登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
冠雪の富士 杓子山、鹿留山へ鳥居地峠から往復 高座山 杓子山 鹿留山(関東)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん
  • 日程

    2019年10月28日(月)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:鳥居地峠の駐車場利用。大明見方面からの林道は通行止。忍野側から入る。峠には6、7台駐車可能。ダート路入った先にも駐車できるが車高の低い車は注意

  • 天候

    曇りのち一時晴れ間、朝のうち霧
    [2019年10月28日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

鳥居地峠(07:20)・・・高座山(08:05)[休憩 10分]・・・大権見峠(05:55) [休憩 05分]・・・杓子山(09:35)[休憩 20分]・・・子ノ神(10:45)・・・鹿留山(10:35)[休憩 05分]・・・子ノ神(10:45)・・・杓子山(11:15)[休憩 25分]・・・大権見峠(12:05)・・・高座山(12:45) [休憩 10分]・・・鳥居地峠(13:35)


総距離 約9.9km 累積標高差 上り:約1,141m
下り:約1,141m
 10月は台風と大雨でさんざん。やっと天気も安定し、晴れの予報なので、初冠雪の富士(10月22日・例年より22日遅れ)を見ようと、富士の好展望台の杓子山に出かけた。朝の杓子山は一面のガスで展望はなかったが、鹿留山に向かう途中で雲が切れ、雲の上に雪をまとった富士の姿を望むことができた。
 鳥居地峠の駐車場から未舗装の林道を進む。10分ほどで道標にしたがって左へ入り、登山道を登っていくと、やがて右手にカヤトの原が広がる道に出る。眼下に忍野の村が見えるはずなのだが、この日は一面のガスで展望なし。高座山までは一気の登りで、滑りやすい赤土の道が続く。高座山頂直下にはロープも張ってあるのだが、特に下りには細心の注意が必要である。
 高座山から一度下って大権見峠を目指す。小さな岩場を過ぎると送電鉄塔。ここが大権見峠までの中間点である。大権見峠には大明見からの登山道が上がってきている。峠にはハングライダーの離陸台があるが、離陸台は立ち入り禁止になっている。
 峠から杓子山までは約40分。紅葉の林の登りである。木々は色づいているのだが、台風にやられてしまったのだろう、落ち葉が多く色合いはもう一つであった。
 360度の展望と「天空の鐘」で知られる杓子山であるが、到着した山頂は一面真っ白なガスの中であった。たった一人山頂で雲の切れ間を待ったが、少し雲の切れ間がのぞくものの展望が開ける様子もなし。帰路に期待して鹿留山に向かった。
鹿留山に向かう稜線歩きはこのコースのハイライトといえる。カラマツの紅葉の尾根道が続く。数ヶ所南側の展望が開ける岩場があり富士の展望台となる。途中から雲が切れ、太陽がのぞいてきて、富士の山頂が雲の上に顔を出してくれた。
 子ノ神は石割山方面への縦走路の分岐点。このコースの折り返し点である鹿留山の山頂は木々に覆われ展望はないが、ブナの大木が存在感を示していた。
 帰路の杓子山山頂からは雲がかかっているものの、新雪を頂いた富士の山頂が顔を出してくれた。富士の左側には越前岳、そして箱根の山々が山中湖の上に見えた。右側には河口湖の上に大室山や御坂黒岳、そして三つ峠も。雲がなければ南アルプスの山々が見えるはずである。条件がよければ北側は奥秩父や大菩薩、奥多摩の山々が望めるだろう。ぜひ展望案内板を設けてほしいものである。
 本コースは高座山への登りが滑りやすいほかは難しいところはない。要所要所にロープが張られているのも親切である。富士がすそ野までしっかり見える日に再訪したいものである。

登山中の画像
  • 鳥居地峠の登山道入り口
  • 林道から登山道への分岐
  • カヤトの原の道。眼下には忍野の村が見えるはずなのだが・・・
  • 高座山頂直下の登り。スリップ注意
  • 高座山山頂
  • 送電鉄塔
  • 大権見峠
  • 朝の杓子山、一面の霧で展望なし
  • 杓子山から鹿留山を望む
  • 鹿留山への尾根道
  • 富士が顔を出した。鹿留山へ尾根道から
  • 山頂アップ
  • 子ノ神。二十曲り方面への分岐
  • 鹿留山。見事なブナの大木あり
  • 富士の山頂が顔を出す。鹿留山への尾根道から
  • 杓子山山頂から
  • 山中湖が白く光っている
  • 河口湖方面
  • 杓子山から北側の展望
  • 帰路の高座山。富士は雲の中
  • 高座山からの下り。カヤトの原が続く
  • 鳥居地峠
  • リンドウ
  • トリカブト
  • ウルシの紅葉
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 三つ峠山荘~三ツ峠山
    三つ峠山荘
    感染症対策として宿泊者数や休憩客の調整、一部の昼食提供の停止などなどを行っています
    20年04月09日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年4月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 写真家・飯坂大さんに聞く「スタウト45」の使い勝手
写真家・飯坂大さんに聞く「スタウト45」の使い勝手 バックパックを背負い、旅の風景と人の暮らしを撮る飯坂さん。バリ島の山旅で使ったグレゴリー「スタウト45」の使用感を聞いた
NEW 「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー
「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー ドイツ生まれの「ジャック・ウルフスキン」。最新技術と持続可能性を両立したものづくり。『ワンダーフォーゲル』連動企画
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...