登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
【テント半縦走】赤岳を目指して1泊 赤岳・硫黄岳・横岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

うに さん

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸口(11:00)・・・美濃戸・・・堰堤広場・・・赤岳鉱泉(13:28)[休憩 90分]・・・赤岩ノ頭(16:20)・・・オーレン小屋(16:55)

【2日目】
オーレン小屋(05:30)・・・夏沢峠(06:00)・・・硫黄岳(07:00)[休憩 15分]・・・大ダルミ・・・横岳(08:15)[休憩 15分]・・・三叉峰・・・赤岳天望荘(09:30)[休憩 30分]・・・赤岳(10:20)[休憩 25分]・・・行者小屋・・・赤岳鉱泉(13:20)[休憩 15分]・・・堰堤広場・・・美濃戸・・・美濃戸口(14:15)
覚えてないところは記載なし

総距離 約24.4km 累積標高差 上り:約2,382m
下り:約2,382m
コースタイム 標準:14時間30分
自己:11時間30分
コースタイム倍率 0.79
テントを担いで硫黄岳→赤岳ルートを歩きました。

天気が良く、朝は夏沢ヒュッテから雲海が見えて思わず見とれて足を止めるほど。
初の八ヶ岳でしたが、とてもいい思い出+経験になりました。

ルート:坂多め、硫黄岳山頂付近が坂ピーク(足元石だらけ+霜で滑りやすい)。山頂付近はトラバースと激しいアップダウン。荷物軽めが正解。テントを背負ってなんて・・・
積雪:なし。軽アイゼン持参したが使わず
人:赤岳鉱泉はテント泊多め、オーレン小屋は数組。開いていた小屋は赤岳鉱泉のみ(硫黄岳山荘は未確認)。赤岳は人が多めだったが、そこまで気になる人ごみではなかった。ルート上はすれ違う人以外ほぼ会わず。

★ルートの覚書
●美濃戸口~北沢~赤岳鉱泉
 とにかくゆるーい坂。坂慣れしてないので地味につらい。テント重い
●赤岳鉱泉~赤岩の頭~オーレン小屋
 坂。ちょっとのぼり。オーレン小屋→赤岩の頭がえらい急登な気がしたので硫黄岳いくなら素直に夏沢からがいいような気が。。
●夏沢ヒュッテ~硫黄岳
 坂。テント重い。稜線の景色は必見。風強い。
●硫黄岳~横岳
 坂。後半トラバース。ここから大体トラバース。グローブ必須。荷物が重いせいで鎖で支持した時に結構振られる。テント重い。
●横岳~赤沢展望荘~赤岳
 急登トラバース。展望荘から赤岳がすごい見えるけど坂もすごい見えるので気合いを入れてかかる気になる。テント重い。
●赤岳~文三郎尾根
 トラバース→大量の階段。これ登るのきっついなぁ、と思いつつ下り。テント重い。

★ごはん
・1日目朝:コンビニパン、昼:パエリア、夜:食べてない
・2日目朝:アルファ米とお味噌汁、追加スープ(コンポタ)

★今回の反省
・ご飯に有頭エビは持ち込まない(処理が大変、エビくさい)
・象印の保温便は優秀。象印さん、お世話になります!
・コーヒー入れるときは大きめの器でないと漏れる(使っているモノの関係)
・テント泊(わかっていたけど)相当さむい
・テントは置いていけるならできるだけ置いていくほうがよい。トラバースがのぼりくだりどっちもきつい
・時間がないときは無理しない(オーレン小屋到着が日が落ちる寸前)
・寒さはアンダー×2+ミドル+フリースで十分カバー可能。休憩のときはライトシェル着用。
・58Lのザックだと荷物がぎりぎり入りそうで入らない(替えの着替えがない)
・バートングローブの中身+防滴グローブの組み合わせは優秀(体感)
・寒い場所(日当たりがない等)ではできるだけグローブを脱がない。感覚がなくなると戻すの大変
・間違った地図をもっていかない
・携帯は劣化した電池のものだと、冷えると途端に電池残量がなくなるので注意
・使わなかったけど、念のためテーピングを持っていかないと上で挫いたときに降りるのが相当きつくなる可能性あり

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、ライター、カップ、コッヘル
【その他】 ヘアバンド
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うにさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うに さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年3月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...