登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
白駒池に紅葉を求めて(ニュウ、大石峠~五辻~坪庭) 白駒池(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

ジュンパク さん
  • 日程

    2019年10月9日(水)~2019年10月10日(木)

  • 利用した登山口

    麦草峠   山頂駅  

  • パーティ

    2人 (ジュンパク さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:往路:茅野駅からバスで白駒の池バス停へ
    復路:坪庭からロープウェイで下り、バスで親湯温泉経由茅野駅へ

  • 天候

    快晴
    [2019年10月09日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
白駒の池 11:05--(12分)--11:17 白駒荘(紅葉撮影・チェックイン・荷物分割・昼食)12:18--(24分)--12:42 白駒池北岸 12:42--(8分)--12:50 白駒池南岸 12:53--(19分)--13:12 白駒湿原 13:15--(20分)--13:35 白樺尾根・稲子湯分岐(下)13:35--(31分)--14:06 白樺尾根・稲子湯分岐(上)14:06--(11分)--14:17 ニュウ 14:45--(68分)--15:53 白駒湿原 15:53--(15分)--16:08 白駒池南岸 16:10--(17分)--16:27 白駒荘
【2日目】
白駒荘 7:30--(5分)--7:35 キャンプ地・高見石分岐 7:35--(12分)--7:47 白駒の池 7:47--(31分)--8:18 麦草峠 8:35--(18分)--8:53 大石峠 8:53--(18分)--9:11 オトギリ平 9:11--(21分)--9:32 出逢いの辻 9:32--(26分)--9:58 開けた場所 10:14--(15分)--10:29 五辻 10:29--(19分)--10:48 展望台 10:50--(21分)--11:11 坪庭駅

総距離 約11.5km 累積標高差 上り:約564m
下り:約423m
コースタイム 標準:5時間58分
自己:6時間56分
コースタイム倍率 1.16
台風前の晴天を狙って、白駒池の紅葉を見に行く。序でに、初日はニュウ往復、二日目は軽く麦草峠から五辻を巡るコースを歩く。

茅野駅からバスで白駒の池へ。平日とはいえ、立ち席も出るほど。白駒の池駐車場も、空き待ちの満車。苔の森を貫く木道を通って、白駒池へ。快晴とあって、色鮮やかな紅葉が目に飛び込んでくる。湖畔は、カメラを手にした人でいっぱい。紅葉のピークかは分からないが、十分楽しめる。湖面が多少波打っているのは残念だが。
湖畔の白駒荘泊まりなので、早速チェックイン。直前の予約だったので、古い本館の部屋になる。不要な荷物を置いて再び湖畔に出ると、紅葉を楽しみながら周回コースを北側から廻る。
白駒荘から反対側の南岸に着くとニュウを目指す。少し急な道を行くと、間もなくほぼ平坦な道となる。やがて白駒湿原へ。その先からは、ぬかるみの酷い道の連続。滑りそうな丸太の上を歩いたり脇の新たな道を辿ったり。
白樺尾根分岐からは登り道となる。岩や根を越えながら歩く。白樺尾根への上の分岐を過ぎると、再び緩やかな登り道になり、最後の急登でニュウの肩にとび出す。正面は切れ落ちていて、その向こうに富士山を望む。右手には天狗岳。岩々の山頂からは360度の展望。出発点の白駒池を見下す。湖畔の赤い紅葉が美しい。その左には北アルプス、右には浅間山。
展望を十分堪能したところで、また歩きにくい道を下り、白駒池へ。北岸や手前の紅葉を愛でながら南岸を歩き、白駒荘に戻る。
白駒荘の夕食は6時から。築1年の新館でいただく。泊まった部屋は、大正11年の古い小屋だが、暖房もあり、寝具も暖かく、何ら支障ない。消灯時間後も電気は点く。

