登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
大岳山と岩石園 メタボ登山2019 大岳山(関東)
img

記録したユーザー

野良耕筰 さん
  • 日程

    2019年12月21日(土)

  • パーティ

    3人 (野良耕筰 さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:JR御嶽駅・・・バス/ケーブル下・・・ケーブルカー/滝本駅

  • 天候

    一日中 霧の中。 ずっと気温7℃。
    [2019年12月21日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

御嶽山駅07:38・・・07:53御岳VC・・・08:01大鳥居/随身門08:05・・・08:11長尾平08:25・・・08:50綾広の滝上/東屋08:55・・・09:17あくば峠09:25・・・10:04大岳神社10:20・・・10:43大岳山10:59・・・11:17大岳神社11:22・・・12:02あくば峠・・・12:27綾広の滝12:30・・・12:42休憩所13:29・・・13:51天狗岩・・・134:15長尾平14:39・・14:47大鳥居/随身門15:07・・・15:14御岳VC・・・15:24御岳山駅


総距離 約10.0km 累積標高差 上り:約1,000m
下り:約1,000m
いのしし年、最後のメタボ隊(久々に3人)山行は好例の「大岳山&上高岩展望台」を予定したいたのですが。生憎の曇り空で、泣く泣く上高岩山展望台は中止。冬晴の関東平野と都心を眺めながらの昼食は新年にお預けです。そして岩石園へ変更。

台風19号の岩石園への影響も確認したく・・・ホントは「猿岩?」「ゴリラ岩?」が崩れていないか心配。 早く下山して反省会をしたい友を強引に連れて行きました(4日間禁酒で早くビールが飲みたかったらしい)。岩石園はこの時期にしては水が多かった。岩は大水で洗われたようで何時もと雰囲気が違い「ピカピカ」。道は補修されて問題なく歩けました。


【 御岳山駅~御岳VC~大鳥居 】・・・御岳平は曇り気味で見晴し悪し。
 今年最後の山行は、曇天のキリの中から始まりました。日の出山側からの朝日無し、予報では正午頃に晴れ間。日頃の行いが良ければ大岳山頂で太陽が拝めるはず。
 新聞配達?のバイクに先導され出発(発進してすぐにバイクに抜かれ、通常運転のメタボ隊)。御岳VCの高札には指名手配なし。この時期なら「氷の花」ですが今日は曇り7℃で期待できない。
 無言坂、神代ケヤキ、開店前の商店街を通り大鳥居に到着。人影無し。

【 大鳥居~長尾平 】・・・七代の滝への降下は問題なし。
 手水舎で清め出発。随身門の横の十月桜は満開!花が小さいので満開でも気が付かない人もいます。今日は拝殿に行かず直接大岳山へ。
 長尾平で15分行動食の菓子パンと水補給(体調確認!良好です)。七代の滝への橋が直ったようで通行禁止札が無かったがメタボ隊は大岳へ直行!体力的な問題(笑)。

【 長尾平~岩石園上/東屋 】・・・修理した橋が再度架け替え。
 長尾平、台風で飛ばされ今日も天狗の居ない「天狗の腰掛け杉」を通過。昨年の台風で架け替えた橋が今年の台風で崩落?したらしく再修理して強化されていた。この橋を通過時に二台目のバイク(植物ハンター?)に抜かれる。
 朝日が無いので放射冷却による寒さは無いが少し淋しい山行。奥の院直下のバイオトイレは使用可能。途中の斜面の斜めの木々は大雨でも無事でした。
 怪しい水場は水量豊富!でも生水は飲みたくない。この辺りは綾広の滝の上部。少し行くと東屋に到着。風が無いので水休憩。

