登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
裏高尾小下沢林道の様子 堂所山と陣馬山(大下バス停-小下沢-堂所山-陣馬山-陣馬山登山口バス停(落合))(関東)
img

記録したユーザー

yamaocchan さん

この登山記録の行程

大下バス停8:36-9:01小下沢途中で食事休憩9:09-9:25作業小屋(景信山登山口)9:26-10:24関場峠10:29-10:54堂所山10:58-11:19明王峠11:22-11:57陣馬山12:25-12:59一ノ尾テラス13:00-13:15上沢井分岐13:15-13:41陣馬山登山口バス停


総距離 約15.3km 累積標高差 上り:約1,101m
下り:約1,167m
10月の台風の後沢筋の道の様子を見に行ったが、雨だったので途中で引き返した。今日は天気も良いし作業小屋(景信山登山口)の先がどうなっているか知りたくて小下沢経由で関場峠の道を歩いてみた。
結果は次の通りである。(入口に通行止の表示がなされているが、今回は調査のためであると思って入らせていただいた。)
10月下旬に小下沢の作業場のところ(景信山登山口)まで入ったが、何か所か土砂流出があったのと、作業場のすぐ手前で林道が大きく崩れていた。今回、佐合場までは流出していた土砂が片付けられており、作業場手前の林道の崩壊も沢床を経由する仮の踏み跡が付けられていた。
作業場から先は、浩宮誕生記念碑の所、その先にも3か所程度土砂の流出で林道が埋まっているが、一番ひどいのは逆沢林道の分岐点である。逆沢林道が沢を橋で渡って登り坂になっていたのだが、橋が跡形も無くなっており、更にその先も数メートル流されて3mほど上が林道の始まりになっている。
この他にも2か所ほど結構な規模の土砂の流出があり、果たしてこの後修復工事などが行われるのか、行われるにしてもいつになるのか、甚だ疑問に思うところである。
また、現在は通行止という措置が取られているが、車両の通行は無論無理であることは当然であるけれども、徒歩による通行はさほど難しいとは思えない。もちろん初心者や子連れなどが気軽な気持ちで立ち入ることが危険であるのは間違いないが、山慣れた人たちの立ち入りまで制限するような状況ではない。これらの線引きをどのようにするのか、近い将来どのように扱われるようになるのか興味深く見守っていきたい。

登山中の画像
登山画像
大下バス停を降りて少し高尾方向に戻る
登山画像
中央高速の下を通って小下沢に入って行く。少し…
登山画像
通行止の表示があるが、工事などを行っている様…
登山画像
10月には土砂流出のままとなっていたところが、…
登山画像
ここもそうだ
登山画像
まだ新鮮な落ち葉は光る
登山画像
ここも右側に道が付けられている
登山画像
倒木も切られていた
登山画像
一輪車を使って作業をされたようだ
登山画像
10月にはまだかなり水が流れていた記憶があるが…
登山画像
ゲートまで来た
登山画像
林道が崩壊した場所は少し手が入って少し歩き易…
登山画像
振返って見る。林道の浸食が岩盤で止まったこと…
登山画像
同上
登山画像
景信山の登山口。こちらも通行止になっている。…
登山画像
作業場の先も通行止になっている
登山画像
落ち葉
登山画像
倒木ではあるが、実は右の斜面から立ったまま落…
登山画像
前の写真の木が落ちてきた跡
登山画像
土砂の流出
登山画像
ここもかなり道路が落ちているが、歩ける幅は残…
登山画像
滝に溜まった流木
登山画像
上流から見る
登山画像
ここもかなりの土砂流出が発生している。ただ上…
登山画像
擁壁が沢に倒れている。ここは今回の台風の前か…
登山画像
対岸の土砂崩れ。上の石垣は逆沢林道を押さえて…
登山画像
行ってみなければ詳しくは分からないが、上の林…
登山画像
逆沢林道の分岐点。分岐点にあった橋が跡形も無…
登山画像
丁度真ん中あたりで沢床に降りた。1-1.5mくら…
登山画像
その先にも土砂の流出はあったが、たいしたこと…
登山画像
関場峠に到着。尾根の道は通行止めにはなってい…
登山画像
堂所山
登山画像
堂所山から雲取山
登山画像
底沢峠。通行止などの表示は無いので、陣馬高原…
登山画像
明王峠からの富士山
登山画像
明王峠から神奈川側に降りる道も「注意」の張り…
登山画像
奈良子峠。こちらは陣馬高原下へのルートが通行…
登山画像
陣馬山から富士
登山画像
陣馬山から白根三山。間ノ岳と農鳥岳が見えてい…
登山画像
山頂着
登山画像
大岳山(真ん中)と長沢背稜(左)
登山画像
生籐山とその左に大菩薩連嶺
登山画像
けんちん汁で一杯
登山画像
富士山と丹沢方面
登山画像
神奈川側に降りる。最初は和田の分岐。
登山画像
一ノ尾テラス
登山画像
集落に到着。もうバス停は近い。
登山画像
山頂方向を見上げる
登山画像
バス通りに到着
登山画像
陣馬山登山口
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yamaocchanさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

yamaocchan さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年4月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー
「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー ドイツ生まれの「ジャック・ウルフスキン」は最新技術と持続可能性を両立したものづくり。雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...