二日目の朝。今日も快晴。早くも湖畔には日の出の写真を撮ろうとするカメラマンの姿が。太陽が顔を出した6時半から朝食。湖面に太陽の光が筋となって光っていた。今朝は湖面が静かなので、湖畔の紅葉が水面に映っている。
7時半出発。麦草峠に向かう。白駒の池駐車場から続々とハイカーや観光客がやってくる。白駒の奥庭の開けた木道には、霜が降りていた。開けた麦草峠の向こうには茶臼山。その右手には浅間山。公衆トイレのある駐車場も満杯状態だ。
麦草峠から大石峠に向かう。暫くは登り道。木道や岩やぬかるみ。一寸歩きにくい。茶臼山との分岐に当たる大石峠からは、やや下り気味の道となる。ここからは初めての道。直ぐに開けた場所に出る。この辺り一体がオトギリ平だ。唐松が紅葉し始めている。向こうに見えるのは中央アルプスか。
オトギリ平の末端が、国道方面との分岐で、オトギリ平の標識がある。ここからは、苔の道ということで、涸れ沢沿いに右へ左へと沢と木を縫うように踏み跡が続いている。赤いテープも付いているので、迷うことは無いだろう。
やがて出逢いの辻へ。ここからも国道に出られる。次の五辻に向かう。足が遅いのだろう、なかなか五辻に着かない。開けた場所があったので、休憩とする。その先には五辻あずま屋があり、その先でようやく五辻に到着する。
五辻自体は、そうそう開けた場所ではないが、その先からは展望が素晴らしい。北岳、甲斐駒、仙丈、中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳を望むことができる。再び林の中に入ると、木道が続く。その先にあるのが森林浴展望台。先の山々の他に、穂高、槍が見える。ロープウェイから来ると、ここまでが一般者用で、やって来た道は登山者エリアとなっているようだ。とはいえ、ロープウェイまでの木道は言うほど観光客が歩きやすいわけではない。
いよいよ開けた坪庭エリアに。ロープウエイ山頂駅から延びる坪庭の木道をボランティアの方々か、防腐剤で塗装しており、シンナーの臭いが立ちこめている。
計画では北横岳を往復するつもりでいたが、かなり時間が掛かってしまったので、温泉を優先して、今回はここまでとする。後は、バスで途中の蓼科親湯温泉まで行き、のんびりと温泉につかり、その後のバスで茅野に向かう。こちらのバスは、ほぼ満席で驚く。

登山中の画像
登山画像
のんびりと白駒荘のカレーを食べてから出発とする
登山画像
白駒池の紅葉。白駒荘の前から
登山画像
青苔荘前の湖岸にて。朱が映える
登山画像
南岸から
登山画像
白駒湿原
登山画像
平坦だが歩きにくい道
登山画像
白樺尾根分岐(下)
登山画像
木の根や岩の道を行く
登山画像
白樺尾根分岐(上)
登山画像
ニュウ
登山画像
富士山を望む
登山画像
白駒池を見下ろす
登山画像
北アルプス
登山画像
最初の下り
登山画像
ぬかるみが!!
登山画像
南岸の紅葉
登山画像
南岸から見た白駒池
登山画像
今宵の宿、白駒荘(新館)
登山画像
二日目の朝の白駒池
登山画像
湖面に朝霧
登山画像
ちょっと写真の色は悪いですが、湖面にきれいに…
登山画像
白駒の奥庭 木道の霜
登山画像
苔が可愛い
登山画像
麦草峠
登山画像
大石峠に向かいます
登山画像
大石峠で左に折れます
登山画像
オトギリ平
登山画像
茶臼山
登山画像
オトギリ平の向こうに中央アルプス
登山画像
国道への分岐。オトギリ平
登山画像
苔の道を縫っていきます
登山画像
出逢いの辻にある看板
登山画像
少し広い道に
登山画像
休憩に良い場所
登山画像
天狗岳が見えます
登山画像
五辻のあずま屋
登山画像
苔のベッド
登山画像
五辻
登山画像
展望が開けてきます。北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈岳
登山画像
中央アルプスと御嶽山
登山画像
森林浴展望台
登山画像
展望台の先から見る槍・穂高
登山画像
ロープウェイ山頂駅が見えてきました
登山画像
坪庭からの展望
登山画像
ロープウェイから南八ヶ岳を望む
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、行動食、トレッキングポール
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ジュンパクさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

類似するモデルコース

ジュンパク さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?