登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
相模湖から陣馬山 21 陣馬山(関東)
img

記録したユーザー

Shyam さん

この登山記録の行程

相模湖駅(07:22)・・・分岐(09:01)[休憩 25分]・・・明王峠(09:57)[休憩 20分]・・・奈良子峠(10:25)・・・陣馬山(陣場山)(10:58)[休憩 24分]・・・新道登山口(12:12)・・・陣馬高原下(12:24)

総距離 約9.6km 累積標高差 上り:約903m
下り:約774m
コースタイム 標準:4時間10分
自己:3時間53分
コースタイム倍率 0.93
夏にほとんど上っていなかったので、前回の稲荷山に続いて、足慣らしのつもりで、相模湖からの陣馬山をトライしました。
当日は曇り、時に雨の予報でしたが、全体に晴れも多めで、快適な登山になりました。
相模湖駅を出て、甲州街道に出る方法と線路沿いを歩く道があります。線路沿いは車が通れないほど細いところもありますがそのままいけば慈眼寺へ渡る橋(JRを超える)へ着きます。慈眼寺の境内を迂回する道があるので地図上もそのルートを示していると思い、歩いていく墓地で、結構登ったのですが、山につながる道はありませんでした。戻って慈眼寺の境内に行くとさらにその上の与(與)瀬神社の境内につきます。そこから明王峠への案内がありました。すぐに山道になります。急登なることは地図上で覚悟はしていましたが、写真にあるようなはしご上のところもあり、どんどんと登っていきます。やっと開けたところで休憩しましたが、その先少し行った所に展望の開けた、ベンチ付きで休めるところがありました。ここらからは相模湖がよく見えて気持ちがよいです。
平日にこのルートから上がる人はほとんどいないようで、明王峠までは誰にも会いませんでした。そのためか、蜘蛛の巣に少なくとも10回は引っかかって歩くのに難渋しました。歩き始めて早々に動物のフン。さほど大きくないのですが、イタチのサイズではないので、熊鈴を念のためスタート。
一気に登っていくので、時にキノコに合うぐらいで、あとはシラヤマギクが時々咲いていました。途中は倒木が何本がありました。古いものでくぐったり上ったり、う回路ができてるものもあります。山道も杉の林の間の尾根道で日も差してきて気持ちがいいです。ヤマケイのマップにはないのですが、孫山という山の少し南に子孫山の頭453m(ここにも孫山の看板もあります。分かれ道に看板がありますが、あきらかに人が歩いていない様子。ここを通る人はほとんどが明王峠に向かうので本道はまき道になります。熊笹の間をふたたび蜘蛛の巣に悩まされながら山頂につくまで比較的日当たりがよいので花々も出迎えてくれましたし、山頂にはベンチも、しっかりした看板(ただし子孫山の頭の看板だけ手書き)もありました。元の道に戻る下山路もあり、小田宿への道も分かれていますので、気を付けておりましょう。
そこからは尾根道がメインになります。ヤマケイのマップにはないのですが、矢ノ音の分岐の前に大谷小屋があります。休むところもあり、休憩にはちょうど良いです。ここから明王峠まで登りが続くので、ここで一休み。(行程の記録には分岐で休んだように記載しましたが実際にはこの大谷小屋のベンチでゆっくりしました。
分岐(矢の音)から登っていきますが途中で車道に行き当たります。車道は山梨側が通行止めになっていました。最後にちょっと長い階段を上って明王峠です。途中に石積みの塚があり、石投げ地蔵嬢ヶ塚となっていました。看板も出ていていわれも書かれていました。センチコガネに出会った後は階段が続きます。
明王峠でも日差しがあり、見渡すとなんと富士山が見えました。曇り時に雨の予報だったのでこれはうれしかった。明王峠屋はお休み(まだ営業していないだけ?)でした。ここでたくさんかいた汗をしっかり乾かして、神馬山に向かいます。奈良子峠を抜けて、山頂へ。
神馬山の山頂は、前回すてきな富士山が見えましたが、今夏は山頂からは見られませんでした。ただ稜線が色を変えて連なっている景色は圧巻でした。日差しが強く暑いぐらいで、軽く食事をして、休養を取り、下山しました。今日はセブンイレブンの豚汁です。汗をかいた体にぴったり。
下山路は綿峠経由より新道のほうが近いので向かうと、途中に看板が!無視して向かうと、その先はぬかっているため和田峠方面に100m進んで曲がるように書かれていました。言葉に従い、進むと再び小さい看板で神馬山下バス停への道しるべ。新しくトラクターで作ったような道があり、ここもそこそこぬかっていましたが下りることにしました。前回縦走で登りが大変だった道を下っていきます。木の根や落差の大きいくだりで、膝の負担が多くなります。
ゆっくり降りていたら予定よりも新道の分岐まで時間がかかり、バスには余裕だったのに、ちょっと小走りになりました。逃すと1時間ないので、ギリギリセーフ(発車1分前でした)。

