登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
1月の浅間尾根・雪なし 歴史の尾根道を払沢の滝へ 浅間尾根 浅間嶺 (関東)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん

この登山記録の行程

浅間尾根登山口バス停(08:15)・・・数馬分岐(09:05)・・・人里峠(09:55)[休憩 5分] ・・・小岩浅間(10:15)・・・浅間広場(10:20)・・・浅間嶺(10:25)[休憩 20分] ・・・峠の茶屋(11:20)・・・時坂峠(11:45) ・・・払沢ノ滝(12:25) [休憩 10分]・・・払沢の滝入口バス停(12:45)


総距離 約12.0km 累積標高差 上り:約1,088m
下り:約1,432m
 今年は暖冬、例年なら雪がある浅間尾根にもこの日全く雪はなく、冬木立の尾根歩き。残念ながら曇り空のため展望には恵まれなかったが、浅間尾根登山口から払沢ノ滝へと歴史の尾根道をたどった。
 浅間尾根登山口バス停を少し戻り、南秋川の橋を渡り民家の間の舗装道路を登っていく。最後の民家の先から登山道になり、樹林帯となる。この登りが本コースで一番の登りである。1時間ほどで尾根に出ると小さな石仏がある数馬方面からの分岐。ここから先が浅間尾根道で猿石、一本杉などと名付けられた各所に石仏が立つ登山道である。この浅間尾根は昔、本宿から数馬に至る重要な交易路で、江戸時代には中甲州道と呼ばれ人馬が行き来していたそうである。急勾配を避けて道がつけられているためとても歩きやすい。初心者向きのハイキングコースとされているのがうなずける。
 登山道には霧がかかり幻想的な雰囲気。途中藤倉や人里への分岐を過ぎていく。人里峠を過ぎ道が山の北斜面に来たところにわずかに雪が残っていた。この日の行程で雪を見たのはここだけであった。
 浅間広場に向かう登山道は途中、稜線を通る道と広場に直行する道があるが、分岐を右に尾根道をとった。903mの小岩浅間はちょっとした広場だが山頂標識が見当たらない。よく見たら、木の上に小さな標識がつけられていた。どうせならちゃんとした標識をつけてもらいたいものだ。
 浅間神社の祠の前を通って上川乗からの登山道と合流する浅間広場へ。広場には東屋やベンチ、トイレもある。広場から先、払沢ノ滝へは関東ふれあいの道に指定されている
 広場から一登りで浅間嶺である。尾根随一の展望台で、南には笹尾根の山々の上に富士が、北には大岳山、御前山などのおなじみの奥多摩の山々が望めるのだが、この日はすべて霧の中。わずかに大岳山からのびる馬頭刈尾根がのぞいただけだった。
 浅間嶺から東へ下山、松生山への分岐を左に、時坂峠を目指す。樹林帯の単調な下りを過ぎ沢筋に出ると、水車がある峠の茶屋の前に出る。美味しいそばで知られる茶屋だが、3月末までは冬季休業中とのことであった。
 茶屋からは時坂峠までは舗装された林道歩きとなる。時坂峠にも舗装された林道が通っていて昔の面影はない。峠には時坂集落に下る登山道の一部が昨年の台風19号で崩落しているとの案内が出ていたが注意して通過すれば問題はない。斜面に家々がへばりついているような時坂集落に出るとあとはほとんどが車道歩きとなる。
 駐車場の先から払沢ノ滝に向かう。冬には氷結することで知られる払沢ノ滝であるが、今年は滝の周りを含めて全く氷結していなかった。本シーズン中、氷結した滝が見られるのだろうか。滝から払沢ノ滝入り口のバス停はすぐである。

登山中の画像
  • 浅間尾根登山靴バス停。トイレあり
  • 南浅川の橋を渡っ行く
  • 林道を渡る
  • 数馬分岐
  • 登山道の脇には石仏があちこちにある
  • 雲の中に笹尾根が
  • 猿石
  • 霧に包まれた登山道
  • 人里峠
  • 雪が少し残っていた
  • 尾根道との分岐
  • 小岩浅間
  • 木の上の小さな標識
  • 浅間神社
  • 浅間広場
  • 浅間嶺
  • 浅間嶺にはベンチあり
  • 馬頭刈尾根が見えた
  • 峠の茶屋
  • 東京のビル群
  • スカイツリーも
  • 時坂峠
  • 時坂集落上の公衆トイレ
  • 時坂集落で見つけました
  • 趣のあるカフェ。営業中
  • レトロの郵便局
  • 郵便局前から見える天狗滝
  • 払沢ノ滝
  • 一面氷なし
  • 払沢の滝入り口バス停
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年7月12日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。