登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
小屋閉めの日 赤岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

yasuhiro さん

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸口(07:00)・・・美濃戸(08:00)・・・行者小屋(09:30)[休憩 30分]・・・赤岳天望荘(11:00)[休憩 10分]・・・赤岳(12:00)

【2日目】
赤岳(07:00)・・・中岳のコル(08:00)・・・阿弥陀岳(08:30)[休憩 60分]・・・不動清水(10:10)・・・御小屋山(御柱山)(10:40)・・・御小屋尾根登山道入口(11:30)・・・美濃戸口(11:50)

総距離 約15.4km 累積標高差 上り:約1,778m
下り:約1,778m
コースタイム 標準:10時間40分
自己:8時間10分
コースタイム倍率 0.77
小屋閉めの週末、赤岳と阿弥陀岳に登りました。昨年に引き続き2年連続で入口の林道の橋が台風で流され、赤岳山荘まで車で入れません。ただ登山道には大きな支障はなく、歩くのには問題ありません。

初日は雲が多いものの視界は良好で、富士山もよく見えていました。
夕食後、赤岳頂上荘ではプチイベントが開かれ、お酒もふるまわれました。そのころには雪が舞い始めていてかなり冷え込んでいましたが、暖かい談話室の中では楽しいひと時となりました。ちょっと飲み過ぎてしまいましたね。

翌朝、素晴らしいご来光を拝むことが出来ました。今の季節は富士山にかなり接近しているので、ご来光とのツーショットの写真が撮れました。

二日目は天気がとてもよく雲海もすごい迫力でした。阿弥陀岳からの眺望も最高、おだやかな山歩きとなりました。

登山中の画像
登山画像
八ヶ岳山荘から歩き始めの橋が先般の台風で流さ…
登山画像
紅葉は終わりかけですが、まだ秋の雰囲気全開で…
登山画像
行者小屋は、テーブルは満席状態でしたが、極端…
登山画像
行者小屋の水道は止められ、沢から直接引いた場…
登山画像
この日は地蔵尾根を登ります。地蔵尾根は最初か…
登山画像
しかし急斜面が続くため、結構きつい。ただ、個…
登山画像
急斜面を突破したところが「地蔵の頭(かしら)…
登山画像
赤岳天望荘もやや人は少な目。赤岳には雪がつい…
登山画像
赤岳山頂もやや賑わいが落ちついた感じはしてい…
登山画像
赤岳神社。多くの方がこの裏の社でお参り&お賽…
登山画像
富士山も終始よく見えていました。
登山画像
権現岳と手前に旭岳。左右には三ツ頭と編笠山。…
登山画像
左が三角点。この場所は記念撮影に特に人気の場…
登山画像
頂上荘の談話室兼食堂は空の上。ただ、これだけ…
登山画像
富士山を愛でながらのビールはうまいですよね。
登山画像
山荘の看板はすでに外されていました。
登山画像
夕食後、小屋閉め前夜のミニコンサート。小屋番…
登山画像
スタッフ紹介。このころには雪がしんしんと降り…
登山画像
翌朝は快晴。昨晩の雪がところによりうっすらと…
登山画像
富士山もくっきり。登山で、一番気分が高揚する…
登山画像
空が黄金に輝き始めました。
登山画像
登山画像
この時期はご来光と富士山がかなり近くなるため…
登山画像
雲海も黄金に輝きます。
登山画像
出発の時間になると、ふたたび山頂は賑わいます…
登山画像
この日は阿弥陀岳を目指しました。赤岳を下り、…
登山画像
中岳を降りると中岳コル。いつもはデポのザック…
登山画像
中岳コルからの登りは、大変な急斜面です。ただ…
登山画像
阿弥陀岳山頂から見る赤岳。
登山画像
阿弥陀岳は赤岳ほど人はいませんが、それでも滞…
登山画像
この日は雲海がすごかった。
登山画像
そのまま反対方向の御小屋尾根を下ります。御小…
登山画像
登る人はごくわずか。今日は下山しなければなり…
登山画像
眼下に御小屋山。大変な山ではありませんが、疲…
登山画像
御小屋山に到着。あとはひたすら下山のみ。
登山画像
登山口は別荘地になっています。終わりかけては…
登山画像
行きは左の林道へ、帰りは右方向から来ました。…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yasuhiroさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    だんだんと冷えてきて防寒具が必要な季節になりました。最低気温が5℃まで下がった日もあります
    20年09月18日(金)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    少しずつ広葉樹の葉色が変わり始めています。10月中旬頃までは平日も食事付き宿泊営業を行います
    20年09月07日(月)
  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    短時間の激しい雨がよく降ります。天気予報で雨マークが付いていなくても雨具は必携です
    20年09月04日(金)
    オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    天気が不安定で、雨が降ったり雲が出たり日が差したりと目まぐるしく変わりました
    20年09月03日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

yasuhiro さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年9月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...