今回は雨対策と思い、着替えや防湿防寒の浮気も仕込んでいきましたが、雨もなく、暑くて、薄着で十分でした。小屋の経営をチェックしていなかったので10月の平日は食べ物の準備に注意が必要ですね。

登山中の画像
登山画像
相模湖駅を出発します
登山画像
慈眼寺の入り口へ向かう橋の入り口です
登山画像
橋から見た慈眼寺
登山画像
与瀬神社までのぼります
登山画像
向かって左に山に行く道があります。
登山画像
ちょっと上るとすぐに梯子段がありました。
登山画像
糞を発見。熊ではないようです。
登山画像
休憩したすぐ先に休憩所が。ベンチあり。
登山画像
相模湖を一望できます
登山画像
階段状に道が続きます
登山画像
こちらはイタチかテンのものでしょうか
登山画像
大きなキノコが育っています
登山画像
古い枯れた木にたくさんの腰掛上のキノコが
登山画像
鎖があります。
登山画像
倒木がありました。
登山画像
トネアザミでしょうか
登山画像
杉の間を抜ける尾根道。気持ちがいいです。
登山画像
まあるいキノコつぶつぶしていて図鑑のシロオニ…
登山画像
まだまだ先が長いです
登山画像
登ってきた道よりもさらに人跡のすくない分かれ道
登山画像
ここが孫山への分かれ道。明王峠側がまき道にな…
登山画像
下草に足を擦りながらしか歩けない細道
登山画像
写真悪いのですがアキノタムラソウのようです
登山画像
子孫山の頭 孫山はこの北にありますが今回上る…
登山画像
山頂はちゃんとしていました
登山画像
くだりもこんな道
登山画像
大きなキノコオオイチョウタケかも
登山画像
白くてきれい
登山画像
シモバシラの花
登山画像
木々の間から日の光がさしています。この景色が…
登山画像
大平小屋に到着
登山画像
大平の小屋です
登山画像
ノブキの実毛が生えています
登山画像
ハグロソウでしょうか?ピンクのきれいな花が沢…
登山画像
ハグロチョウかな
登山画像
かわいいキノコ粉を吹き出しそう図鑑のタヌキノ…
登山画像
車道を横切ります
登山画像
車道を
登山画像
車道は通行止めになっているので車は見かけませ…
登山画像
石投げ地蔵嬢ヶ塚嬢ってついているので不思議な…
登山画像
生き別れになった親子の話が書かれていました。
登山画像
明王峠に到着
登山画像
高尾、神馬縦走の中間ですね
登山画像
小屋はお休みか、早すぎるのでしょうか
登山画像
富士山みれました!!今日は曇り時々雨の予報だ…
登山画像
木々の間からしか見えませんが・・・
登山画像
ノハラアザミかな
登山画像
英語の表記もありました。
登山画像
神馬山に到着
登山画像
富士山は見えませんでした
登山画像
山頂の塚
登山画像
食事は豚汁 セブンイレブンの野菜がかおるとか…
登山画像
稜線の色が霞の雲で徐々に奥へと色が変わる
登山画像
秋の空は高い トンボがいっぱいでした。
登山画像
さて出発
登山画像
と、おもったらう回路?
登山画像
小さい案内に従って滑りにくい道へ
登山画像
作りたての漢字、トラクターのタイヤの跡がある
登山画像
トラノオの実でしょうか
登山画像
川まで下りてきました。せせらぎが涼しそうです。
登山画像
おいしそうな色あいのキノコベニタケの類でしょ…
登山画像
やっと新登山口の分岐に到着
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Shyamさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Shyam さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年9月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...