登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
冬季の丹沢 三ノ塔~塔ノ岳~鍋割山 塔ノ岳、鍋割山、三ノ塔、行者ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

社団法人ランナー 龍(たつ) さん
  • 日程

    2019年12月29日(日)~2019年12月30日(月)

  • 利用した登山口

    大倉  

  • パーティ

    3人 (社団法人ランナー 龍(たつ) さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:マイカーで大倉登山口付近の駐車場までアクセス

  • 天候

    1日目 晴れのち曇り 2日目 曇りのち雪、雨
    [2019年12月29日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
大倉(09:23)・・・牛首(10:48)[休憩 10分]・・・三ノ塔(12:39)[休憩 50分]・・・烏尾山(13:54)[休憩 10分]・・・政次郎ノ頭(14:36)[休憩 10分]・・・新大日(15:07)・・・木ノ又小屋(15:37)・・・塔ノ岳(16:12)

【2日目】
塔ノ岳(07:26)・・・塔ノ岳(07:27)・・・金冷シ(07:47)・・・二俣分岐(08:12)・・・鍋割山(09:05)[休憩 15分]・・・後沢乗越(10:24)[休憩 10分]・・・二俣(10:54)[休憩 10分]・・・大倉(12:20)

総距離 約20.4km 累積標高差 上り:約2,321m
下り:約2,321m
コースタイム 標準:10時間57分
自己:9時間48分
コースタイム倍率 0.89
2019/12/29~30

年末の忘年登山を丹沢で締めくくることにした。
しかも山小屋泊で。

台風の影響や雪の具合はどんなものなのか、その状況も踏まえてレポートしたいと思う。

12/29 9:00 年末の大倉ビジターセンターは車でほぼ満車状態。
大倉登山口から鍋割山や塔ノ岳に向かう日帰り登山者が多い印象。

こちらは、大倉~牛首経由で三ノ塔のルートだが、相変わらず誰も居ないです(笑)
登山道は問題なし。

標高1,000mを超えると、日陰には雪が残っていて、雪が解けている箇所はぬかるみがありどろどろなので行く方は汚れる覚悟で。(スパッツ、ゲイター推奨)

寒さは意外と耐えられるレベルであり、三ノ塔でカップラーメンを食べる余裕はある。
ここでは新しく休憩所が新設され、屋内での休憩も可能だ。但しトイレは冬季閉鎖なので、鳥尾山のトイレまでトイレはありません。

三ノ塔から塔ノ岳までの稜線では部分的に若干の凍結あり、歩きに不安があれば、アイゼン又はチェーンスパイクの使用が推奨されます。

年末直前、稜線上では渋滞なし、快適な縦走が楽しめますよ!

塔ノ岳に無事到着し、尊仏山荘にチェックイン。普段の週末よりは空いている印象。
メニューはいつも通り、夕食:尊仏カレー 朝食:おでんごはん
1泊2食で7,100円

2日目、鍋割山方面への稜線は残雪多く、凍結もあり、出来ればアイゼンを着用して欲しい場所が2か所くらいは見受けられた。滑落の心配はありませんが、転倒による怪我の心配があります。

鍋割山に到着すると、復旧のための工事中なのか、山頂の札の付近には入れなかった。
標高1,000m以下、鍋割山から後沢乗越に向かうルートでは残雪なし。
登山道は補強工事中となっているが、特別危険な個所は無い。

あまり人ともすれ違わず、年末はあまり人が来ないものなのかも知れません。

雨に降られながらも無事下山。

そういえば、丹沢クリステルが撤去されていました!残念!

下記写真も参照してください。
ブログの方もよろしくお願いします。https://mountain8.info

登山中の画像
  • 大倉から三ノ塔方面へ出発!
  • 登山道、問題なし
  • 積雪も台風の爪痕もなし
  • と、おもったら、標高1,000超えで残雪あり
  • 三ノ塔に到着すると、パラグライダーに興じる人が数名・・
  • これが三ノ塔の新しい休憩所
  • これから歩く稜線
  • ところどころ残雪あり
  • 着物の色、変わった!?
  • 幻想的な景色を見せてくれます
  • 斜面の残雪は凍結気味です
  • 鳥尾山を横から撮影
  • 鳥尾山のバイオトイレ
  • 私の好きな景色の1つです
  • 表尾根の稜線
  • 天空の縦走路
  • ここは2回目の息子だが、さすがに疲れが出てきたか
  • 丹沢版、万里の長城
  • 整備が必要な万里の長城(笑)
  • 湯河原、熱海方面を眺める
  • 雪解けの影響でかなりぬかるんでいますよ!
  • 木の又小屋 いつか泊まってみたい!
  • 踏み抜き注意
  • 塔ノ岳山頂付近は流石に気温は低い
  • 塔ノ岳到着 16:10くらい 日没直前で少しばかり焦る
  • 翌朝、ガスってなにも見えない状況
  • 鍋割山への稜線は雪景色
  • 静かな山歩きを楽しめる
  • この稜線も結構好き
  • 息子はサロモンのトレランシューズ 雪でのグリップ問題なし
  • 鍋割山荘が見えてきた
  • 整備された階段 でも転倒注意
  • 階段の上り下りを繰り返し
  • 鍋割山に到着
  • 山頂の大部分のエリアが工事中!
  • なので山頂の札も遠くから撮影
  • 鍋割山からの下山路では残雪なし
  • 鍋割山荘の主人が歩荷で物凄く重そうな荷物を担いでいるのは名物である
  • キツツキが木をつついているところを撮影
  • 沢に降りてきた
  • ボランティア用のペットボトル 飲料水を山頂まで任意で運びます
  • 鍋割山の鍋焼きうどんを食べる人への注意書きですね
  • これは!? 冬山仕様なのかイタズラなのか微妙な装い・・・ 山の功労者の銅像です この後、間もなく無事下山となった
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

社団法人ランナー 龍(たつ)さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

社団法人ランナー 龍(たつ) さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。