登山記録詳細

雪山登山
参考になった 5
武尊山(川場・日帰り)【2020年1月】 武尊山(上信越)
img

記録したユーザー

えびやす さん
  • 日程

    2020年1月19日(日)

  • パーティ

    2人 (えびやす さん 、M さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:沼田ICから川場スキー場まで路面はほぼドライ。
    川場スキー場立体駐車場に駐車。

  • 天候

    霧のち薄曇り(強風のち弱風)
    [2020年01月19日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

川場スキー場ゲレンデトップ(8:38)…剣ヶ峰山(9:15)…武尊山頂(10:34)[休憩 10分]…剣ヶ峰山(12:00)…川場スキー場ゲレンデトップ(12:34)

令和2年1月19日、武尊山(沖武尊)を川場スキー場から日帰りピストン。今回は山仲間Mさんとの2人パーティー。
天候はスタート時からガスに包まれ、ほとんど視界なし。下山時は霧が晴れて景色を楽しむことができました。なお、剣ヶ峰山付近では体が揺さぶられるほどの強風を受けました。
ルートの稜線上では80~100センチほどの積雪がありましたが、入山者が多くトレースがしっかりついていたため、ワカンの出番はありませんでした。
以下、コース状況を中心にまとめてみます。

【1月19日】
●川場スキー場から剣ヶ峰山の区間
・リフトを2本乗り継ぎクリスタルエクスプレス(D)リフト終点を下りて、正面右側からトレースが続いています。ほとんどの登山者が最初からアイゼンを装着していました。
・緩斜面をしばらく歩いていきます。東側に雪庇が張り出している箇所があるため、登りは常にトレースの左側(下りは右側)を歩くようにします。ただし、トレースを外すと膝あたりまで潜ります。
・リフト終点から10分ほど歩くと、最初の急斜面が始まります。ステップがあり登りやすいですが、雪が柔らかくステップを壊しやすいので注意します。上がり切ると、またしばらく緩斜面を進みます。
・祠が見えたら、間もなく剣ヶ峰山です。ここでストックからピッケルに装備を変える方が多かったです。

●剣ヶ峰山の登下降
・この付近は風の通り道となっているようで、体を揺すられるほどの強風を受けました。状況によっては、立ち止まって耐風姿勢を取る必要があります。
・剣ヶ峰山への取りつきの急斜面も雪が柔らかく、ステップを壊しやすいので注意して登下降しました。ストックでも登れますが、念のためピッケルを出しておいたほうがよいと思います。
・山頂付近は両側が落ちて幅が細くなっているので、注意しながら進みます。
・山頂を過ぎるとすぐに短い岩場を含む急下降となり、1人ずつ下りていきます。アイゼンとピッケルの操作に慣れていないと、やや怖い場面。スリップにも要注意。ここがルート上の核心部だと思います。

●剣ヶ峰山から沖武尊の区間
・小さいアップダウンを繰り返しながら、広い雪原に出ます。この区間はトレース上に木の枝が出ている箇所が多く、アイゼンの爪を引っかけないように注意して進みました。
・雪原から頂上へは、正面やや左手から回り込んで急斜面を登っていきます。この急斜面も雪が柔らかく、ステップを壊さないように注意して登下降します。
・急斜面はトレース幅が狭いうえに、他の登山者とのすれ違いが多い区間なので、その場合は脇によけて待ったほうが安全です。
・頂上は広いですが、風をよけられる場所はあまりありません。
・日本武尊の銅像まで行きたかったのですが、頂上から先は腰までのラッセルになるため断念しました。

登山中の画像
登山画像
川場スキー場クリスタルエクスプレス終点。リフ…
登山画像
この奥に最初の急斜面があります。東側(トレー…
登山画像
祠が見えてきました。この先から剣ヶ峰山への上…
登山画像
剣ヶ峰山の山頂。この先は急斜面の下りになるの…
登山画像
剣ヶ峰山を下り切ると、緩いアップダウンを繰り…
登山画像
樹氷がきれいです。
登山画像
谷川連峰側から雲と風が流れてきます。
登山画像
山頂への急斜面手前にある広い雪原。ところどこ…
登山画像
ゲレンデトップから2時間ほどで沖武尊山頂に到…
登山画像
この日は数多くの登山者がいました。
登山画像
休憩の後、元来た道を戻ります。今度はトレース…
登山画像
少しずつガスが晴れてきて、少し先まで見えるよ…
登山画像
剣ヶ峰山が見えてきました。細かいアップダウン…
登山画像
剣ヶ峰山の左手奥には赤城山が。
登山画像
剣ヶ峰山に取りつきます。下から見ると、かなり…
登山画像
この岩場の登下降が核心部。同行のMさんに撮っ…
登山画像
ザ・雪山登山!これもMさん撮影。写真センスが…
登山画像
雪山の非日常感が際立つ一枚。これもMさん撮影。
登山画像
彼方に玉原湖(中央部)が見えました。
登山画像
やっと霧が晴れて武尊山が全貌を現してくれまし…
登山画像
2枚目の写真とほぼ同じ位置からの撮影。
登山画像
リフト終点が眼下に見えてきました。左手に下り…
登山画像
下りのリフトからは純白の谷川連峰が見えました…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ワカン、スコップ、プローブ・ゾンデ、ビーコン、ゴーグル、ザイル、ロープ、環付きカラビナ、ビレイデバイス(確保器)、スリング(シュリンゲ)、ハーネス、ヘルメット
【その他】 ココヘリ発信機、スノーバー
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

えびやすさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

えびやす さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