登山記録詳細

ハイキング
参考になった 4
槇寄山~笹尾根縦走 富士山撮影 メタボ登山2020 槇寄山(関東)
img

記録したユーザー

野良耕筰 さん

この登山記録の行程

武蔵五日市駅BS07:10・・・08:08仲の平BS/槇寄山登山口・・・09:10太平分岐09:14・・・09:57西原峠・・・10:00槇寄山10:22・・・西原峠10:25・・・10:46笹ケ峠10:53・・・11:08数馬峠11:18・・・11:56笛吹峠12:00・・・12:20丸山/昼食12:58・・・小棡峠13:20・・・13:50土俵岳14:00・・・日原峠14:13・・・14:57浅間峠15:15・・・浅間峠登山口16:03・・・上川乗BS16:23・・・17:00武蔵五日市駅BS

総距離 約13.9km 累積標高差 上り:約1,080m
下り:約1,343m
コースタイム 標準:5時間40分
自己:7時間17分
コースタイム倍率 1.29
友の「槇寄山からの富士山はデカいから」と、アウエーの五日市線で笹尾根へ。
相変わらず山が深く、約1時間のバスは寒くトイレが心配なメタボ隊でしたが何とか無事に仲の平BS登山口まで到着。今回は奥の方に座り足回りが少しは暖かかった様な。

 今回の目的は「富士山撮影」。昨年の12月大岳山以来の山行。2カ月鈍った足はどうなるか心配。でも今回は新兵器持参「グーグルピクセル3a(以下GP3a)」そうです。野良耕筰もスマフォデビューしたのです。2G(爺)は3G(ぱかぱか携帯)が終わるので倍の4Gに替えたのです『倍返しだ!』? 写真は滅茶苦茶デジタル技術でいじっているので「すごくキレイ」に撮れます(スマフォのモニターでは)。でもこの投稿はW300です・・・何か?(現時点では電話の使い方も理解していません・・・ ;´д` )

 天候は「天皇誕生日」の日本晴れ!そして尾根に出ると南西の「富士おろし」が強く寒い。北西の風がいろいろ変化して槇寄山の頂上では富士山方向から吹いていました。日当たりの良い微風の笹尾根を浅間峠方面へ縦走。 それでは始まり、始まり!


【 武蔵五日市駅BS~仲の平BS~登山口 】・・・約1時間の乗車は・・・。
 アウエーの武蔵五日市駅に到着。トイレでスッキリしていたのでバス停は長い列。約1時間の乗車だから座って行きたいが無理・・・と思ったが「ヤングな山娘」が数名立っていてメタボ隊はギリギリ座れました(ありがとう山娘!)。今日は「野良雲の無い富士山」が見られそう。トイレも我慢出来て仲の平BSに到着「五人隊」も一緒に下車。笹尾根かと思いきや三頭山方向へ・・・何処へ?

【 仲の平登山口~太平分岐~槇寄山 】・・・目指すは槇寄山!富士山写真。
 バスを降り、秋川に架かる「南橋」を通過。舗装路を道なりに少し行くと最初の分岐。右に曲がり道なり。民家の勝手口横を通過。畑を過ぎると道標:10-030でクマ鈴を装備しヤカマシクなるメタボ隊。2カ月振りの山道も「メタボ隊標準速度」で軽快に登坂。足元は霜でぬかるみ無し快適。
 川井からの「棒の嶺コース」の様な急斜面なしに上る(ということはダラダラと長~い)。大股で歩くと太ももが攣るので靴半分だけ小股(日向和田から日の出山で経験済み)。土留めにもなる木の階段で整備されているのだが。苦手!
「太平分岐」30分で到着、水休憩。九頭竜神社は此処から下りるのかとニヤリ。
少し行くと「国定忠治が遠見した所」???何処を見たのでしょう大岳?御前山?
 日当たりの良い斜面に出ると「裏見の大岳山と御前山」。青梅側から見る大岳山とまるで逆です。ずいぶん山深い所に来たと改めて感じました。やっぱアウエーです。ここから約30分で「西原峠&槇寄山」本日の目的地到着。日陰の道は霜と枯葉で歩き易かった。西原峠は無風。すぐそこの槇寄山へGo!

