登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
丹沢主脈縦走(焼山~塔ノ岳)ワンデイハイク 焼山、黍殻山、袖平岳、姫次、蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳(関東)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん
  • 日程

    2019年10月6日(日)

  • 利用した登山口

    焼山登山口   大倉  

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:【行き】
    新宿駅0458(高尾行き)〜0559高尾駅0614(松本行き)〜0623相模湖駅0631(神奈川中央交通、三ヶ木行き)〜0653三ヶ木0655(同じバス停で乗り換え、神奈川中央交通、月夜野行き)〜0712焼山登山口※日曜ダイヤ
    【帰り】
    大倉(神奈川中央交通)~渋沢駅北口(小田急)~新宿駅

  • 天候

    焼山へ登る途中から雨、丹沢山あたりから霧雨、弱い風あり。ガスで展望はまったくなし。
    [2019年10月06日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

焼山登山口(07:25)・・・焼山(08:42)[休憩 25分]・・・平丸分岐(09:36)[休憩 6分]・・・大平分岐・・・黍殻山避難小屋・・・八丁坂ノ頭・・・姫次(10:27)[休憩 3分]・・・袖平山(10:40)・・・姫次(10:48)[休憩 20分]・・・地蔵平・・・蛭ヶ岳(12:07)[休憩 10分]・・・棚沢ノ頭・・・丹沢山(13:16)[休憩 15分]・・・塔ノ岳(14:10)[休憩 30分]・・・金冷シ・・・花立山荘・・・茅場平・・・小草平・・・駒止茶屋・・・雑事場ノ平・・・観音茶屋・・・大倉(16:12)

総距離 約24.3km 累積標高差 上り:約2,527m
下り:約2,532m
コースタイム 標準:12時間25分
自己:6時間58分
コースタイム倍率 0.56
丹沢の主脈をタテに歩いてみた。山歩きの楽しみが詰まったこのコースは、いままで歩いた丹沢のなかでいちばん魅力的に思えた。
.
【登山口】
新宿から始発の電車とバスを乗り継いで7時すぎには登山口へ。焼山登山口には旅館が一軒、到着した時間だと開いている商店はなかった。自販機は確認できなかったが、「ある」という山行記録と「自販機のある西野々に下りた」との記録、どちらも目にした。トイレは神社の裏手にあるらしい(未確認)。バス道をそのまま西野々へ向かって少し歩き、道標にしたがって林道に入る07:25。
.
【焼山まで】
林道の途中から道標に導かれて右上の東海自然歩道に上がってゆく07:34。石畳が敷かれた部分もあり、歴史を感じさせるトレイルはとても歩きやすい。登山口から焼山まで、登り標高800m/距離3.2km/勾配25%は数字のうえでは大倉尾根(20%ちょっと)より厳しいが、短いからか・歩きやすいからか、ほとんど疲れを感じることなく山頂に着く08:42。展望台はテープで囲われて登れないようになっていた。
予報どおり途中から雨が落ちてきたので上だけ雨具をつけ、ザックにカバーをかけ、とめられなくなったヘルメットをかぶる。ついでに立ったまま朝食をとった。
.
【焼山~黍殻山~姫次】
この間は、登り標高510m/距離4.6km/勾配11%だからほとんど平坦基調といっても良い。ただ、自然歩道から離れて黍殻山のピークを踏む道がとつぜん「険しい登山道」の顔をしだすから、それまでとのギャップがおもしろい。黍殻山頂09:40自体は麓のダムの大きな雨量計が設置されており、魅力に乏しい。避難小屋はトレイルから少し離れているらしく、濃いガスもあって目視できなかった。
姫次の少し手前、「東海自然歩道最高標高地点・1433米」の標識を見て、もうそんなに上がってきたのかと驚く。疲労感より獲得した標高のほうが大きいルート・山行というのはそうそうあるものではない。
姫次10:27で一服したあとは袖平山10:39へピストンしておく。このあたり、南面が開けており晴れていれば展望が素晴らしいことだろう。ここまで誰にも会わなかったが、姫次では焼山方面へ降っていったランナーと、袖平山からそのまま進んでいったらしいハイカーをみかけた。
.
【姫次~地蔵平~蛭ヶ岳】
姫次から地蔵平までは引き続き平坦なトレイルだから鼻歌まじりに歩く。一変して地蔵平からの登りが厳しかった。登り標高387m/距離1.7km/勾配22%は山中ならなんでもない数字だが、丹沢名物の階段登りなので脚の置き場を強制的に決められて誤魔化しようがない。今回の山行で体力的にはこの部分がいちばんキツかった。蛭ヶ岳山頂直下でストックをもった白人ランナーとすれ違ったが、冷たい雨の降るなかをアウターを腰にまきTシャツ一枚で降ってゆく。なるほど、寒冷地に適応するように進化した彼らにとって、温暖化は切実な問題なのかもしれない。
.
【蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳】
蛭ヶ岳山頂には12:07着、展望のきかない広い山頂を歩き回りながら一服する。山頂から降り始めるところでソロ男子とすれ違ったが、大倉から上がってきて焼山登山口に降りる逆向きをやっているようだ。「降りられるかなあ」とずいぶん不安そうだったが、山登りという遊びはプランをたてるところからはじまっていると考えるので、「大倉をいつ何時に出発したのか」とか「焼山登山口のバス時刻を把握しているのか」と尋ねることはしなかった。
鬼ヶ岩へのやや高度感もあるはずの登りもガスでそれほどではない。丹沢山へはふたたび階段の登りに苦労して、山頂着が13:16。今回は丹沢山から塔ノ岳のあいだがやけに遠く感じられた。
.
【塔ノ岳~大倉】
14:10に塔ノ岳山頂、尊仏山荘でコーヒーをいただく。体が温まったのちに外へ出て山頂を散歩してみたが、多くない人影は小雨のなかでみなさん立派な装備をしている。それこそ「隔世の感」があって、山道具の進歩はすばらしいと思う。
さて、最後の試練が待っている。先回の山行の降りで腰痛をおこしてしまった。自己流で手当てはしてきたが、ここまででも降りで痛みは出ている。腰痛をかばおうとして、やがて単調な階段の降りで右ひざも痛み、ほとんど脂汗を流しながら降る。休み休みの降りなので、先行する登山者を追い抜くのもひと苦労だ。抜かせてもらってもすぐ痛みに耐えかねて休みに入り、道を譲り返すのでは「周りをうろちょろする面倒なヤツ」になってしまう。トレイルを観察し間合いを測り痛みと相談しながら観音茶屋まで下ってこれたときには、心底ほっとした。

この山行での装備
【その他】 サレワのトレランシューズ。テスラのタイツ、ユニクロのショートパンツ。全行程モンベルの速乾性長袖、ブラックダイヤモンドのハーフフィンガーグローブ、ペツルのヘルメット、モンベルの雨具を上半身のみ着用。ザックはロウアルパインの22リッターに、雨具・ロールペーパー・ヘッドランプ・スマホ・バッテリー充電器と予備電池・ココヘリ発信機・地図、トレイルミックス200g・カロリーメイト3パック・コンビニおにぎり2個、下山後の着替え一式。キャメルバックのハイドレーションに水2リッター(残量1.2L)。スタート時重量7kg。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年1月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?