登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
甲武信岳縦走 甲武信岳(関東)
img

記録したユーザー

たかぴょん0819 さん
  • 日程

    2019年11月1日(金)~2019年11月3日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:JR中央本線で韮崎駅下車。みずがき田園バスで瑞牆山荘まで。1時間強。運賃は2060円。現金のみ。

  • 天候

    3日間通じて快晴
    [2019年11月01日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

一日目
韮崎駅8:50 瑞牆山荘10:02 富士見平小屋10:45 瑞牆山12:30 富士見平小屋14:00(テント)
二日目
富士見平小屋6:20 金峰山8:59 朝日岳10:20 大弛小屋12:00(テント)
三日目
大弛小屋4:45 国師ヶ岳5:56 東梓7:32 甲武信岳9:57 木賊山10:44 西沢山荘13:30 西沢渓谷入口14:00


総距離 約28.9km 累積標高差 上り:約2,513m
下り:約2,922m
三日間快晴の天気に恵まれ、とても快適な山旅になりました。紅葉も楽しめました。人気のコースだけあって、東行も西行もたくさんの登山者が行き来していました。テント泊二泊三日でしたが、両夜とも満天の星空で感激の連続でした。明け方の気温は0℃から3℃ぐらいで、やはり結構厳しい寒さでした。少し多めに持参したウェアはすべて役に立ちました。ホッカイロや毛糸の帽子も役立ちました。今回、瑞牆山荘から入山し、瑞牆山、金峰山、甲武信岳と縦走しましたが、瑞牆山から金峰山の稜線が素晴らしく、360度のパノラマ絶景の連続でした。言葉にならないほどでした。大弛小屋から甲武信岳の長い稜線は、ほとんどフラットですが、眺望のきかない樹林帯の中をひたすら歩きます。長い長い道のりです。台風の影響でしょうか、倒木がかなり登山道を塞いでいましたが、歩行に支障はありませんでした。最後の甲武信岳への登頂はもうほとんど体力を使い果たしており、とても苦しかったです。甲武信小屋に下り、あとは下りだけだと油断していましたが、最後に木賊山の登りが待っており、息も絶え絶えでした。木賊山からは徳ちゃん新道を通って、西沢渓谷入口まで一本道です。これも長い下りです。三連休だからでしょうか、大勢の登り客とすれ違いました。瑞牆山、金峰山、甲武信岳のそれぞれから見える富士山はとても素晴らしいのですが、それ以上に、南アルプスや八ヶ岳の全景、遠く浅間山、御嶽山、乗鞍岳、あるいは秩父の山々など、遮るものが何もなく、素晴らしい絶景の連続でした。

登山中の画像
登山画像
瑞牆山山頂
登山画像
金峰山山頂
登山画像
雲海に浮かぶ富士
登山画像
国師ヶ岳山頂
登山画像
甲武信岳山頂
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、GPS機器、テント、シュラフ、マット(個人用)、燃料、ライター、カップ、コッヘル
【その他】 ハイドレーションパック(1L)
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかぴょん0819さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかぴょん0819 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月9日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。