登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
おすすめできない乗鞍岳(奈良) 乗鞍岳(奈良)(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん

この登山記録の行程

07:46 茄子原駐車場
08:15 登山口
11:40 乗鞍岳
12:14 P942
12:37 P989
13:07 矢ハヅ峠
13:31 P842
13:59 P643
14:48 茄子原下山口
15:00 茄子原駐車場


総距離 約12.7km 累積標高差 上り:約1,464m
下り:約1,465m
五條市の乗鞍岳、登山投稿もあったが、地形図の登山道の投稿履歴は無かった。
このルートはこの地形図の登山ルートがあるのか、否かが問題で、そのほかはさほど問題な無いだろうと考えていた。しかし、結果は、かなり大変なルートだった。

まず、駐車場はグーグルで、広場があることは確認していたので、その広場に駐車して、民家を抜けて、登山道へ入っていく。

細いコンクリート道を抜けて、しばらく車道を歩き、地形図の登山道に取付くが、道標も無く、相当荒れた道だった。
まあ、地形図の道ってこんなもんだろうと、想定内なので、そのまま入っていくと、登山道らしき道があった。

しばらく進むと、その登山道が突然無くなっている。
ここから、左の斜面に取付く道があるはずが、何度見回しても、見つけられなかった。

よく見ると、少し位置は違うがうっすらと、踏み跡があるのを見つけたので、沢を渡って、その道に取付く。
道と言っても、急斜面なので、ちょっと危ない。

登って踏み跡を進むと、いっこうに登りの道が見えないまま、道が無くなった。
斜面を見上げると、急斜面。しかし空が開けているので、稜線があるようだ。
仕方ないので、30度を超える道の無い急斜面を登っていく。

登る途中で、登山道に合流。振り返ると、下に続いているので、やっぱ地形図通りの道はあったのかな

そのまま登山道を進んで行くと、荒れた道なので、難儀する。うんざりしたので、土手を上って歩きやすい道が無いか探したが、進みやすいような道は無かったので、元の道の戻る。

しばらく進むと左に広い林道が見えたので、登山道を抜けて、林道にでた。

林道をのんびり進んでいると、突然林道が無くなってしまった。
周りを確認すると、上に斜面を水平に区切る轍が見えたので、道があると思い斜面を登ってみると、登山道に合流した。

登山道は荒れているが、道なので進むと、道が崩落していた。崩落の上を慎重に渡って、先に進む。
そんまま進むと、乗鞍岳への急斜面に出合った。それにしても、相当な急斜面だが、登るしか無い。

急登でまっすぐ登れないので、ジグザグに登っていく。
登り切るとピークがあるが、乗鞍岳は、少し戻った場所にある。
少し早いが、昼食にした。

この道は、弘法大師の道と標識があって、歩きやすい道になっている。
多分、麓から続いているんだろう。
昼食後、劇下りを下って、歩きやすい道を進むと、右下に整備された林道が見えてきた。
しばらく進むと、その林道に合流したので、林道を進むことにした。
結構長い間林道を歩いていると、雨が降ってきた。

