登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
雪のトレッキング 亀甲池と双子池(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

yasuhiro さん

この登山記録の行程

竜源橋(06:30)・・・将軍平分岐(08:00)・・・亀甲池分岐(08:10)[休憩 10分]・・・亀甲池(08:30)[休憩 30分]・・・双子池(09:40)[休憩 80分]・・・亀甲池(11:40)[休憩 30分]・・・亀甲池分岐(12:30)・・・将軍平分岐(12:40)・・・竜源橋(14:00)

総距離 約10.4km 累積標高差 上り:約627m
下り:約627m
コースタイム 標準:5時間15分
自己:5時間
コースタイム倍率 0.95
厳冬の亀甲池と双子池を見たくてトレッキングしました。

入山は竜源橋登山口。駐車場は10台程度。
早朝到着しましたが、昨日入山したと思われる同じ県の車が2台停まっていました。途中、テントを張っている人がいたので、彼らかもしれません。
この登山口は、蓼科山登山口として利用する人が多い、ビーナスラインの女神茶屋の少し下になります。この日、女神茶屋は超満車だったようで、帰りに車が路上やほかの駐車場にあふれていました。
しかし竜源橋の駐車場は、私が入山時には例の2台以外はまだだれも来ておらず、帰りにも7台でしたので、かなりゆとりがあるようです。

このルートはだらだらした登りがずっと続きます。歩き始めて2時間弱で、蓼科山の将軍平に行くルートとの分岐があり、それをまっすぐいくと、大河原峠と北横岳との分岐である天祥寺原に出ます。
ここは人が少なく、この辺りまで来るとトレースはしっかりしていません。天祥寺原から先は、ふたりくらいの足跡だけになりました。たまにひざ上までズボっと来てしまい、歩くのがちょっと大変でした。

亀甲池で休んでいると数人がやってきましたが、みな北横岳へ登っていきました。双子池へ向かうのは私だけ。亀甲池から双子池へのルートは小さな峠越えですが、雪が踏み固められていないためちょっと疲れました。
この日は靴だけで歩きました。軽アイゼンは携行しましたが、はかなくても大丈夫でした。でも、スノーシューを持っていたらはいたでしょう。

双子池は、もう何日も誰も来ていない感じ。ヒュッテや池の周囲には人間の足跡はまったくありませんでした。動物の足跡はたくさんありましたが。

この日はうららかな日和で、双子池で食べたお昼はとてもおいしかったです。

ということで、のどかで楽しいトレッキングとなりました。次に蓼科山に登るときには、ぜひこのルートを利用したいと思いました。

登山中の画像
登山画像
竜源橋登山口から入山。多くの人が利用する女神…
登山画像
最初から積雪がありました。このルートはだらだ…
登山画像
積雪はどんどん増えてきます。このあたりの河原…
登山画像
2時間弱で、蓼科山の将軍平への分岐に到着。こ…
登山画像
そこからトレースはほとんどなくなります。スキ…
登山画像
すぐに天祥寺原に到着。画面の左に行くと大河原…
登山画像
真新しい足跡が二人分。これがなければ道がわか…
登山画像
亀甲池に到着。休んでいる間にふたりっやって来…
登山画像
亀甲池はまだ厚い氷の下。私がいるのは池の上。
登山画像
双子池までは軽い峠越えです。ここは、夏は神秘…
登山画像
亀甲池から40分で双子池に到着。こちらは雌池。…
登山画像
双子池ヒュッテの周辺は、もう何日も誰も訪れて…
登山画像
ヒュッテの向こうにある雄池。大きな岩がゴロゴ…
登山画像
雌池の上に小動物の足跡。イタチでしょうか、オ…
登山画像
再び亀甲池。この池は、底の石が六角形の蜂の巣…
登山画像
岩の周りの雪が解けていて、氷がむき出しになっ…
登山画像
ここから天祥寺原へ向かうルートからは、蓼科山…
登山画像
ここからは山頂ヒュッテが見えます。まだ半部以…
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yasuhiroさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    ロープウェイの点検運休に伴いヒュッテも休館中。この冬は過去に例のないほどの少雪でしたが、現在の積雪量は平均で1m近くあります
    20年04月06日(月)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    小屋周辺は残雪期の景色。小屋のテラスにホシガラスが帰ってくるようになりました
    20年04月03日(金)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    降った雨が凍結し、小屋までの登山道はほぼ全区間がアイスバーン。登山口付近は特に注意
    20年04月03日(金)
    硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    春山らしさを感じられるようになりました。森林限界までは残雪が多く、暖かい日はスノーシューの利用をおすすめします
    20年03月28日(土)

yasuhiro さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年4月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー
「ジャック・ウルフスキン」ブランドヒストリー ドイツ生まれの「ジャック・ウルフスキン」は最新技術と持続可能性を両立したものづくり。雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...