登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
奥穂高・前穂高縦走 奥穂高岳、前穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

deen さん
  • 日程

    2019年8月3日(土)~2019年8月4日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:前日の夜に車で出発、深夜14時頃に着いたことから、睡眠時間を確保するため朝はゆっくり目の8時半頃起床。車中泊。
    9時頃に、平湯温泉のあかんだな駐車場から上高地行きバスに乗車。

  • 天候

    2日間ずっと晴天
    [2019年08月03日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

上高地 → 徳沢・横尾 → 涸沢(テント泊) → 穂高岳山荘 → 奥穂高岳 → 前穂高岳 → 岳沢小屋 → 上高地

到着時間などは細かくは覚えてませんが、ペース的には、上高地〜涸沢間はコースタイムの1時間早いくらいだったと思います。
1日目涸沢は15時頃着、2日目の涸沢出発は6時頃、岳沢小屋着は13時前頃、上高地15時頃着だったと思います。

登山ルートは登録されていません。
 初めて北アルプスへ行く初心者としての感想です。登山歴1年未満での北アルプスなので、あまり厳しいコースは行きたくなかったですが、涸沢から奥穂高岳へのピストンだけでは面白くないかなと思い、前穂高まで行くコースとしました。
 ネット情報によると重太郎新道の下りは雨が降っていたら危なそうだったため、その場合は涸沢・奥穂高のピストンに変更しようと思っていましたが、晴天だったため予定通り決行しました。
 山と高原地図のコースタイムを参考に2泊3日で予定を組みましたが、岳沢小屋には2日目の13時頃に到着し、平湯温泉までのバスに間に合うため、岳沢で泊まらずに上高地まで降りました。
 
○上高地から横尾
ただの散歩道でした。途中で高い山々が見えるのと、初めてであることで今回は感動がありましたが、距離が長いです。
多くの人は、明神館で休憩し、徳沢でアイスクリームを食べて楽しんでいました。
   
○横尾から涸沢
坂の傾斜はまあまあキツかったような気がします。ただ、低山でもありそうな感じの登山道です。2日以上に渡る登山は初めてだったので、何も考えずにペースを上げてがんばったのですが、がんばりすぎたので2日目に影響しました。
 危険箇所はないと思いますが、涸沢近くになると、雪が残っていました。この辺りの情報は、涸沢ヒュッテや穂高岳山荘のHPに登山道情報が掲載されていたので、アイゼンが必要かどうかが分かって良かったです。この時は涸沢手前で雪の上を結構長い距離歩きましたが、普通に歩いても滑る感じはなく、アイゼンは必要ありませんでした。

○涸沢 
 登山中や昼間は気温が高めで暑いと感じましたが、夜は少しだけ冷えました。ただ、寝袋がなかったら少し寒いかな、という程度で、無くてもなんとかなるくらいでした。汗拭きシートとTシャツの着替えを持ってきてたので、風呂がなくてもある程度快適に過ごせました。ただ、地面が若干斜めのところにテントを張ってしまったので、寝にくかったのは失敗でした。
テントの設営・撤収は練習したのですが、出発前の全撤収は思ったより時間がかかってしまいました。トイレ、朝飯、コーヒータイムをとるなら、出発の2時間くらい前に起きないと僕は間に合いませんでした。
みんな楽しそうに過ごしているので、僕は基本一人が好きなのですが、ここだけは2人以上で来た方が楽しいと思います。
 
○涸沢から穂高岳山荘
 自分一人でも経路を判断できるよう、地図とコンパスは必要だと思いますが、登山道は人のいない場所がないくらいなので、他の人について行けば迷うことはなく、あまり誰も地図を見ていないように思いました。この辺りからだいぶ低山と異なる風景が出てきて楽しかったです。

○穂高岳山荘から奥穂高岳
 登山中は常時暑く汗をかきましたが、山荘のあたりはものすごく涼しかったです。風があったので、汗で濡れたTシャツが勝手に乾きました。「汗で体を濡らさないように」というのは、この季節に昼間に登っている間は少し無理があるように感じました。岳沢小屋まで水が補給できないため、この時点で水の残はまだ大分残っていましたが、ここで補給しました。
 山荘から奥穂高山頂へ向かう最初のところにはしごが掛かっているのですが、今回の登山でここが一番危険だったように思います。えらい高いところに掛かっている垂直のはしごでした。3点支持を忘れると落ちそうです。
 そこからは目立った危険個所はないように思います。ただ、こういうところで地震が来たら、ひとたまりもないなと思いました。
 山頂の景色は素晴らしいし、岩稜帯を歩くのは楽しかったです。
 
○奥穂高岳から前穂高岳
 吊尾根は、晴れていたからか特に危険な箇所は無いように思いました。鎖がかかっている箇所はありますが、慎重に行けば問題なかったです。ただ、先を焦っていると事故になりそうな感じがしたので、余裕を持った行程を組んで良かったと思いました。

