登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
赤岳(行者小屋テント泊) 赤岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

7omo さん

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸(07:30)・・・行者小屋(10:10)

【2日目】
行者小屋(07:15)・・・赤岳(09:25)・・・赤岳天望荘(10:00)・・・行者小屋(11:10)[休憩 90分]・・・美濃戸(15:30)

総距離 約10.6km 累積標高差 上り:約1,251m
下り:約1,251m
コースタイム 標準:7時間20分
自己:9時間25分
コースタイム倍率 1.28
12月13日(金)
赤岳山荘駐車場からスタート。
初日は南沢コースで行者小屋まで。初日から赤岳を目指すつもりでしたが,寝不足なのか歳なのか,へたってしまい,テントで昼寝してしまいました(^^;
河原上流に雪や凍結箇所がありましたが,チェーンアイゼンなしで行者小屋まで到着。
テント場には誰もいません。おそらく一等地と思われる場所にテントを設置し,昼食後に昼寝zzz
えらく疲れてしまったので赤岳は翌日に。。。ちなみに水場は凍っておらず,行者小屋のトイレも使用可でした。テント場は氷又は凍った土で,ライペンの純正ペグはほとんど使い物にならず,3本ほど折れてしまいました。なので,中途半端に打ったペグと大きめの石を併用してテントを固定。一等地は樹林帯傍なので,風が避けられる感じでしたが,小屋前は風が抜けていたので,強風時は要注意な感じでした。
12月14日(土)
夜明け前から登山者がぽつりぽつり通過。みんなすごいな…
6時過ぎに起きて軽く朝食とって出発。テント泊荷物はもちろんデポ。
阿弥陀岳を仰ぎながら文三郎道で赤岳を目指しました。行者小屋からの登りはさすがにアイゼンが必要でしたが,チェーンアイゼンでも大丈夫そうでした。
稜線上は天気よく見晴らし最高!時々,身体が持っていかれそうなぐらいの強風が吹くことがありましたが,天候はおおむね良好☀でも,想像以上に雪が少なく,ちょっと残念⛄
山頂から赤岳展望荘へ向かい,地蔵ノ頭から行者小屋へ戻りました。雪が少ないため特に難所はありませんでした。
テント場で撤収作業をしていたら,テントが4張り増えました。重い荷物を担いで再び南沢を歩いて赤岳山荘へ。へとへとです。。。
帰りにつたの湯に浸かり生き返りました。

登山中の画像
登山画像
白河原から中岳が見えてきました。テンション上…
登山画像
行者小屋。年末年始は開いているみたいですね。
登山画像
一等地に設置。
登山画像
星を眺めながら過ごす夜。
登山画像
テン場独り占め。
登山画像
阿弥陀岳を仰ぎながら進む。
登山画像
稜線上に出た。
登山画像
中岳と阿弥陀岳。
登山画像
権現岳越しの北岳!
登山画像
赤岳へ。
登山画像
絵みたい。
登山画像
見晴らし最高!
登山画像
赤岳山頂です。
登山画像
赤岳頂上山荘。
登山画像
横岳,硫黄岳,天狗岳,蓼科山まで見渡せます。
登山画像
赤岳展望荘。
登山画像
赤岳と富士山。
登山画像
人発見。この日4,5人しか見なかったな。
登山画像
赤岳,中岳,阿弥陀岳。
登山画像
地蔵ノ頭。ここからまた行者小屋へ帰ります。
登山画像
地蔵尾根。
登山画像
一気に白河原。
登山画像
下りなのでチェーンアイゼン使いました。
登山画像
無事下山しました。ありがとうございますm(__)m
登山画像
赤岳山荘の駐車場。前日の朝はスカスカでしたが…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル、ローソク・ランタン、アウタージャケット、オーバーパンツ、オーバーグローブ、アイゼン、ピッケル、ゴーグル、ヘルメット
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

7omoさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

7omo さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年5月25日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?