登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
大山まで行かない登山 境界尾根~大山三峰山~鍵掛尾根(関東)
img

記録したユーザー

ぷーすか さん

この登山記録の行程

07:31 煤ヶ谷(0.00km) - 8:12 林道谷太郎線終点P 8:22 - 10:12 七沢山 - 10:42 大山三峰 11:01 - 11:20 不動尻大山分岐 - 11:51 唐沢峠 - 12:09 梅の木尾根分岐 - 13:12 日向キャンプ場 - 13:23 クアハウス山小屋(10.25km)
日向薬師 16:35 =(伊勢原駅北口行き/約20分)= 伊勢原駅北口


総距離 約10.3km 累積標高差 上り:約1,379m
下り:約1,223m
境界尾根は登り口は踏み跡がしっかりありますが、上部は緊張が続きます。宝尾根を歩いた後の方が良いかも(個人の感想)。
総距離10km程度で大山頂上まで行かない、軽めのコースを企画しました。いつものMさん、Hさんに続き、前回、大山に一緒に行ったAさん、1年ぶりくらいのA女史も参加表明を頂き、久々に5人グループで楽しく大山三峰へ登る予定でした。登山前夜、お二方から相次いで体調不良の連絡、年末も迫りお仕事がお忙しく、また、ここのところの気温の急変が身体に堪えますね~。登山日の早朝、お一方から腰痛が、、、との連絡。皆さん、お大事に。、、、と、結局、残るAさんと二人でハイキングすることになりました。
本厚木のバス停に早めに到着すると、宮の里行きのバスがまだ止まっており、4名程度の方が既に宮ヶ瀬行きを待っておられました。私もラインに並びます。回送のバスがバス停へ到着し、社内点検が終わると扉が開きます。大勢待っておられたようなので、席へ座りザックを股の上へ抱えます。立ち乗りの方も出て来て、みるみる満杯になり、定刻に出発!途中のバス停で止まりながら、何人か満員のバスへ詰め込みます。Aさんも途中のバス停から乗り込みますが、「すみませ~ん」と無理矢理、ねじ込んで乗り込みました。清川村へ入ってくると、下車される方もいますが、まだまだ登山客が大勢乗っています。煤ヶ谷に到着すると、予測通り多くのグループの方々か、次々と下車しました。私は、少し前からムズムズしていたので、速攻で急いで歩き、一番乗りでトイレへ駆け込みました。すみませんでした。すっきりしたところで、谷太郎林道を終点まで歩きます。今日はとても寒い!のですが、天気の良い週末ですので、釣りを楽しむ方も多いようでした。一時間弱歩き、終点の駐車場へ到着しましたが、駐車場には車がいませんでした。おにぎり食べて、腹ごしらえします。木橋を渡り、右奥のピンクリボンから境界尾根へ取り付きます。踏み跡もしっかりしており、ぐんぐん標高を上げていきます。そのうち踏み跡が不明瞭になりますが、とにかく上を目指して上がっていきます。少し歩きにくいところもありましたが、景色が良くなってきました、大山山頂もよく見えました。途中から先行する別パーティーのお二方について登っていき、29号標柱に到着、右折します。細い尾根を進んだり、危険なトラバースをしたり、急坂を下ったり、登ったりして、七沢山へ到着。一般登山道を大山三峰まで歩きます。今日は、三峰山も大勢の方が歩いています。山頂のベンチをお借りして、湯を沸かし、カップラーメンとおにぎりを頂きました。休憩が終わると、唐沢峠へ向かいます。唐沢峠付近では綺麗な紅葉も目にすることができました。そこから登返し、傾斜が緩んで進んでいくと矢草ノ頭、その先を左折して梅の木尾根を下っていきます。やはり急です。滑り降りるように下っていき、鍵掛の水源標柱が見えてきました。今日は、ここを右折して、鍵掛尾根を下っています。モノレールが設置されていることや、倒木などで相当歩きにくい急坂を慎重に下りました。やっとこさ、尾根を下りきり、橋を渡ってキャンプ場へ。キャンプ場下の駐車場には多くの車が駐車していました。道ばたの紅葉も綺麗です。日向ふれあい学習センターの下にある「クアハウス山小屋」でお風呂をゆっくり頂き、薪ストーブの燃える素敵なレストランで、、、乾杯ッ!おつかれさまでした!
また、軽め?のハイキングを企画します。ヒルの出てこない山を楽しみましょう。

登山中の画像
登山画像
晴天の煤ヶ谷から
登山画像
谷太郎林道を進みます。
登山画像
釣りの皆さんも多いようです。
登山画像
それにしても寒い!
登山画像
林道の終点にある駐車場に着きましたが、車はな…
登山画像
境界尾根の急登をひたすら登ります。
登山画像
だいぶ標高を上げてきましたが、まだまだ。
登山画像
霜柱が立っていました。
登山画像
だんだん尾根が細くなり、29号標柱まで到着。こ…
登山画像
やせ尾根が続きます。やせ尾根の急登もあり、緊…
登山画像
一般登山道へ合流し、
登山画像
大山三峰山へ到着。カップラーメンを頂き、七沢…
登山画像
三峰山は、一般登山道でも、気が抜けません。
登山画像
唐沢峠から不動尻へ向かう登山道へ出てきたとこ…
登山画像
唐沢峠へ下りてきました。もう東屋はありません…
登山画像
今日はあちらの方から、歩いて来たんだな~。
登山画像
梅の木尾根分岐から急坂を下っていき、
登山画像
鍵掛から右折します。
登山画像
尾根を真っ直ぐ下り、キャンプ場へ向かいますが、
登山画像
結構急です。
登山画像
山が黄色く染まっていました。
登山画像
やっと尾根を下り終え、
登山画像
ふれあいの森 日向キャンプ場へ下山。
登山画像
今日は、クアハウス山小屋で、お疲れ様でした。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、行動食、ストーブ、燃料、ライター、カップ、カトラリー・武器
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぷーすか さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨一時雪
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年1月27日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?