登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
木曽駒ヶ岳 木曽駒ヶ岳、宝剣岳(中央アルプス)
img

記録したユーザー

きー さん
  • 日程

    2019年10月22日(火)

  • 利用した登山口

    千畳敷  

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:新宿駅6:45発のバスで駒ケ根バスセンターまで移動。
    すぐそばの「すずらん通り」バス停から11:01発のバスで「しらび平」へ行き、駒ヶ岳ロープウェイで「千畳敷」まで登って入山。

  • 天候

    曇りのち晴れ
    [2019年10月22日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

千畳敷(12:40)・・・乗越浄土(13:13)・・・宝剣山荘(13:17)[休憩 15分]・・・中岳(13:43)・・・木曽駒ヶ岳(14:03)[休憩 27分]・・・中岳(14:50)・・・宝剣山荘(15:00)・・・宝剣岳(15:12)[休憩 15分]・・・宝剣山荘(15:37)

総距離 約3.2km 累積標高差 上り:約518m
下り:約296m
コースタイム 標準:3時間25分
自己:2時間
コースタイム倍率 0.59
この日は、台風から変わった温帯低気圧が日本列島に接近しており、その影響で全国的に大荒れ…
当然登山どころではなく、ロープウェイも運行するか不明という悪条件にもかかわらず、「翌日に山行を楽しめればよいか」と、前乗りのつもりで駒ケ根まで移動!
しかし、午後まで荒れるという天気予報に反して、昼頃には雨(山間部では雪)も止み、風も収まりつつある様子だったので、しらび平へ向かいロープウェイで千畳敷へ。
千畳敷で昼食を取った後、宿泊予定地の宝剣山荘へ移動し、時々霧は出ていたものの周囲の天候も落ち着いていたので、木曽駒ヶ岳まで山行を楽しんでみた。

前日から当日午前中にかけて降った雪はそれなりに多かったらしく、千畳敷から上は雪景色。
周りの山々も標高の高いエリアには雪がのっていて、特に雪化粧した南アルプスの山々の姿はとても美しかった!
乗越浄土までの急登、登山道には雪が少し乗っていたけど、アイゼン無しで特に問題なく進めた。
乗越浄土周辺は積雪5~10センチほどで、少し歩きづらかった。
宝剣山荘から中岳経由で木曽駒ヶ岳山頂へ…
所々吹き溜まりになっている個所では、雪が膝丈くらいまで積もっていたが、他の登山者の踏み跡もあったおかげで、特に問題なく歩くことが出来、無事に登頂!
この辺りで周囲の霧も晴れだして、遠く南アルプスや北アルプスの景色が時折雲の合間から垣間見えて、とてもテンションが上がった。
30分弱山頂に佇んで写真を撮っていたが、体が冷えてきたので戻る事にする。
途中再び中岳付近を通った辺りで、空も晴れだして、遠く御嶽山や乗鞍岳の姿も雲海の上に浮かんで来た。
そのまま山荘に戻って夕食まで待機するのはもったいない気がして、岩場の宝剣岳にも登頂!
山頂付近からの絶景を堪能して、予想もしなかった充実の一日目の山行を終えた。

山荘に戻って夕食は17時からで、日の入りは17時15分…
食事に夢中になっていたら、外に出た時には太陽の姿はなく(笑)
日の沈んだ後の夕焼けの空を楽しんでから、翌日への期待を胸に温かい山荘の中へと戻り、他の宿泊者と共にストーブを囲んで、楽しい歓談のひと時を過ごした。

当初今回の山行の目的地は空木岳で、初日は檜尾避難小屋まで移動して宿泊予定だった。
天気予報が悪かったおかげで宿泊地を宝剣山荘に変更!
その関係で急遽追加した木曽駒ヶ岳山行なのだが、翌日の行程は長く険しくなったものの、それ以上に雪の木曽駒ヶ岳まで楽しむ事が出来た嬉しいサプライズを喜びたいと思う。

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

きーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

きー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?