【 岩石園上~あくば峠 】・・・今年は7℃で「氷の花」に逢えず。
 東屋から「壊れた橋」までの坂道は、いつもはゴロゴロ石なのに土砂が積みあがったのか歩き易い坂道へ変化。土砂と流木で「壊れた橋」は交換修理されて新品ですが橋への入口部の砂利が無く横の仮道へ。
 あくば折れ(メタボ隊呼称)で少し休憩して「氷の花地帯」へ。今日は氷も霜柱も無く期待薄。いつも見られる場所は濡れ落ち葉!今年は見られませんでした(ということは写真が撮れないので地味にキツイ坂を休まずに登ると言うこと・・・キツかった!!)。
 あくば峠に到着。写真撮りながら休憩が無かったので5分休憩。植林地帯なので霧の水滴が集まり時々ポツポツ。毛糸の帽子の表面は汗と霧でしっとりでした。

【 あくば峠~クサリ場~大岳神社 】・・・大岳山も富士山も雲の中!
 あくば峠、鍋割山分岐、植林地帯通過、楽しい山道。落葉樹林帯の道に入ると何時もは見える大岳山は雲の中。ここまで悪いのは初めて(今年は尾瀬に行ったから?)。
 滑落危険&クサリ場へ。水分を含んだ落ち葉と、濡れている岩に注意して通過。途中の土の道が狭くなっているので注意が必要。大きな岩がある所は注意!横が水場です。
 そして霧の中の大岳神社境内に到着&休憩。朝一から気温も明るさも同じなので時間の経過が分からない。トイレと富士山を撮りに大岳山荘跡へ・・・やはり富士山は見えず。

【 大岳神社~大岳山頂 】・・・令和元年、大岳山へ最終アタック!
 鳥居をくぐるり右側の「ストーンスライム」にあいさつ。地味にキツイ岩場まで苦行。ポール仕舞うんじゃなかったと反省。何時もの岩場をよじ登り、山頂に到着!

【 大岳山 】・・・雲で視界ゼロ。三頭山&御前山も見えず!
 珍しく「大岳山頂」は人が少ない・・・この時期の雨が降りそうな天候なら当然か。今年行けなかった「三頭山」「御前山」「秋の雲取山(台風19でキャンセル)」に「新年は行きますのでよろしく」と挨拶(山の姿はしっかり心眼で見えた・・・気がする)。来年の事を言ったので「山神様が少し笑った」? そしたら雲越しに太陽の丸い形が見えました。来年は良い年になりそう気がしました。

【 大岳山頂~大岳神社~あくば峠 】・・・今年最後の危険地帯を通過。
 11時になると人が増えてきた。上高岩山展望台での関東平野を眺め昼食を目標に下山開始。下山は雲が溜まる方向の様でキリが濃い。岩場を無事通過し大岳神社。狛犬撮影。
 クサリ場を無事通過「今年も楽しかった」と大岳山に言っても雲の中。植林地帯に入り、あくば峠で一休み。

【 あくば峠~綾広の滝 】・・・今年の上高岩山展望台昼食は中止(涙)。
 サルギ尾根に続く道は霧の中・・・「晴れてないから展望台は止めようか」の一言で中止決定。友は早く「酒の反省会」へ行きたかったようですが強引に「岩石園」へGo!
 壊れた橋の土砂を確認して通過、霧の綾広の滝に到着。

【 綾広の滝~大猿岩~休憩所 】・・・霧の綾広の滝。 大猿岩「れいがん君!」
 人気が無い「霧の綾広の滝」は幽玄の世界。ひとりで来たらチョッと怖い(以前カモシカでビビりました)。
 大水の後の岩石園は以前と比べ「何かが違う」感じがしました。途中の白い石で分かったのですが「大水に洗われて岩が明るくなっていた」のでした。綾広の滝から休憩所の間は特に明るい気がしました(ホントは気だけかも)。
 大水で「大猿岩」が崩れたんじゃないかと心配していましたが健在でした。少し胸の辺りのコケが流された?この後も無事でいるように勝手に正式名称を付けました。令和元年に命名(メタボ隊呼称)だから「令岩君(れいがんくん)」です・・・令和元年の君(きみ)。
 休憩所で昼食。気温7℃ですが川沿いの風が吹くと「寒い寒い」昼食を摂ったら体は暖かくなるはずなのに寒かった。温珈琲飲んでも寒いので直ぐに撤退!

