登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
雲取山 ワンデイ・ウインターハイク 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん
  • 日程

    2020年1月26日(日)

  • 利用した登山口

    鴨沢  

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:行き_代々木駅05:15~05:55立川駅06:04~06:34青梅駅06:35~07:18奥多摩駅07:25(京王バス「小菅の湯」行き)~07:58留浦バス停
    帰り_鴨沢バス停14:44〜15:20ごろ奥多摩駅15:27(ホリデー快速おくたま)〜16:57新宿駅

  • 天候

    曇り、陽はまったく射さず弱い風あり、石尾根は氷点下。
    [2020年01月26日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

鴨沢(08:39)・・・小袖乗越(08:57)・・・堂所(09:48)・・・七ツ石小屋(10:15)[休憩 5分]・・・ブナ坂(10:40)・・・雲取奥多摩小屋(11:00)[休憩 5分]・・・小雲取山(11:20)・・・雲取山(11:34)[休憩 30分]・・・小雲取山(12:11)・・・雲取奥多摩小屋(12:21)・・・ブナ坂(12:35)・・・七ツ石小屋(12:53)[休憩 10分]・・・堂所(13:25)[休憩 6分]・・・小袖乗越(14:12)・・・鴨沢(14:27)

総距離 約22.7km 累積標高差 上り:約2,167m
下り:約2,167m
コースタイム 標準:8時間52分
自己:4時間52分
コースタイム倍率 0.55
ハイドレーションが凍るほどの、ハイキングにはまったく向かない厳しい表情の奥多摩を歩いた。とにかく寒く、装備を軽くするため火器やテルモスをもたないから、アクシデントや道迷いで行動停止ともなれば遭難への近道だった。歩きとおして無事に下山はしたが、中身を点検すれば反省点の多いハイキングだった。
.
○ 概略
標高1500m、七ツ石小屋手前あたりからクラストした路面が多くなる。ブナ坂で石尾根に上がると風はそれほどないのに急激に気温の低下を感じた。雲取山頂までクラストした滑りやすいトレイル、ほとんどのハイカーが「ちゃんとしたアイゼン」を装着していた。
.
○ 記録
留浦(とづら)でバスを降り鴨沢まで歩くあいだ、そして小袖乗越まで、静かに舞っていた雪は堂所に向かうまでに止んでしまった。気温が低い。七ツ石小屋の手前、ロープの張られたトラバース道のあたりで小屋の女将さんに会う。「こういう状態だから山に入る人をチェックさせてもらってるのよ」とのことだった。
クラスト気味のトレイルは石尾根に上がるとハッキリ滑りやすくなる。スケートリンクみたいな場所もある。滑落の心配がないので、やれるところまでやってみようと滑り止めを着けずにツルツル滑りながら歩き、雲取山頂まで歩き通した。
登りなのにバラクルバで口と鼻を覆い、ソフトシェルの袖口や襟元をきっちり締めてもまだ冷たい。指先が最悪で、安物ではなくちゃんとしたグローブを買う必要があるようだ。行き違ったのはソロ男子は3人だったか、数人のパーティが2組、ツァッケが前に飛び出た(12本爪)アイゼンを見かけてびっくりしたが、いちぶを除けばハイカーというよりアルピニストと呼んだほうが良いような装備と脚運びの登山者が歩いていた。先週もこのトレイルを歩いたのに印象が全然ちがう。おなじ雲取山とは思えない。
避難小屋でエネルギーを補給し、冷たくなった指先をこすって回復を図ったが、こんな日にテルモスひとつ・火器ひとつ持たずにやってくるのは本当に愚かだ。
チェーンアイゼンを着けて下降を開始する。七ツ石小屋が近づくころから泥が団子になるので小屋の休憩広場ではずした。水分を摂ろうとしてハイドレーションが凍っていることに気づく。小屋から鴨沢まで、なぜかコースタイムが落ちていのは寒気に怯える必要がなくなり精神的にのんびりと歩いたからだろう。その自覚もある。

登山中の画像
登山画像
鴨沢の集落をわずかに登って振り返る。
登山画像
おなじく。
登山画像
林道からトレイルへ。
登山画像
七ツ石小屋。先週とうってかわって眺望なし。
登山画像
小屋の水場のあたりか。
登山画像
ブナ坂。振り返って撮影、右から上がってきた。…
登山画像
ボコボコのツルツル。
登山画像
良い天気にこしたことはないが、ニュアンスのあ…
登山画像
眺望なし。
登山画像
避難小屋の寒暖計。2枚の扉の内側で、ちょうど…
登山画像
七ツ石小屋のHPによれば、駐車場まであとわずか…
登山画像
降りるとプレーンな風景に戻っていた。
この山行での装備
【その他】 サロモンのX Ultra 3・モンベルのストレッチゲイター・モンベルのチェーンアイゼン(雲取山頂~七ツ石小屋間の下降のみ使用)。テスラの冬用起毛タイツ・ユニクロのショートパンツ。テスラの冬用起毛インナーに薄手フリース・マムートのソフトシェル・モンベルの薄手のバラクルバ・モンベルのヘルメット・ノーブランドのロンググローブ。ザックはロウアルパインの25リッターに、雨具・ユニクロのライトダウン・ロールペーパー・ヘッドランプ・スマホ・バッテリー充電器と予備電池・ボイスレコーダー・ココヘリ発信機・地図、カロリーメイト3パック、下山後の着替え一式。キャメルバックのハイドレーションに薄めのスポーツドリンク1.5リッター(残量1.0L)。スタート時重量6.5kg。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月8日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。