矢ハズ峠で下山道の入り口が通せんぼされていたが、気にせず入った。
入ると、しっかりした登山道が続いている。ここからは赤いテーピングをひたすら追いかける。

途中道が崩落していたが、このせいで、とうせんぼされていたのかも知れない。
しかし慎重に渡って、先に進む。
荒れてはいるものの、道は広い

途中、赤いテーピングを見失う箇所があるが、良く見ると見つけることが出来るので、そのテーピングをまた、追いかけて進む。

P643を過ぎて、大きく左にカーブするところから、激下りが始まるが、ほとんど崖下りなので非常に危険だ。

赤いテーピングに誘導されるが、危険極まりないので、ストック2本で3点支持で降りていく。
時々、それでも危険なので、崖にへばりつくようにして降りていく場所もある。

何とか、降りきると出口はすぐだ

R49に出ると、出口のゲートのところで、工事の人が道路を封鎖して立っていたが、山の中から出てきた私を見て面食らっていた。

500m程車道を歩いて、駐車場に到着

13.2Km 7時間14分 地形図の道があることはわかったが、とてもおすすめできる道では無かった。
最後の崖下りはやめた方が良い。



登山中の画像
  • 民家の間を入っていく
  • 登山道入り口 前方の広い道では無く、左の細い道を入っていく 道標無し
  • 入り口付近は道が見えない
  • 抜けると登山道が現れる
  • 地形図の登山道なので、荒れているのは想定内
  • 左と右に分かれているので、左を進んだが、道が無くなったので、この先で、下の道に降りたが、下の道もその場所で道が途切れている
  • 地形図ではこのあたりから、左の斜面に取付く道があるはずだが、見つからない
  • 地形図の場所とは違うが、うっすらと踏み跡がある道に入っていくことにした。
  • この木が目印
  • その道を進むと、平行に前に進んで、ついには道が無くなった。 これを上るしか無いかな、ということで斜度30度の斜面を登りはしめた。
  • 空が抜けているので、稜線が近い それにしても、かなりしんどい登りだ
  • 登山道に合流
  • 下から登ってきている道だが、取り口がわからなかった。 しっかり探せば見つかったかも知れない
  • まあ、道なんだろうなあ
  • 広い林道に出会った。 助かったぁ
  • この道、どこから来てるんだろう??
  • 広い林道をのんびり歩く
  • 突然林道が無くなった。 よく見ると、上に道の陰があるので、登ってみた。
  • 登山道だ
  • しばらく進むと、道が崩落しているので、上を迂回
  • 危ないがまあ、迂回して通れる
  • 稜線の登山道に合流 30度は越えてる斜面!!、道も無いので、かなりしんどい
  • まっすぐ上れないので、ジグザグにゆっくり登っていく
  • 稜線に出た、左の山頂には道標が無い!! おかしいなぁと地図を確認すると、少し戻ったところが山頂のだった
  • 11:01 乗鞍岳到着!
  • 昼ご飯だ! 今日はモンベルで買った折りたたみのボールを試してみる。
  • ラーメンを入れてみると、漏れないし、いいんじゃ無いか? ただ、熱い物は、持ち方を工夫しないと手が熱くなる。
  • こ道は弘法大師の道と言うらしい このテープが所々にまかれているので、目印にして進む
  • 道は歩きやすい
  • 下に整備された林道がチラチラ見えている
  • このル-ト唯一の景色
  • その林道と合流
  • 出てきた道 歩きやすい林道を進むことにした。
  • 林道から
  • 先ほどの登山道の出口 この先には、弘法大師の道のテープが見当たらなかったので、この林道が弘法大師の道なのかも知れない
  • 30分程林道を進んで、下山ルート入り口に到着 テープで通せんぼされているが、入っていく
  • 入ると、しっかりした登山道がある ここから先は、赤いテーピングをひたすら追いかける
  • 道が降りている、通せんぼの原因はこれかな? 下は崖なので、慎重に渡る
  • 再び歩きやすい道が続いている
  • ここは迷いやすいかも 赤いテーピングが一瞬見えなくなるので、右をまっすぐ進んでしまいそうになるが、 赤いテーピングは木の陰の左側に有り、藪に誘導されている。
  • 少し藪コキすると、又登山道が現れる
  • 500M程進んで左に道を撮ると、激下りが始まる。 かなり危険な道だ 前方に鹿の群れがおり、しきりに鳴きながら、逃げていく
  • 赤いテーピングをしっかり捉えて降りていくことが肝心
  • 斜面と言うより崖だ!
  • 数百mの崖、超危険なので、予想以上に時間がかかってしまった。
  • 出口は近い
  • 登山道出口
  • R49を駐車場へ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年11月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 『山と溪谷』単独行に関するアンケート
『山と溪谷』単独行に関するアンケート 『山と溪谷』2020年2月号の企画のための読者アンケート調査です。単独行経験がある方はぜひご協力ください
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW 実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す
実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!