登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
旧500円札の富士・雁ヶ腹摺山 大峠から往復 雁ヶ腹摺山 姥子山(関東)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん
  • 日程

    2019年11月8日(金)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大峠の無料駐車場利用。甲州街道の真木交差点を北上。全面舗装路。小さなトイレあり。大峠から先、桑西方面は通行止め。

  • 天候

    快晴。昼前から雲がが出てきた
    [2019年11月08日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

大峠(07:20)・・・雁ヶ腹摺山(08:10)[休憩 40分]・・・白樺平(09:20)・・・姥子山(09:45)[休憩 30分]・・・白樺平(10:40)・・・雁ヶ腹摺山(11:30)[休憩 20分]・・・大峠(12:35)

 立冬を迎えたこの日、富士山の眺望を求めて、旧500円札の富士山撮影地・雁ヶ腹摺山を訪れた。天気に恵まれ、心ゆくまで富士山の展望を楽しんだ。
 大峠から道標したがって登山道に入っていく。まだ色づいた木々はあるものの、紅葉はほぼ終わり、落ち葉の登山道を進む。御硯水と名付けられた水場から本格的な登りになるが、落葉の登山道は明るく、気持ちのいい登りが続く。途中展望が開けるところからは富士とともに、黒岳や大蔵高丸など小金沢連嶺の上に、雪を頂いた南アルプスも顔を出していた。
 小さな鎖場を超えると開けたカヤトの原に飛び出す。雁ヶ腹摺山の山頂である。山頂には旧500円札の富士山の写真とともに、昭和17年11月3日午前7時15分に撮影したとの案内看板が設けられている。撮影日とほぼ同じ季節ではあるが、初冠雪が例年より遅れたために、お札の写真と比べると雪が少ない。これも地球温暖化の影響だろうか。平日の早朝とあって、山頂に着いたときは誰もいなかったが、休んでいた間にも、一人の登山者が登ってきた。
 雁ヶ腹摺山は大月市が制定した富岳12景の第1番となっているが、もう一つの第1番は姥子山、雁ヶ腹摺山山頂直下の道標にしたがって姥子山を目指した。カサカサと落ち葉を踏んで下っていくが、途中登山道が落ち葉に覆われてわかりにくくなっているところがある。赤や黄色の目印テープがつけられているので見落とさないように注意してたどった。
 金山鉱泉方面への分岐、白樺平を過ぎると林道を横切る。林道の先の鞍部がこのコースの一番低いところで、大峠よりも低く雁ヶ腹摺山から約400mの標高差がある。このコースは雁ヶ腹摺山を2度登ることになるので、人気がない所以かもしれない。
 姥子山には西峰と東峰があるが、西峰は展望なし。東峰の山頂はあまり広くなく、南側が切れ落ちているが、絶好の展望台である。北東から西にかけて大きく開け、富士を正面に、奥多摩、丹沢、道志の山々が一望のもとである。展望だけなら雁ヶ腹摺山よりこちらが優れている。ゆっくり景色をひとり占めにしてから往路を戻った。
 大峠に車道が通じるまでは、大月から雁ヶ腹摺山を目指すには白樺平を経由するこの道をとったのだろうが、今訪れる登山者はぐっと少ない。雁ヶ腹摺山から姥子山を往復する間、誰にも会わなかった。
 帰路の雁ヶ腹摺山には7、8人のグループら休んでいたが、富士は雲の中だった。

登山中の画像
  • 大峠の駐車場
  • 大峠から
  • 登山道入り口
  • 木立越しに富士が見える
  • 南が開けると雄大な景色
  • 小金沢連嶺の上に南アルプスが見えた
  • 霜柱を踏んで歩く
  • 雁ヶ腹摺山直下
  • 雁ヶ腹摺山山頂
  • 山頂からの富士
  • 500円札の案内板
  • 500円札と同アングル
  • 富士山アップ
  • 白樺平
  • 姥子山から雁ヶ腹摺山を望む
  • 姥子山からの富士
  • 紅葉と富士
  • カエデの紅葉
  • 帰路の雁ヶ腹摺山山頂
  • 富士は雲の中だった
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月4日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。