登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
二十二度目 赤岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

ra271 さん

この登山記録の行程

【1日目】
観音平(12:00)・・・雲海(12:50)・・・押手川(13:40)・・・青年小屋(14:50)

【2日目】
青年小屋(06:00)・・・権現岳(07:30)・・・キレット小屋(08:40)・・・赤岳(10:30)・・・六合目(12:20)・・・牛首山(12:50)・・・リフト山頂駅・・・羽衣池・・・美し森(14:30)

総距離 約14.6km 累積標高差 上り:約1,875m
下り:約1,971m
コースタイム 標準:12時間40分
自己:11時間20分
コースタイム倍率 0.89
二十二度目
南八ヶ岳 赤岳を目指して。
前回濃霧と雨で断念した赤岳へ、小淵沢駅から一直線に観音平駐車場まで徒歩で進み、可愛い牧場の牛、林道には馬の蹄跡が良い雰囲気です。観音平に着く頃には、徐々に角度が厳しくなる防火帯で体力を使い果たし補給休憩。前回と同じ案内看板を写真に収めて出発。前回おしゃべりしながら楽しく下った道も、小渕沢から歩いてきた足には厳しく、押手川分岐では、巻き道を選んでしまった。更には、いつもの様にこの辺りから、息が上がり心臓がバクバクする症状が出て足が進まない。やっとの思いで到着。青年小屋は、今年最後の営業日との事で大勢の常連様で賑わっており、権現小屋の様なアットホームな感じでは無かったが、権現小屋の若い小屋番さんにまた会えた事は良かった。来年は「居るかどうか解らない」と言っていたが、きっとまた居るだろう。翌日6時、表には既に沢山の方々が準備しており、遅れないように出発する。前回濃霧の為見えなかった狼煙場やギボシからの景色を見ながら権現岳へ。途中で権現岳越しに朝日が昇り、山頂に人が立っている場面に遭遇し慌てて写真に収めた。良い写真じゃないかなと我ながら思う。権現岳の頂に私も改めて立ち、小さな頂で凄い場所でした。ここからの縦走路はワクワクした気持ちで進み、有名な梯子も待つ事も無くスムーズに下り、キレット小屋までは、デコボコを幾つもクリアしながら楽しい稜線歩き。待ち受ける急登に備えて、小屋前で補給と装備のチェックを行う。樹林帯を少し進むと 巨大でラスボス的な赤い岩壁が現れ、気が引き締まる。この辺りでいつも標高2,200m位から出る、息が上がり心臓がバクバクする症状が出ていない事に気付く。青年小屋に泊まった事で標高に慣れたのかな、良い事を覚えた。東側斜面は日が当たりポカポカするが、西斜面に入ると下からの冷たい風が体を冷やす。ラスボス的な岩壁に取り付き、登り斜面を見ていると、先行者が一人居る事に気付き、危険の無い様に先行者に合わせて反対側へ進む様に徐々に進み、頂上手前のピークでは雪も見られ山頂まで気を抜く事無く進む。山頂の登山者は数人で清々しい山頂でしたが、気温は零下、補給と景色を写真に収めて、次の楽しみ真教寺尾根を目指す。来た道を足元ばかり見て下っていると中岳方面に進んでいる事に気付き岩場の登山道は簡単に間違えるんだなと感じた。真教寺尾根の下りはいきなり厳しく、登りでは無くて良かったと思う程長く、鎖を使うより三点保持を確実に行いながら下った方が安全な様に感じた。鎖場を下った後、六合目辺りからは、なだらかな稜線歩きですが長い、本当に長く感じ、スキー場のリフトが見えた時は、これに乗って降りられるのかなと考えてしまった。美しの山では、ソフトクリームを頂き、清里駅まであと一息。山の全てに感謝です。

登山中の画像
登山画像
まっ直ぐ。
登山画像
前回もここで。
登山画像
朝焼け。
登山画像
柔らかい形。
登山画像
目的地が見えた。
登山画像
人、解ります?
登山画像
素晴らしい。
登山画像
どこだっけ?
登山画像
この尾根を進みます。
登山画像
ぽかぽか。
登山画像
ここ登ります。
登山画像
八ヶ岳ブルー!
登山画像
ヤッパリ富士山と。
登山画像
南方面。
登山画像
北方面。
登山画像
東方面。雲海。
登山画像
直下の真教寺。
登山画像
まだまだ。
登山画像
まだまだまだ。遠い。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ra271さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ra271 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年5月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!