登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
槍ヶ岳(新穂高温泉→南岳新道) 南岳、中岳、大喰岳、槍ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

つちのこくん さん
  • 日程

    2019年9月30日(月)

  • 利用した登山口

    新穂高温泉  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:日曜午後、無料駐車場到着。土日は天気良くなかったのでガラガラでした。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

新穂高温泉(02:58)・・・新穂高温泉駅・・・穂高平小屋(03:31)・・・奥穂高岳登山口(04:01)・・・滝谷出合(04:52)[休憩 4分]・・・槍平小屋(05:35)[休憩 10分]・・・西尾根のコル(07:20)[休憩 10分]・・・南岳小屋(08:29)[休憩 10分]・・・天狗原稜線分岐・・・中岳(09:35)[休憩 35分]・・・槍ヶ岳山荘(10:51)[休憩 15分]・・・槍ヶ岳(11:27)[休憩 31分]・・・槍ヶ岳山荘(12:07)[休憩 19分]・・・千丈沢乗越分岐(12:52)・・・槍平小屋(13:35)[休憩 7分]・・・滝谷出合(14:08)・・・奥穂高岳登山口(14:53)[休憩 7分]・・・穂高平小屋(15:24)・・・新穂高温泉駅・・・新穂高温泉(16:00)

総距離 約28.5km 累積標高差 上り:約2,958m
下り:約2,958m
コースタイム 標準:18時間40分
自己:10時間34分
コースタイム倍率 0.57
南岳新道はコース荒れてるとのことでしたが、危険な所はなくて整備も十分。軽い笹漕ぎが少々あるくらいで、問題なく行けました。
南岳からの3000mの稜線歩きはとても幸せでした。平日の良い天気に代休をあてがってくれたY所長に感謝です。土日が天気良くなかったので、槍の穂先もガラガラでのんびりできた。
穂先の岩場は思ってたより簡単だった。でも、長いハシゴは、けっこう怖かった。もともと高い所は苦手なので。剱岳の早月尾根、甲斐駒の黒戸尾根、五竜岳の牛首なんかは全然平気だったけど。

