登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
唐松岳・五竜岳_191003-05 唐松岳・五竜岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

snoopyrokoro さん

この登山記録の行程

【1日目】
八方池山荘(09:00)・・・第三ケルン(10:10)・・・丸山(12:00)[休憩 10分]・・・唐松岳頂上山荘(12:50)[休憩 30分]・・・唐松岳(13:40)・・・唐松岳頂上山荘(13:55)

【2日目】
唐松岳頂上山荘(07:40)・・・最低鞍部・・・五竜山荘(10:30)

【3日目】
五竜山荘(06:30)・・・五竜岳(07:40)[休憩 5分]・・・五竜山荘(08:35)・・・大遠見山(10:30)・・・地蔵ノ頭(12:30)・・・アルプス平駅(12:40)

総距離 約16.8km 累積標高差 上り:約1,847m
下り:約2,163m
コースタイム 標準:12時間2分
自己:13時間10分
コースタイム倍率 1.09
1日目:八方尾根から唐松岳
ベースは曇りで、時々雨が降ったり晴れ間が差したりの天候だったが、常に霧がかっており、八方池では「池」と書いてなければわからないほどだった。池から唐松岳方面への道が見えず、何となく登り方面に行ったら当たっていたので良かった。途中特に危険な場所はなく、道に迷う箇所もなかった。尾根を歩いている間はそこまで風が強い感じはなく、天気予報も当てにならないなと思っていたが、尾根を抜けた所で強風が吹き始め、なるほど~と納得。
唐松岳頂上山荘に宿泊受付をし、荷物を置いて唐松岳に上ったが暗雲+雨が強くなったのでさっさと退散した。ああ残念。
唐松岳頂上山荘は、食堂のある側に泊まると800円増しとなるそう。また、既に小屋閉めに向けて窓に板が打ってあったり、雑誌がビニール袋に入れられていたり…正直それはないよ~と思った。宿泊客はわたしを入れて3人。

2日目:唐松岳頂上山荘から五竜山荘まで
朝は雨がやんでいた。相変わらずの強風だったが、五竜山荘までなら2時間半、何とか雨風の比較的弱い午前中に移動できるだろうと出発した。最初風の強さに慣れるのに時間がかかったが、何とか耐えて牛首の岩場を通過。このあたりから雨が本格化し、風も一層強くなり、レインウェア下を履くこともできず山荘までずぶぬれで移動。途中2匹の鳥(ライチョウじゃないかもしれないけどライチョウということにした)に出会い慰められた。ルートに危険個所や迷いやすい所はなし。
五竜山荘は古いが整理整頓されていて大きさがちょうどいい。食堂できのこうどんを食べてストーブで暖まり、山雑誌をのんびりと眺めて贅沢な時間を過ごした。外は相変わらずひどい雨風だったが、午後になって2人ほど遠見から登ってきた客が現れ、ここでも宿泊客は3人となった。

3日目:五竜山荘から五竜岳に上ってからの遠見尾根ルートで下山
やっときれいな朝を見ることができたが、相変わらずガスは発生していて下の方が視界が悪そうだった。昨日行く予定だった五竜岳をあきらめきれず、山荘に荷物を少し預かってもらってまず五竜に上った。岩場が多いが、〇×の印をきちんと追っていけば迷わない。むしろ迷路みたいで楽しい。ここまで岩場が多いとは思わなかったので、そして歩き方に慣れていないので、登って下りてでだいぶ時間がかかった。
遠見尾根を下るのは、もう体力と気力勝負。道迷いなし。これまでほとんど誰とも行き違わなかったが、今日は土曜日なので何人かとすれ違った。「もっと上はきれいな景色が見えますかね」と聞かれたが、こういう時は「はい、きれいな景色が見れましたよ」と言った方がいいのかな…正直に「上も結構ガスってます」と答えてしまった。今度から気を付けよう。
リフトの駅が見えて「終わった~~」とほっとするが、ゴンドラはその先10分くらい下らないといけない(ガーン)。ゴンドラで降りたら、エスカルプラザで温泉に入って(温泉は貸し切り状態だった!)食堂でそばを食べて、予定より1時間遅い15:27の新宿行きの高速バスで帰路についた。エスカルプラザから高速バスの白馬五竜バス停まではタクシーを呼んで1090円。

登山中の画像
登山画像
八方池
登山画像
八方尾根の紅葉
登山画像
扇雪渓
登山画像
丸山ケルンらへん
登山画像
唐松岳がみえてくる
登山画像
唐松岳山頂。
登山画像
唐松岳と夕日
登山画像
唐松岳と朝日
登山画像
唐松岳山荘前から五竜岳方面をみたところ、まだ…
登山画像
ずぶぬれで五竜山荘到着。きのこうどん700円。
登山画像
雲海と朝日
登山画像
いい山荘だった。
登山画像
五竜岳方面
登山画像
五竜岳山頂。
登山画像
遠見尾根途中。ガスが切れない。
登山画像
西遠見
登山画像
地蔵の沼?
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

snoopyrokoroさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 冷池山荘 ~鹿島槍・爺ヶ岳
    冷池山荘
    冷池山荘と種池山荘の2019年の営業を終了しました。たいへんありがとうございました。
    19年10月28日(月)
    白馬山荘 ~白馬岳
    白馬山荘
    2019年の営業を終了しました。今シーズンもありがとうございました
    19年10月18日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

snoopyrokoro さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

雨のち晴
(日本気象協会提供:2019年11月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...