです。どうやらここは廃棄物処…
登山画像
環八を渡る。左の森が蘆花恒春園(芦花公園)!
登山画像
環八の外側に聳えるガスタンク!23区の外れらし…
登山画像
蘆花恒春園に着きました。
登山画像
園内はこんな感じ。
登山画像
コスモスが咲き出していました。
登山画像
奥の森の中に入ると徳富蘆花の家が保存されてい…
登山画像
徳富盧花と奥さんのお墓もあります。
登山画像
武蔵野らしい竹林!
登山画像
蘆花恒春園の一番北側にある粕谷八幡神社。
登山画像
さらに少し進むと烏山神社があります。ここも八…
登山画像
でも元の名前が白山御嶽神社なので、この辺りが…
登山画像
最近すっかりきれいになってしまった千歳烏山駅…
登山画像
そして甲州街道を渡って北烏山へ。このあたりも…
登山画像
空高く送電線鉄塔と下に中央フリーウェー。
登山画像
高速の下を右折したところにあるのが「松葉山」…
登山画像
烏山寺町に入りました。
登山画像
古いままの寺が沢山残っています。
登山画像
寺の門。
登山画像
鐘衝堂。
登山画像
別の寺。
登山画像
特に立派なのは一番奥の方にある妙壽寺と高源院…
登山画像
妙壽寺の中の法師温泉みたいな立派な木造の建物…
登山画像
妙壽寺のお寺。大きいけれどこちらは普通です。
登山画像
寺町らしく彼岸花があちらこちらに咲いています。
登山画像
続いて高源院へ。
登山画像
高源院のお寺です。
登山画像
高源院の鴨池です。烏山川=目黒川の源流とのこ…
登山画像
でも鴨池の先にも流れは続いているらしいので、…
登山画像
東八道路を渡る。むさしの珈琲というのがあった。
登山画像
そして烏山川源流付近の最高峰で三鷹市の最高峰…
登山画像
ここからも富士山が見えるらしい。
登山画像
牟礼の里はこんな感じの芝生の斜面になっている。
登山画像
山頂付近からの眺め。微妙に丹沢が見えるも富士…
登山画像
山頂の裏は多摩地区らしく畑です。
登山画像
ここにも彼岸花がたくさん咲いていました。
登山画像
牟礼の里と同じぐらいの標高の牟礼神明社にも寄…
登山画像
ここは木がない分だけ、富士山方向の眺めが良い。
登山画像
でもあるのは富士塚じゃなく、榛名山と三峰山の…
登山画像
牟礼の里や牟礼神明社の方が高いので、迂回して…
登山画像
神田川沿いの先週も来た三鷹台駅に到着。
登山画像
駅前なんにもないので、なんとか開いてた御膳房…
登山画像
立教女子大があるせいか、町中華らしからぬ薄味…
登山画像
半チャーハンも優しい味でした。
登山画像
今日は時間が早いので井の頭線に乗らずに仙川行…
登山画像
仙川駅到着。
登山画像
そしてこの前世田谷に来た時にも行った仙川湯け…
登山画像
湯上がりのビール。
登山画像
仙川駅の橋の上から丹沢・富士山方面の眺め。や…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、傘、タオル、帽子、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、行動食、テーピングテープ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...