登山記録詳細

ハイキング
参考になった 4
三条の湯、紅葉ハイキング 三条の湯(関東)
img

記録したユーザー

てんてん さん
  • 日程

    2019年11月24日(日)

  • 利用した登山口

    お祭  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:お祭バス停 トイレ無し

    鴨沢バス停裏、鴨沢小学校跡地駐車場に車を停め、お祭バス停まで徒歩30分
    無料、トイレは鴨沢バス停脇を利用

    後山林道は片倉橋まで車両で入れます。フラットダート、ゲート手前に数台駐車可能、トイレ無し

  • 天候

    小雨のち晴れ、午後は曇り、風弱し
    [2019年11月24日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

お祭(07:56)・・・塩沢橋(09:22)[休憩 10分]・・・後山林道終点(10:48)[休憩 11分]・・・三条ノ湯(11:30)[休憩 53分]・・・後山林道終点(12:50)・・・塩沢橋(14:10)[休憩 8分]・・・お祭(15:40)

総距離 約18.7km 累積標高差 上り:約1,599m
下り:約1,599m
コースタイム 標準:6時間5分
自己:6時間22分
コースタイム倍率 1.05
奥多摩湖周辺で紅葉が楽しめる場所は無いものかと三条の湯に向かいました。
また、多摩川源流の丹波川の様子もみたかったので、鴨沢に車を停め、雨の青梅街道を紅葉散策しつつ後山林道から三条の湯を歩きました。

丹波川沿いも紅葉見頃で雨で何ですが目には綺麗に映っでおりました。
30分ほど歩き、お祭バス停に到着。その先少し進みますと三条の湯登山口の後山林道です。
後山林道は水源管理のため東京都が管理する林道で付近は自然林となりますが、三条の湯までほぼ林道歩きとなりますので、この季節であれば楽しく歩けるのではと考えた訳です。

後山林道の紅葉は塩沢橋辺りまでが見頃で、その先は終盤を迎えておりました。
沢沿いの道となりますが少し高い位置を歩くこととなり沢まで下りれる箇所は、コンクリートの階段から下り木橋がかかる箇所だけで、清流沿いを歩くという趣はありませんでした。(滝に向かう吊橋跡?もありましたが下りれる箇所はありませんでした。)

なお、丹波天平-サオラ峠-三条の湯の周回コースも考えたのですが時期的に紅葉も終わり天候も思わしくないので、三条の湯ピストンコースと致しました。

・登山道は支障無く通行できます。
・三条の湯 : 標高1103m 単純硫黄冷鉱泉 日帰り入浴600円

本日の出会った方は小屋泊まりで下山と思われる方が8人と学生の団体さん10人ぐらい、登られて来た方はテント泊の二人でしたので、比較的静かな山歩きでした。
(天候も良くない日曜日ですから小屋泊まりやテント泊で登られる方も少なかったかと思います。)

コース定数:30

登山中の画像
  • 小雨の鴨沢バス停から丹波川沿いに紅葉散策です。
  • お祭バス停に到着。ここまで30分。
  • 少し進みますと三条の湯登山口、後山林道です。
  • 道は砂利または簡易舗装で、雨でもぬかるみはありませんでした。
  • 沢から押し出された土砂を整備されたようです。
  • 片倉橋、ゲート手前に数台駐車可能。
  • 一般車両は片倉橋で通行止め。
  • わさび田
  • 塩沢橋に到着。この辺りまでが紅葉の見頃。雨も止んできました。
  • この道標が気になります。
  • でも、踏み跡はありません。途中まで歩いてくれば良かったかと、後悔してます。
  • 林道最終地点。三条の湯まであと少し。
  • 三条の湯に到着。ここでお昼としました。
  • テント場の様子。
  • 折り返して戻ります。
  • ちょっと小滝の正面に下りてみました。
  • お祭に到着。また歩いて鴨沢まで戻ります。
  • 猿の群れがおりました。
  • 鴨沢西バス停脇のイチョウとモミジ
  • アーチ型の橋の袂のモミジ、下の方はまだ青葉。
  • 橋の上流は流木で埋め尽くされております。
  • タバスキーに明かりが灯る。 おつかれさまでした。
この山行での装備
ヘッドライト(+予備電池)、地図(地形図・ルート図)、コンパス、ツエルト、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、テーピングテープ、GPS機器
【その他】 熊鈴
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

てんてんさんの登山記録についてコメントする
  • ガバオ さん
    てんてんさん、こんにちは。

    日帰りで三条の湯・・・、やってみたいと思いながら、公共交通機関派にとってはスタート時間の制約があって、なかなか決心が付きません。でも、この紅葉を見たらやはり行きたくなってしまいますね~。

  • てんてん さん
    ガバオ さん、こんにちは。

    一風呂浴びてプシュッとして帰れれば最高かと思いますが、バスは9時台一本で、帰りも微妙な時間・・・丹波山村なかなか手強いかと思います。
    なお、ピストンした事も有りますが長い林道歩きですから紅葉の季節以外はどうなの?でした。

関連する現地最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    朝は肌寒さを感じるほどの気温まで下がるようになりました。石尾根上ではナナカマドが赤い実を付け始めました
    20年09月17日(木)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    暑い日が続いていますが、夏の花はそろそろ終盤です。
    20年09月08日(火)

てんてん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年9月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...