登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
2019.10 紅葉山行03(奥穂高岳) 奥穂高岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ドラコロ さん
  • 日程

    2019年10月15日(火)~2019年10月17日(木)

  • 利用した登山口

    上高地バスターミナル  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:上高地までマイカー規制の為、沢渡大橋駐車場(600円/日)からバスに乗り換え(往復2100円)
    10/18現在 上信越道は碓氷軽井沢IC~佐久IC間で通行止めです。(中央道も八王子IC~大月IC間通行止め)国道18号線を迂回しますが、大変混雑しています。

  • 天候

    初日:曇りのち晴れ、2日目:晴れ、山頂付近は強風、3日目:晴れ 
    [2019年10月15日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(08:32)・・・河童橋(08:37)[休憩 3分]・・・明神(09:30)[休憩 5分]・・・徳沢(10:35)[休憩 10分]・・・横尾(11:45)[休憩 45分]・・・本谷橋(13:20)[休憩 10分]・・・涸沢(15:05)

【2日目】
涸沢(07:05)・・・ザイテングラート取付(08:25)[休憩 15分]・・・穂高岳山荘(09:40)[休憩 15分]・・・奥穂高岳(10:40)[休憩 15分]・・・穂高岳山荘(11:30)[休憩 45分]・・・涸沢岳(12:35)[休憩 10分]・・・穂高岳山荘(13:05)[休憩 5分]・・・ザイテングラート取付(13:45)[休憩 15分]・・・涸沢(15:15)

【3日目】
涸沢(06:20)・・・本谷橋(07:25)[休憩 5分]・・・横尾(08:20)[休憩 5分]・・・徳沢(09:15)[休憩 25分]・・・明神(10:25)・・・河童橋(10:57)・・・上高地バスターミナル(11:00)

総距離 約37.7km 累積標高差 上り:約2,672m
下り:約2,672m
コースタイム 標準:17時間45分
自己:15時間35分
コースタイム倍率 0.88
◎ 奥穂高岳山行レポ
■ 登山道
 上高地から本谷橋までは緩やかな登山道。本谷橋から涸沢まではガレ場が多くなります。
 涸沢から奥穂高岳まではガレ場と岩尾根が多くなります。
 特にザイテングラート始点と穂高岳山荘の始点の箇所は丁寧に登れば問題なし。
 この時期は季節風が吹くと山頂付近はとても寒く一部鎖部分も凍ってました。
 台風被害はありません。
■ 景観
 涸沢の紅葉は終盤で、横尾、徳沢あたりが見頃です。カツラの黄葉が綺麗に輝いてました。
 晴れた日の早朝(6時頃)涸沢のモルゲンロートは見る価値ありです。 
■ 花
 花の時期は終わりです。また来年に期待したいです。 
■ その他
 冬に少しずつ近づいています。日中は日によって汗ばむくらいですが、夜は寒く防寒対策、レイヤリングはしっかりとしたいです。
■ 最後に
 やはりこの時期は人気の山です。外国の方々も多く平日でも小屋は賑わっていました。
 今度は岳沢方面から縦走したいと思います。 

登山中の画像
  • まずは上高地の河童橋からスタート! 天気は曇り
  • 少しずつ晴れてきました。
  • おサルもお出迎え!
  • とにかく上高地周辺は多いです。行きと帰りで50匹位は見ましたね! 動物に好かれる私でもこの数は初めてで、一緒に並走して歩いてました。 特に何もしなければ、攻撃してきません。
  • サワダツの実のようです。
  • 明神池周辺はこんな感じ!
  • 梓川は綺麗ですね~ キラキラ光ってる!
  • 美味しそうなキノコ! 秋らしい~
  • 徳沢に到着しました。 綺麗な芝生キャンプするには最適!
  • カツラの木も日の光を浴びて黄色く輝いてます。 綺麗だな~
  • ノコンギクもちらほら咲いてます。
  • 大きなフジアザミ!
  • 横尾のカツラの木! 甘い匂いがいいですね
  • ここまでの長い林道歩きにも厭きてきた~
  • 屏風岩が見えてきました。 迫力あります。
  • ここから少しずつ傾斜もきつくなって、山らしくなってきましたが、整備されているので歩きやすい。
  • 何か怪しいのが・・・・
  • 屏風岩に張り付く木や草の紅葉の競演!
  • この辺りから紅葉がピークになってきました。
  • 本谷橋まで着きました。
  • 見事な黄葉です。
  • 傾斜もきつくなってきました。
  • 谷を埋める紅葉いい感じ!
  • ガレ場のトラバースは止まらず通過!
  • ダケカンバの黄葉凄いの一言!
  • 涸沢が近づいてきました。
  • この辺りも凄いです。
  • コントラストがいい感じです。
  • 疲れ目にはいい保養になります。
  • 穂高に日が落ちます。
  • ナナカマドも残ってました。
  • 今夜泊まる宿に到着です。 久々に癒されました。
  • 涸沢小屋と北穂高岳周辺の紅葉!
  • 少ないですがテントもいいな~ 次回は持ってくるか!
  • 谷を埋める紅葉!
  • モルゲンロート始まり~
  • 涸沢に来たらやはりモルゲンロート!
  • モルゲンロート続く!
  • モルゲンロートが終り山頂付近は雲が掛かってきました。
  • 今日もまずまずの天気です。
  • さ~出発です。
  • 穂高と紅葉!
  • ナナカマドの赤鮮やか!
  • ザイテングラートまではガレ場の登山道!
  • ザイテングラートからの遠く乗鞍岳!
  • ザイテングラートの急登は丁寧に!
  • 穂高岳山荘に到着! 少し休憩し雲の切れ間を見て再スタート! この日は風が強く寒い。
  • 薄いガスが掛かる岩稜帯を進みます。
  • ガシガシ歩きます。
  • ガレ場の道を進むとあと少しです。
  • ジャンダルムも見えてきました。
  • 奥穂高岳山頂に到着!
  • 山頂の穂高神社奥宮!
  • 以前登った西穂方面!
  • 雲が切れて迫力が増して来ました。
  • ジャンダルムもくっきり!
  • 西側の笠ヶ岳! 今度行ってみるか
  • 穂高岳山荘直上の岩は特に慎重に下山!
  • 一瞬ですが鎖あります。
  • ハシゴも一瞬!
  • 鎖は凍ってます。
  • 時間があったので、涸沢岳に登り!
  • 槍ヶ岳もバッチリ! 奥は黒部五郎岳!
  • その先の立山の山々!
  • 涸沢下山です。 朝の紅葉は鮮やか!!
  • 紅葉とモルゲンロート1
  • 紅葉とモルゲンロート2
  • ガトーショコラのチングルマ!
  • 屏風岩と黄葉!
  • 最後に前穂高岳の岩壁を見て、あ~今回も良かった~
  • また来よ!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ドラコロさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ドラコロ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2020年1月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?