登山中の画像
  • 日曜日16時前の登山者無料駐車場。2段目以下はガラガラ。1段目も半分程度。3段目だったかな?駐車場端に仮設トイレが2つある。
  • 登山指導センター、明るくてあったかくてステキ。トイレもきれい。
  • 穂高平小屋へのショートカット道入り口。ショートカットの登山道はちょい荒れてる。行きはショートカット、帰りは車道を通る。
  • 奥穂高岳登山口をすぎて白出沢を渡ると、登山道に。
  • 滝谷出合の橋。えらい勢いで流れてた。増水時は本当にやばそう。真っ暗闇の避難小屋も外から見たけど、噂どおりこわかった。「なんまいだ」と合掌。
  • ベニテングさんの幼菌がかわいい。帰りには頭が少し大きくなって、赤がちょっと目立つようになってた。
  • 槍平小屋の水場。ざんざんと豪快に流れっぱなし。南岳新道入り口には「荒れてます。初心者は危険」みたいな看板が立たってた。軽い笹漕ぎが少しあるが、道は明瞭。
  • 少し歩くと南沢に出る。南沢を少し登って右側の登山道に入る。マークがしっかりあるので安心。
  • ハシゴ、鎖もしっかりあるけど、なくても大丈夫なくらい。こないだのダイグラ尾根は、ハシゴや鎖が一切ない上に、登山道そのものもここより険しかった。
  • 美白なおねいさん。ドクツルタケはこわいくらいの白さだけど、この娘はかわいい白さ。
  • 苔もかわいい
  • ラッパみたいなコケも、もふもふはえてた。かわいいかわいい。
  • 右俣沢沿いにずっと歩いてきた
  • 登ってきた尾根。槍平小屋も小さく見える。
  • 南岳とカール。カール内を登山道が横切って見える。西尾根のコルは標識とかなかったみたい。
  • オレンジのつぶつぶがちりばめられた、おしゃれさんなうんこ。草間彌生っぽくってステキ。うんこ見せてごめんね。
  • カール内の登山道の下に、カールをジグザグに登る登山道がはっきり見えた。南岳旧道かな?。
  • 中岳とカール。最初はこっちが南岳かと思って見てた。
  • 画像だとこわそうだけど、高度感もそんなにないしこわくなかった
  • 南岳小屋の下に、雷鳥さん3羽いた。ちっちゃめで、まだお子さまっぽかった。「めろめろー」って、初めて聞く泣き声やった。
  • 大キレットと北穂高岳。奥は奥穂と、手前に涸沢岳がかぶってるっぽい。滝谷の岩岩がすごい迫力やった。
  • 北穂高小屋が見える。本当に山頂すぐ下にあるんやね。
  • 草紅葉がきれいやった。花の芯?が残ってて、お花が咲いてるみたいに見えた。
  • 南岳小屋到着。良くも悪くも、話題になってるので、なんとなく素通りで。
  • 富士山と南アルプス。甲斐駒ヶ岳から聖岳と深南部まできれいに見えてステキ。
  • 穂高岳方面。左にぴょんとしてるのは、前穂高岳かな?。
  • 常念岳はこっちから見てもお美しい。常念岳から、右端の蝶槍までも、アップダウンが続いてちょいきつい。
  • 中央奥に大天井岳。右端のコルには常念小屋も見える。大天井岳からは東鎌尾根が。
  • 左に唐沢岳、中央に燕岳。餓鬼岳は燕岳の裏で見えないのね。
  • 南岳到着。せっかくの3000m峰なのに、地味な感じでお気の毒。
  • 奥に旭岳、白馬岳、鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳。その手前に針ノ木岳、蓮華岳。よく見ると、蓮華岳の手前に北葛岳、七倉岳。そこから左に船窪岳~不動岳への崩壊地が。
  • 天狗原分岐ちょい南からの中岳、大喰岳、槍ヶ岳。ステキな稜線歩き。
  • 笠ヶ岳、抜戸岳。抜戸岳も地味だけど、こっちから見ると男らしい立派な山容やね。
  • 天狗原方面もよい雰囲気
  • 2986ピークのちょい北から中岳方面。手前の丘の岩がザワザワしてて、脳に直接刺さってくる。
  • 乗鞍岳と手前に焼岳。さらにその手前の尾根に、ロープウェイ山頂駅も見える。乗鞍岳の奥に御嶽山もちょい顔出してる。
  • 中岳到着。この時期に雪を見ると、なんかうれしい。殺生ヒュッテ、ヒュッテ大槍も見える。
  • 南岳、穂高岳方面。南岳はこっちから見てもぱっとしないわー。
  • 裏銀座もきれいに見えた。。中央に鷲羽岳、左奥に薬師岳、右に水晶岳。豪華やね。
  • 左から双六岳、丸山、三俣蓮華岳。こっちも、今度は夏のお花の時期に行ってみたい。
  • 大喰岳、なんかかわいい。大喰岳は若い男のイメージやったけど、歩いてみたら女の子の山やった。南岳は、おっさん。中岳はやんちゃなお兄ちゃんやね。
  • 常念山脈。北端の唐沢岳から燕岳、大天井岳、東天井岳、横通岳、常念岳。涸沢はおねいさんがいっぱいいてステキ。唐沢岳は血便や血尿がでそうなキツさやった。名前は似てるけど・・・。