【 休憩所~天狗岩~長尾平 】・・・倒木マンモス、岩抱きの木、天狗岩。
 一昨年?の倒木の「マンモス君(メタボ隊呼称)」は流されずそのまま。岩抱きの木も無事。大水が出ても変わらないものは変わらない流石です。
 天狗岩も無事。七代の滝へ降下出来たのですが、滝から長尾平への登りを考えるとパス。天狗の腰掛け杉の近くに出る道を選択。そして長尾平へ。

【 長尾平~商店街~御岳山駅 】・・・御岳神社は参拝せず(体力の限界・・・)。
 長尾平で休憩。天候も気温も朝とほぼ同じ。晴れていれば参拝したのですが、分岐の階段で「パン!パン!(新年2日にまた来ます!)」。
 天空商店街で御土産「ネズミの置物」ほかを購入。会社用は新年でいいや。御岳VCにも寄らずケーブル駅へ・・・疲れた~! 今年の山行は全て終了。メタボディーでも無事が何よりです。

【 そして反省会へ 】・・・生中ビールが半額で・・・。
 生中ビールが半額で3杯。久々の山行なので太ももの前がチョッと違和感。
新年初山行は「高水三山」を予定(何月になるのか?)。雪が降ったら軽アイゼン付けて「岩石園」。さてどちらが早くなるか。


 今年は台風15号、19号と関東地区を直撃。奥多摩の秋の山行はほぼ全滅。今も通行禁止ルートが多く。一日でも早く復旧し、地元の人たちと楽しい交流がしたい。
新年は「石尾根コンプリート(七ツ石~鷹巣間が繋がれば)」が目標です。

メタボ隊ファン「10万4人」の皆様。 安全登山と良いお年を!