○前穂高岳
 紀美子平へザックを置いて、山頂まで登りました。コースタイムで30分となっていますが、結構急な登りで、手を使わなければ登れない感じのところです。岩登り初心者なので、ここが一番難しかったように思いました。だからと言って、難しくて行けないとかはないかと思います。ただ、アタックザックを持っていなかったので、ザックを置いて行ってしまうと、水が持って行けませんでした。かと行って、縦走用のザックを背負っていかなくても、1時間以内には帰ってくるので、急登具合から考えても、持っていかない方が楽です。喉がカラカラになってしまったので、水を持っていけるように工夫した方が良いと思います。

○前穂高岳から上高地
 ネット情報では結構危険だとのことでしたので気合いを入れて臨みましたが、今回は晴天だったためそんなに危険には感じませんでした。ただ、雨が振れば岩の上が滑り、危険度が高くなりそうな気がしました。
 登山道がどうというより、晴天すぎたせいか下るにつれ暑さが増し、だんだん吐き気がしてきました。登山の最中はあまり休憩をしないのですが、さすがに休憩しなければまずいと思い、しばらく石の上に座りました。熱中症気味な気がしたので、塩分を取るため塩飴を食べ、水を飲んで休憩しました。また、数分後に岳沢小屋に着くところまで来ていたので、ゆっくり歩き、岳沢小屋で昼飯休憩をとったことで、体調が回復しました。
 前穂高から上高地までは、景色があまり変わらないのと、もう山行が終わってしまうというのでテンションも上がらず、加えて1日目に頑張りすぎたため、足の筋肉がグラグラでした。メンタルと体力の低下で、つまづきやすくなっていました。3日とか歩き続けるためには、普段から相当歩き込まないと危険だし、適度に休憩を入れるべきだと思いました。

●このコースは、晴天時にはさほど危険ではないと思いますが、天候により行く行かないを判断できる必要があると思います。また、あまり危険ではないとはいえ、つまずけば崖から落ちていくような箇所もありますので、ゆっくり歩いた方が良いと思います。1日6時間〜9時間以上を2日間や3日間以上続けて歩くことはかなり足に来るので、できれば低山で同強度の体験をしてから来る方が良いです。
 あくまで30歳代後半男の感覚のため、20歳代や高齢者とかでは体感危険度や登山後の感想がまた変わってくると思います。
 地図やコンパスについては、地図上には自分が歩くルートの方角を事前に全て書き込み、コンパスはいつでもすぐに見られるように持っていました。迷う前に使わないと、意味がなくなるような気がします。
 実際に歩くと、やはり結構しんどいなと思いました。登山の要領もあるのだと思いますが、足や体幹の筋力、心肺機能など、基礎体力が事故防止に重要だと思います。また、薬等の準備も大事だと感じました。
ザックは15kgくらいでしたが、個人的にはこれでも結構重いものだなと思いました。荷物の軽量化は、安全に直結すると思いました。最終的には、登山道自体の難易度よりも、2日以上に渡り長距離を歩くことの疲労、気候の変化への対処、水・塩分・行動食を適切に摂ることによる体調管理をミスなく行うことが、予想より厳しかったと思います。
 また、初めて北アルプスへ登りに行く期待と、予定通り終えた興奮で、車の運転は眠くなりませんでしたが、次回からは運転中の仮眠が必要と感じたので、日程にはかなり余裕を持っておくことが大切だなあと思いました。
 

登山中の画像
登山画像
38リットルザックだとギリギリなので、雨が降っ…
登山画像
横尾から涸沢間看板には立ち止まらずに進むよう…
登山画像
涸沢手前。雪が残っています。
登山画像
山間に突然現れる街、涸沢
登山画像
まるでビアガーデンのようです。酒は弱いのでコ…
登山画像
涸沢テントサイト
登山画像
夜のテント
登山画像
登山画像
ザイテングラート。特に危険箇所があった記憶は…
登山画像
ザイテングラートから真横を見ると急斜面
登山画像
穂高岳山荘到着
登山画像
水が売ってます。
登山画像
穂高岳山荘を出発してすぐの梯子を登るとこの高…
登山画像
奥穂高山頂までは、こんな感じの道が続きます。
登山画像
山頂からの景色及びジャンダルム。一見するとた…
登山画像
山頂を前穂高方面から
登山画像
吊尾根はこんな感じの道。鎖場や岩登り・下り的…
登山画像
山岳救助隊の巡回か。そういや、上高地寸前まで…
登山画像
紀美子平。ここにザックを下ろして前穂高山頂へ。
登山画像
こんな感じの岩登りです。疲れてきてたのでまあ…
登山画像
たまたま山頂に他の人がいたので自分の写真撮っ…
登山画像
山頂からの北尾根。恐ww
登山画像
紀美子平を、上から。
登山画像
重太郎新道下り。上の方は鎖場があります。
登山画像
雷鳥?
登山画像
途中で長い梯子あり。
登山画像
梯子の手前でこの看板。これがなかったら、踏み…
登山画像
重太郎新道はこんな感じの道ばかりで、結構飽き…
登山画像
岳沢小屋。テントサイトはガラガラでした。
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

deenさんの登山記録についてコメントする

deen さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2020年1月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?