  • 無理やり増築してる感がステキ。建築基準法とかは関係ないんかね。
  • 槍ヶ岳って、まっすぐピョンとしてると思っとったけど、微妙に傾いてるんやね
  • 槍ヶ岳山荘からズームで。ハシゴ長いよ。高いの苦手ですよと弱気になる。
  • 三連休は3時間待ちとか、山荘まで行列が続いてる画像なんかを見るけど。すいててステキ。
  • 画像で見るときつそうだけど、難しくないし、こわくない。私は高いのこわい人だけど、この辺は大丈夫。
  • 足場も作ってあるし、アスレチックコースのイメージ。時々動く岩もあるけど、ちゃんと確認していけば大丈夫。
  • 長いハシゴはこわいこわい。自分のビビってる姿を動画で見てみたい。「調子に乗ったらいかんよ」っと。いっこいっこ確実に行けば大丈夫。
  • 山頂から山荘の方。やっぱ高いねー。
  • 山頂は多くて4人、最後は2人。良い日に来れてよかった。のんびりほのぼのとお話したり、写真を取り合ったり。混んでる時は殺伐として、罵声が飛び交うらしいが。
  • いつ見ても、硫黄尾根が赤くてこわい。後ろに鷲羽岳、水晶岳、野口五郎岳。さらに奥に薬師岳、立山も見える。
  • そしてバンザーイ。パンツが腰パンでだらしないわ・・・。そんで、スノボーのヘルメットを着用。画像は徳島のお父さんに撮ってもらった。スパイクの長靴はいてて「玄人」って感じでかっこよかった。
  • 北鎌独標、険しいわー。お母様、息子くんは危ない所は行きません。こわいし。 下山は長いハシゴ以外はこわくないし、先行者もいなくてサクサク降りた。
  • 山荘から常念岳ズームだけど、肉眼だとこのくらいに見える。右下にヒュッテ西岳が。こっちもいろいろと聞きますね。でも、わがままでマナーの悪い登山者も多いから気持ちも分かる。槍ヶ岳山荘で手ぬぐいを買って下山開始。
  • 飛騨乗越からの下りと抜戸岳
  • 100mおきにかわいいのが立たってる
  • 下から見上げる。こっちから登ると、槍はかなり上まで行かないと見えないので残念。歩きやすいけど。
  • 黄葉は今年もいまいちみたい
  • 最終水場。ここも槍平小屋も、めちゃ冷たい。口の中で温めてから飲まないと、お腹が危険です。
  • 笑い声が聞こえて「トカゲくんかな?」と、ちょい探したら、小っちゃくてかわいいキノコがいた!!。良い色だ。
  • 藤木さん。暗い時に見たら怖かったよ。滝谷避難小屋を見た直後に、顔が見えて・・・。
  • 滝谷出合から。涸北の間のドームかな?。いかつくてかっこよい。
  • 今日は良さげなキノコはあんまり見れなかった
  • イチゴがステキ
  • 「ちわー」「遊ぼー」と、ももちゃんが出てきました。12cmくらいで、人間で言うと中学生の女の子くらい。「悪いやつもいるから出てくるなよ」と、やさしく森に戻す。そんで、肌に毒がにじみ出るヒトなので、念のため沢で手を洗う。
  • 穂高平小屋横の牧場に牛がいた。クマかと思ってビビった。
  • これ、キノコ?かな?。初めて見た。もふもふとかわいいかわいい。
  • 無事下山。ここは下山届も書かなくちゃいけない。 槍ヶ岳は、高いのがこわいのと混んでるのが嫌なので今まで来なかったけど、やっぱりステキでした。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    冬山雪山となりました。再度、雪山装備の確認を。夏山の状況ではありません。営業は10/24泊迄
    20年10月21日(水)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    10/17~18に積雪し、今も残るところがあります。アイゼン+判断+技術必要。営業10/24泊まで
    20年10月21日(水)
  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    燕山荘周辺はすっかり晩秋の装い。雪はいつ降ってもおかしくない季節へ
    20年10月15日(木)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六岳周辺や弓折岳周辺、鏡平で紅葉の見頃を迎えています。双六小屋は11日(日)の宿泊まで営業
    20年10月07日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

つちのこくん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...