登山中の画像
登山画像
0652 御嶽駅到着。
登山画像
0654 御岳小橋が流された!橋脚のみ
登山画像
0704 バスより、台風19号の爪痕。
登山画像
0715 滝本駅始発のケーブルカー待ち。
登山画像
0717 滝本ホットドッグ
登山画像
0727 滝本駅。 もう鳥居の右側に神代銀杏がな…
登山画像
0738 御岳山駅。 曇りなので早朝は人が少ない。
登山画像
0739 ぎりぎり西武ドーム辺りが見える。
登山画像
0745 令和元年〆の登山発進・・・バイクに抜か…
登山画像
0747 殿発進したからもう抜かれない!
登山画像
0748 ケーブル参道の落葉樹は裸で寒そう。
登山画像
0753 御岳VCの考察に指名手配なし。氷の花は!…
登山画像
0759 神代ケヤキ。
登山画像
0801 大鳥居到着。
登山画像
0806 十月桜が満開!?
登山画像
0808 早すぎるのか、曇りからなのか。人がいな…
登山画像
0811 七代の滝への降下復活。途中の橋が直った…
登山画像
0827 台風に吹き飛ばされ今日も天狗は居ない。
登山画像
0836 更に新しくなりました。かなり崩れたのか…
登山画像
0838 水が集まらない場所は台風でも無事の様で…
登山画像
0841 バイオトイレ復活してました。
登山画像
0850 岩石園上の東屋。土砂で埋まっていたのが…
登山画像
0858 修復中の橋。
登山画像
0859 新しい橋を架けている途中。
登山画像
0900 橋の上流側の土砂。
登山画像
0908 今日は「氷の花」なし。霜柱もなし。
登山画像
0921 あくば峠。気温7℃くらい。
登山画像
0930 奥の院分岐。雨が降りそうで降らない。
登山画像
0932 植林地帯通過。台風でスッキリ?
登山画像
0937 いつもなら大岳山が見えるのに。霧で今年…
登山画像
0939 滑落危険地帯へ突入。
登山画像
0946 思ったよりスゴイ所を通過している。
登山画像
0947 土の道が崩れていて危険!
登山画像
0957 クサリ場の連続。ここは変化なし。
登山画像
0958 安定の鉄階段通過中。霧が濃い。
登山画像
0959 岩の向こうに水場あり。あなたは飲みます…
登山画像
1003 大岳神社境内到着。霧の中です。
登山画像
1011 大岳山荘、復活中?
登山画像
1011-1 心眼で見れば富士山が見える!
登山画像
1018 時々水滴が落ちてくる。
登山画像
1020 大岳山頂へアタック開始!
登山画像
1021 ストーンスライムさん!こんにちわ。
登山画像
1021-1 大岳神社。
登山画像
1035 岩場!
登山画像
1041 あと少し。
登山画像
1043 山頂だ!
登山画像
1044 無機質な山頂碑。富士山は見えない!一瞬…
登山画像
1047 今年は行ってないので「三頭山」「御前山…
登山画像
1059 人が増えてきたので下山開始!
登山画像
1103 岩場降下中。
登山画像
1110 地味下山中。
登山画像
1115 大岳神社の狛犬様。
登山画像
1133 今年最後の危険地帯を通過中。
登山画像
1143 クサリ場を数か所越えれば!
登山画像
1202 あくば峠は安全地帯。でも足が微妙に・・…
登山画像
1207 上高岩山展望台はあきらめ岩石園へ変更。
登山画像
1218 壊れた橋を上から見る。谷筋に土砂がたく…
登山画像
1219 上流側の土砂。
登山画像
1221 東屋へ戻って来た。これより岩石園へ突入。
登山画像
1227 霧の中の「綾広の滝」。人がいない。
登山画像
1228 綾広の滝。 この時期なのに水量が多い気…
登山画像
1231 なんか雰囲気が違う。
登山画像
1232 霧の奥に「ガマ岩」が。
登山画像
1233 左側が「タマガワホトトギス」を確認した…
登山画像
1236 あと少しで「あいつ」に逢える。
登山画像
1237 やっぱ居た!台風の大水で崩れていないか…
登山画像
1238 命名「令元君(れいがんくん)」です。呼び…
登山画像
1240 なんか雰囲気が違うよな・・・。
登山画像
1241 やっと見つけた。 「プレバト静ちゃんの…
登山画像
1242 天気が悪いので人が少ない。
登山画像
1339 振り返り。なんか違う。
登山画像
1339-1 ここは同じかな?
登山画像
1340 台風の大水でも放しません。
登山画像
1340-1 一昨年?の台風で倒れたマンモス君。
登山画像
1341 一昨年?の台風で横たわった木。
登山画像
1343 上高岩山へ続く橋。これは流されたのを元…
登山画像
1345 白い岩! やっと理解出来ました。水流で…
登山画像
1347 岩石園下。天狗岩への木階段。
登山画像
1347-1 一昨年?流された岩は、更にきれいに磨…
登山画像
1349 楽しい山道。でも日差しが無いと淋しい。
登山画像
1351 天狗岩。
登山画像
1400 0836通過した場所の下側の道。崩れたのか…
登山画像
1408 「天狗の腰掛け杉」下の道より。
登山画像
1414 長尾平に着いたど~!
登山画像
1444 参拝はパスしました。新年二日に来ますと…
登山画像
1447 天空商店街も霧の中。
登山画像
1508 神代ケヤキも霧の中。
登山画像
1508-1 霧の中。
登山画像
1514 御岳VCも霧の中。
登山画像
1517 ケーブル参道も霧の中。
登山画像
1519 裸の木々も霧の中。
登山画像
1521 鳥居も霧の中。
登山画像
1522 霧中・・・
登山画像
1523 お疲れゲートも霧の中。
登山画像
1533 ケーブルカーも霧の中。
登山画像
1535 神代銀杏は何処に・・・
登山画像
1613 御岳山駅は雲&霧で見えず。 JR御嶽駅よ…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

野良耕筰さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

野良耕筰 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?