登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
日光白根山-2019-12-15 (関東)
img

記録したユーザー

とモち さん


総距離 約10.3km 累積標高差 上り:約1,257m
下り:約1,259m
毎年恒例になりつつある、金精峠が通行止めになる前に登る日光白根山へ。。
この季節に近場でガッツリな雪山を行けるとこってここくらいなんで。。
今年は一週間早かったからか雪も少し少なめだったけど、去年と同じ、菅沼P~弥陀ヶ池~山頂~避難小屋~五色沼~弥陀ヶ池~菅沼Pで。
頂上から五色沼に降りるコースでは去年は暴風と視界不良、ガッツリ雪で何も楽しめなかったけど、今年は雪も少なく、天気も良かったので男体山も拝めて、こんな景色が堪能出来るのかと楽しみながら避難小屋へ。。
避難小屋で昼食後、五色沼散策をしている時に事件が。。
沼周辺は凍ってるのを確認したし、友人が奥まで歩いてたのでそれを追う形で進んでいったら。。
ある岩の近くを歩いたら。。バリン。。バチャン。。そう、落ちました。。悲
結果論だけど、岩の近くは危険。。太陽に熱せられて氷も溶けてるっつ~。。
その瞬間、落ちてバランスを崩して倒れてしまい、両膝まで浸水&とっさに手をついたけど、両足膝までと右手だけ濡れました。。
慌てて上がったら右足、右手のみが濡れ濡れでして。。
そして、気温はマイナス5℃くらいでみるみる両足のゲイターが凍ってく訳でして。。
着替えなんか無いし、凍傷にならないようにそこからは休憩なしでずっと歩き続けての下山となりましたとさ。。
今後冬の池を歩く時は、絶対に石橋を叩いて渡る体で行こうと誓ったのでした。。

登山中の画像
登山画像
ここはガッツリ凍ってたのに。。
登山画像
ゲイターが凍った。。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

とモちさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

とモち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年7月15日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!