登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
湯河原縦走 ~城山・幕山・南郷山~ 城山、幕山、南郷山(関東)
img

記録したユーザー

カモネン さん

この登山記録の行程

JR湯河原駅(7:45)⇒ 城山・土肥城址(8:55/9:05)⇒ 椿台(9:20/9:30)
 ⇒ しとどの窟(9:40/9:45)⇒ 一ノ瀬橋(10:05)⇒ 幕山登山口(10:15/10:40)
 ⇒ 幕山(11:25/11:35)⇒ 自鑑水分岐(11:45)⇒ 自鑑水(11:50)
 ⇒ 南郷山(12:20/12:30)⇒ 白銀林道出合(12:55)⇒ 五郎神社(13:35)
 ⇒ JR湯河原駅(14:10)


総距離 約19.3km 累積標高差 上り:約1,476m
下り:約1,476m
積雪を避け、今回は海の近くの低山に来てみました。城山(土肥城址)⇒幕山⇒南郷山の3つを縦走するコースです。

スタートは湯河原駅。城山に向かって住宅地の舗装路をウネウネ登ります。が、これが意外にかなりの急傾斜。あっという間に汗がポタポタ。ちょっと舐めてかかってました。だいぶ登ったあたりで「兜岩」の看板のある分岐から舗装路を離れて山道へ。そして、一旦舗装路に合流した後、その先の標識のところから再び山道に入って詰めていくと城山。ここは平安・鎌倉時代の土肥城の跡。広々とした芝生のスペースで見晴らし抜群でした。

城山からは緩やかなアップダウンで椿台に到着。公衆トイレと駐車場があります。そこからトンネルをくぐり、記念碑や石仏のある場所から山道を下ると「しとどの窟」。石橋山の合戦で敗れた源頼朝が身を隠した場所だそうです。

しとどの窟から沢筋の道を一気に下ると林道のヘアピンカーブ部分に出ます。これを右方向に下ると山の神の祠のある一之瀬橋。咲き始めた梅の花の香りを楽しみつつ、ゆるゆると下っていくと幕山公園に到着。折しも前日から「梅まつり」が始まっていたようで観光客多数。出店もあったので持参の乾燥食は食べずに天ぷらうどんをいただきました。

腹ごしらえとトイレを済ませたら幕山へスタート。梅林の中を登っていくと前方にヘルメット姿の人だかり。何だろうと思ったらフリークライミングの人達でした。公園近くにある岩壁がお目当てのようです。梅林を抜けるとジグザグの急登が延々と続きます。汗が顎から滴るほどで、とてもとてもハイキングコースのレベルではなく、ヒイヒイ言いながら山頂に到着。大勢の人が芝生の上で昼食中でした。

さて、最後の目的地、南郷山に向かいます。標識に従って幕山から緩やかに下ると舗装路と合流。これを跨いで向こう側の山道に入り、程なくすると自鑑水という小さな池。ここも源頼朝ゆかりの場所でした。で、ここまでは良かったんですが、この先で久しぶりにロストをやらかしてしまいました。自鑑水から沢道を登ると突然広い林道に出ます。未舗装ながら車が余裕で通れる幅ですが、地図にはそれらしき記載はなし。方角的には左方向のはずなので未舗装の林道を左に少し進むとロープが通せんぼ。お構い無しにロープをくぐって進むと道の方角が反対になったので仕方なく逆戻り。すると、さっきの通せんぼロープのところから右に下る山道あり。ロープに目が行ってしまって全く気づきませんでしたがこれが正解。おそらく林道の拡幅・新設で道の状況が変わったと思われます。南郷山から来た人もロストしてました。ピンクのビニルテープの誘導はありましたが、やはり標識が欲しいところです。

どうにか南郷山に着いてひと息入れた後、真鶴半島を直下に見ながら下ります。今日は終日天気が良く、相模湾、初島、伊豆大島、大室山、真鶴半島、三浦半島が丸見えでした。海のすぐ近くなので開放感が半端ないです。それで気が緩んだわけではないんですが、3人でしゃべくりながら舗装路(白銀林道)を歩いていたら五郎神社方面への分岐標識を3人とも見落としてオーバーラン。慌てて戻り、ゴルフ場の縁を通り、五郎神社を経由して湯河原駅に到着。6時間半の楽しい山歩きでした。

登山中の画像
登山画像
近道を通りました。
登山画像
ここから兜岩を経由してショートカットします。
登山画像
兜岩。
登山画像
ここから舗装路を逸れて城山山頂へ。
登山画像
城山山頂。土肥城址でもあります。
登山画像
椿台の公衆トイレ。
登山画像
しとどの窟へはこのトンネルを抜けてから右に下…
登山画像
しとどの窟は左に50m。
登山画像
しとどの窟。多数の石仏。
登山画像
ここで舗装路(ヘアピンカーブ部分)と合流。
登山画像
一之瀬橋。奥に見えるのは山の神の祠。
登山画像
幕山公園。駐車場・トイレ・休憩所あり。
登山画像
ここから幕山へ。
登山画像
梅林を抜けていく急登。
登山画像
フリークライミングの人たち。
登山画像
幕山山頂。広い芝生のスペース。
登山画像
自鑑水分岐。右に行くと自鑑水。
登山画像
舗装道路を跨いで向こう側の山道に入る。
登山画像
自鑑水。
登山画像
南郷山付近はこういった笹薮の道が多い。
登山画像
南郷山山頂。ちょっとした芝生のスペース。
登山画像
南郷山から少し下ると真鶴半島がバッチリ見える…
登山画像
ここで白銀林道に合流。
登山画像
ここを真っ直ぐに下るのが正しい。
登山画像
五郎神社。
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、修理用具、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、行動食、テーピングテープ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カモネンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カモネン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月4日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。