登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
沼津アルプス・奥沼津アルプスまとめて縦走(2回目) 茶臼山、大嵐山(日守山)、大平山、鷲頭山、小鷲頭山、志下山、徳倉山、横山、香貫山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

カモネン さん

この登山記録の行程

原木駅(8:00)⇒ 原木登山口(8:10)⇒ 茶臼山(8:25)
 ⇒ 大嵐山(日守山)(8:40/8:50)⇒ 新城分岐(9:15)⇒ 大平山(9:40/9:50)
 ⇒ 多比口峠(9:55)⇒ 鷲頭山(10:20/10:30)⇒ 小鷲頭山(10:35)⇒ 中将祠(10:40)
 ⇒ 志下峠(10:45)⇒ 馬込峠(10:50)⇒ 志下山(10:55)⇒ 志下坂峠(11:00)
 ⇒ 徳倉山(11:20/11:30)⇒ 横山峠(11:45)⇒ 横山(11:55)⇒ 八重坂峠(12:05)
 ⇒ 香貫山(12:30/12:40)⇒ 黒瀬登山口(12:55)⇒ 沼津駅(13:15)


総距離 約14.9km 累積標高差 上り:約1,315m
下り:約1,321m
低山ながら「アルプス」の名にふさわしい峻険さを誇る沼津アルプス。4年前に踏破済みですが、あのドS級の急坂が忘れられず、ここにきて2度目の奥沼津&沼津アルプス縦走です。
原木駅(無人)を出発して石堂橋を渡った先の登山口からスタート。大嵐山(日守山)までの区間は「山と高●地図」では破線のバリエーションルート扱い。しかし、登山道は極めて明瞭。何の技術も心配もいりません。最初のピーク・茶臼山の手前のY字分岐は右に進みます。すると、藪だらけで立入不可能のピークを横目にさらに進んだ先に山頂標識があります。
さて、ここからが「アルプス」の本領発揮。次から次へと急な登り下りが出現。トラロープをつかまないと、とても登り切れない傾斜の連続。滝のように汗を流しつつ大嵐山到着。こにには展望台があって富士山がバッチリです。
次に目指すは大平山。大嵐山山頂公園の柵に沿って南に進み、看板のある地点で柵を乗り越えます。引き続きロープのお世話になりながら、新城分岐でぐいっと左折して進んだ先が岩場の始まり。ロープ・ハシゴを使いながらのワイルドな岩稜地帯は岩場好きにおススメ。通過所要時間は10分間ほど。そして、岩場を過ぎ、急坂をロープで登れば大平山。この時点でもう既にヘトヘト。
一息入れたら鷲頭山へ。多比口峠と多比峠には地元の方のお手製の道標。沼津アルプスは道標が充実してまして道迷いはまずありません。が、アップダウンは相当に強烈。これで何度目?というロープ頼みのアップダウンの連続を経て、鷲頭山・小鷲頭山・中将宮を通過。志下峠からはアップダウンがなだらかになり、駿河湾と伊豆半島の景色を楽しめます。小鷲頭山も眺望はいいんですが、志下山付近の方が空が開けていてパノラミックです。
志下坂峠から先はまた樹林帯の強烈アップダウン。徳倉山山頂の芝生広場で富士山の眺めを楽しんだ以外はほぼ全て修行のような山行。横山山頂ではあまりのアップダウンのきつさにへたり込んでいる初老の男性に会いました。
が、八重坂峠まで来ればようやくロープ付きの急坂は終了。標識に従って舗装路をゴルフ練習場を巻くようにゆるゆると登り、「桜台」の標識の地点から木段を登れば本日の最後の香貫山に到着。電波塔が建っているので遠目にもわかりやすいです。
あとは香陵台に向けて下るのみ。香陵台には慰霊碑と五重塔が立つ広場(休憩所)があります。五重塔の脇を抜けて裏に回り込んで階段を下りていくと黒瀬登山口。いやはや今日はいったい何回登り下りを繰り返したことやら。あと2座残っていたら、太腿が痙攣していたでしょう。
低山だからと嘗めてかかると痛い目に遭う厳しい山だけに市街地至近のコースの割には出会う人が少なくて静かな山行が満喫できます。特に奥沼津アルプスはほとんど人がいないし変化もあって魅力的なルート。脚に自信のある方は是非!

登山中の画像
登山画像
原木駅は無人。ホームにトイレあり。
登山画像
登山口へは石堂橋を渡る。
登山画像
原木登山口。
登山画像
茶臼山(128m)。本当のピークは奥に見えている…
登山画像
大嵐山(日守山)頂上の展望台。
登山画像
大嵐山展望台から見たところ。〇から登ってきた…
登山画像
大嵐山から大平山へはこの柵を越えて行く。
登山画像
新城分岐。標識に従い、ここで「く」の字に曲が…
登山画像
ハシゴのかかった岩場地帯。
登山画像
なかなか手強い岩場。
登山画像
岩場の途中にある見晴台。
登山画像
ここで岩場が終了(逆行なら始まり)。
登山画像
急坂はロープ頼り。
登山画像
広い大平山山頂。
登山画像
多比口峠。
登山画像
岩を切った石段。
登山画像
多比峠。ここから鷲頭山への最後の急坂。
登山画像
鷲頭山山頂。神社あり。
登山画像
小鷲頭山山頂。駿河湾がよく見える。
登山画像
相変わらずの急坂。
登山画像
中将宮。
登山画像
志下峠。右にあるのは「ぼたもち岩」。
登山画像
志下山山頂。見晴らし良し。
登山画像
志下坂峠。
登山画像
徳倉山手前の分岐。ここを左に下ると香貫の市街…
登山画像
徳倉山山頂。広い芝生の広場からは富士山がよく…
登山画像
鎖の手すりで下っていく。
登山画像
横山山頂。
登山画像
八重坂峠。ここで車道に出る。
登山画像
香貫山へは〇のところから八重坂を登る。
登山画像
八重坂を登り切って再び舗装路に出る。
登山画像
ゴルフ練習場の先のここから香貫山山頂を目指す。
登山画像
香貫山へのアプローチ。
登山画像
電波塔のある香貫山山頂。
登山画像
慰霊塔のある香陵台に出てきた。登山道は左(←)…
登山画像
県道139号線沿いにある黒瀬登山口。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カモネンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カモネン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年6月2日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん!
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん! 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」。多くの方からレシピのアイディアを投稿いただきました!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?