登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
蓼科山 5,Oct,2019 蓼科山(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

misoshiru さん

この登山記録の行程

大河原峠(8:55)ー双子山(9:21)ー双子池(10:00)ー蓼科山(14:36)ー大河原峠(17:00頃)

前日から、Bの調子が悪くて、大河原から蓼科山、そして双子池・双子山を経由して帰ってくる計画は無理な気配がしていました。また、天気もイマイチらしい感じで、今回はだめかと考えていました。車で移動中も今ひとつの天気で、今回も天気予報が当たっている感じでした。大河原峠までも完全ガスの中で、今日はだめだと思っていました。

が、大河原峠到着すると、すっかりガスの中から抜け出してきていて、快晴状態。う〜ん、この機会を見逃すのは、残念極まりないと考えながら、Bと登り始めました。そうそう、調子悪いから、双子山まで行って帰ってくる予定で上り始めました。

Bもこの快晴状態で登り始めたら、やや調子が戻ってきたらしく、ブツブツ言いながら足をすすめるのでした。(笑)いつもこんな感じです、登り始めるまで、天気がいまいちだから~とか調子悪いから~とか。いざ登り始めると、ごきげんな会話をしながら登り続けるのです。(笑)私も、おだてますから。

双子池は、言葉のとおり、双子池(牡池)と双子池(雌池)があったんですね。知らなかったです。

ここから、蓼科山向かうんですが、突き当たって左に出て、少し行って、右に上がるんですけれど、ここを間違えてまっすぐ行っちゃうと降りちゃんです。後から来た落としを召した方々10名ぐらいの方々は、ここを間違えたらしいです。ここを右に曲がってから、急登が続きます。この給湯、結構厳しいです。私もBも、結構辛かったです。道間違えて、この急登は、疲れが倍増しますね。この間違えた方々、山頂ヒュッテ泊まりで、蓼科山荘で、死にそうな表情だった。この山荘から、山頂までも、やや厳しい岩場が続くので、ストックなどはないほうが登りやすいかもしれません。手をつきながら登るほうがいいかと思います。

山頂は、ソフトボールができるぐらいの広さがありますが、大きな岩だらけです。雨の日は、注意が必要です。

普通は、大河原峠ー蓼科山ー双子池ー双子山ー大河原峠が、一般的なコースのようですが、今回は、逆コース。途中の急登が辛かったです。

最近、ウルトラライトに大変興味があります!!

登山中の画像
登山画像
出発ですと言いたいけれど、車が多くて、駐車で…
登山画像
大河原峠から、蓼科山。と言っても、目の前のピ…
登山画像
はい、双子山到着です。当初の予定は、ここで引…
登山画像
双子山から、蓼科山・諏訪市。天気がいいので、…
登山画像
北横岳(だと思う)。本当にここいいです!朝早…
登山画像
予定変更、更に奥へ行きます。
登山画像
双子池到着です。どうもこちらは、牡池らしいで…
登山画像
最高の天気です。
登山画像
双子池(雌池)らしいです。これで、双子なので…
登山画像
いい天気です。
登山画像
チヤホヤと紅葉が見えてきています。
登山画像
こんな山行、めったにないですよ。
登山画像
どうも、ご高齢の皆さんは、ここを見逃したらし…
登山画像
始まりました、岩場の急登です。この後延々と急…
登山画像
蓼科山荘です。快晴です。ここで、お湯沸かして…
登山画像
Tシャツの販売中です。
登山画像
山頂へ向かう途中ですが、デポしたので、身軽で…
登山画像
だいぶ上がってきました。
登山画像
山頂ヒュッテです。
登山画像
山頂から、「八ヶ岳」。午後になってしまったの…
登山画像
広い山頂、ソフトボールができる広さはありそう…
登山画像
さー帰りましょう。山小屋の人に怒られるような…
登山画像
佐久方面です。だいぶ暮れてきちゃいました。
登山画像
宿へ行く途中、きれいな夕日です。
登山画像
素晴らしい夕焼けです!
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

misoshiruさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

misoshiru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?