登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
奥多摩紅葉散策 Ⅳ完 御前山+奥多摩湖いこいの路 御前山、サス沢山、いこいの路(関東)
img

記録したユーザー

てんてん さん
  • 日程

    2019年11月30日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:奥多摩湖バス停:トイレ有り
    小河内神社バス停付近に車を止めバスで移動
    (峰谷橋駐車場の利用の予定でしたが満車のため、ドラム缶橋の入り口に駐車。駐車台数7台ほど無料・トイレはなし・峰谷橋にトイレ有り)

  • 天候

    はれ 風弱し
    [2019年11月30日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

小河内ダム(07:35)・・・サス沢山(08:32-08:39)・・・御前山(09:46-09:57)・・・惣岳山分岐(10:09)・・・小河内峠(10:52)・・・湖畔(11:47-12:10)・・・いこいの路中間地点(13:15)・・・山のふるさと村(15:18)・・・小河内神社前(15:55)


総距離 約22.0km 累積標高差 上り:約2,451m
下り:約2,409m
今年も紅葉の奥多摩湖を山の上と湖畔から満喫しようという欲張りハイキング?で締めます。
実のところ昨シーズンと同じルートでは能がないので、御前山からむかし道で奥多摩湖に戻るか倉戸山とサス沢山に登り、いこいの路を候補にしたのですがこのルートに落ち着きました。

奥多摩湖の紅葉は終盤を迎えて落葉も始まっておりました。
いこいの路は平坦なハイキングコースとなりますが12kmと長く、山のふるさと村には公共交通機関が有りませんので更に2.5km麦山の浮橋(ドラム缶橋)を渡り小河内神社バス停が最寄りとなりますので、休日の紅葉シーズンでも行き交う人は少なく静かに紅葉を楽しむことができます。本日も5人ぐらいでした。
なお、奥多摩湖畔いこいの路は12月から冬季閉鎖となりますので、ご注意下さい。

山のふるさと村付近で橋が流されておりましたが河原に簡易的に迂回路が設けられておりましたので、通行には支障ありませんでした。

その他
累積標高差が?ですが昨年もこんな感じで、いこいの路が平坦ではありますが誤差が累積されるのではと思います。(安価なスマホのGPSログですから精度は余り良くない為かと)

月夜見第一駐車場からいこいの路のルートが有るようですが、いこいの路には道標は無く、その辺りの踏み跡は北側に向かい付いていましたので、定かではありませんでした。

奥多摩湖の青梅街道沿いは狭いトンネルが多く歩行には向かない場所となり、なかなか一周ができません。
峰谷橋から小河内ダム方面に向かいますと坂本トンネル(260m)が有り湖畔側に踏み跡が見られましたがA型バリケードに書かれていた文字は立入禁止!残念ながら迂回路は取れないようでした。

登山中の画像
  • 未だ静かな早朝のドラム缶橋。小河内神社バス停付近(トラム缶橋)に車を止めバスで小河内ダムに移動します。
  • 小河内ダムから歩き始めます。気温はマイナス1度と冷え込んでいます。
  • サス沢山から小河内ダムを見下ろす。大菩薩嶺から牛奥ノ雁ヶ腹摺山方面が白く雪を頂いておりました。
  • 倉戸口の半島
  • 霜柱も大きく成長
  • 前々日に降った雪でしょうか
  • 落ち葉と霜柱をサクサク踏みしめ登ります。
  • 御前山手前のベンチから富士山が良く見えておりました。
  • 御前山に到着
  • 御前山からの眺望
  • 惣岳山分岐から富士山を正面に小河内峠に向かいます。
  • 途中から少し左手に富士山
  • 右手には奥多摩湖が見え隠れ
  • すっかり落葉した尾根道を進みます。紅葉の頃は素敵なトンネルになるようです。
  • 小河内峠に到着
  • 湖畔が近づくにつれ紅葉が見えて参ります。
  • どちらも奥多摩湖ですが、この道標は左手に進みました。
  • 以前は尾根道に進みましたが道標は分岐ではなくなっておりましたので、素直に道標方向に進みました。
  • 小河内ダムより2.9K地点のいこいの路と合流
  • 少し進み半島の先端のベンチでお昼と致しました。陽のあたる場所でないと少し寒く、温度は5度ぐらいでした。
  • 湖畔のいこいの路は良く整備された平坦な道です。
  • 対岸の小河内ダム
  • だいぶ落葉が進んでおります。
  • 中間地点にトイレと東屋が有ります。
  • いこいの路の終点。少し歩くと山のふるさと村ですが公共交通機関はトラム缶橋を渡り小河内神社バス停となります
  • ドラム缶橋(麦山の浮橋)まで戻ってまいりました。お疲れさまでした。
この山行での装備
ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、地図(地形図・ルート図)、コンパス、ツエルト、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、テーピングテープ、GPS機器
【その他】 熊鈴
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

てんてんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

てんてん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨一時雪
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年1月27日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?