【 槇寄山の山頂にて 】・・・木花咲耶姫は御機嫌斜め?すごく冷たい姫様!
 無人の槇寄山に到着。友の言うように「槇寄山からの富士山はデカい!」大岳山から見るのとは確かに倍は違う気がした。新兵器「GP3a」と相棒のW300で撮影。
 木花咲耶姫は強い南西風を吹かせ「ナニ、観てんのよ!」と不機嫌な様子。やっぱメタボ隊は「山神様推し」です。富士山はやっぱ・・・無理だと思う。

【 槇寄山~笹ケ峠~数馬峠 】・・・ほとんど無風で快適な尾根歩き。
 富士おろしの吹き荒れる槇寄山をあとにして、西原峠まで来ると「無風」の楽しい尾根歩き。天気は最高だし足も快適に動く、尾根歩き最高~!
 笹ケ峠で水休憩しながら富士山をパチリ。だんだん裾野が見えなくなる少し淋しい。
唐松林を過ぎると下りになり数馬峠。遠くに町が見えるのは上野原町でしょうか。

【 数馬峠~笛吹峠~丸山 】・・・全部、青い! 笛吹は読めない!
 数馬峠で10分休憩。ここは無風でポカポカ暖かい。見上げれば全部青空!富士山をまったりと鑑賞し。昼食は丸山で摂ることにして発進。途中に「浅間尾根登山口BS」への分岐あり。さらに進むと「上野原町藤尾分岐」。太い「一本赤松?」が見えたらもう直ぐ笛吹峠。
 笛吹峠は「うずしき」峠と読みます(絶対に読めない!人里も!)。「笛吹BS分岐」でもあります。ここには「大日」と彫ってある卵型の石道標が鎮座しています。
 丸山分岐道標は見落としそう。「丸山」山頂はアッという間に到着(上高岩山ほど近くはないが)メタボ隊速度で3分かな。

【 丸山の山頂にて 】・・・楽しい昼食! 後期高齢者隊と接近遭遇。
 丸山からの富士山は雪の山頂部のみで少し淋しくなるが、楽しい昼食。今日は「剛力パック&燻製チーズ」尾根歩きは手軽に摂れるものが良い(長く歩くから時短食)。親子隊はコッヘルを焦がしながら炒飯・・・40分・・・。人それぞれの楽しみ方・・・。
 食事中「後期高齢者隊」がバラバラに山頂へ到着(メタボ隊と同じで少し笑ってしまった)。数分居ただけでピストン下山。みんな元気! メタボ隊も少し遅れて下山開始。

【 丸山~小棡峠~土俵岳 】・・・再び難問「棡」!後期高齢者隊と再会。
 山頂の背の低いクマザサの中を下ると再び植林地帯。時間的に雪面が反射するプラスチック「輝富士」が木の間に見え、そろそろ見納めの富士。
 そしてまたまた出てきた難読漢字「棡」!!「木」「岡」は知っているけど読めない。
今回は棡原地区から「小棡峠 こゆずりとうげ」としました(外様の人も分かるようにローマ字表記してほしいZ!)。
 土俵岳手前で「後期高齢者隊」に再会。82歳の大お姉さんは太ももが攣り気味で休憩中。「歩幅を靴半部短くして歩く」とアドバイス。頑張れ大お姉さん!と休まず追い越す。
 「土俵岳」ほぼ展望なし。休憩中に後期高齢者隊に追いつかれ暫し合流会話。バナナチップスが体力回復に良いと思いさし上げる。靴半分短く歩くと「よくなった」と・・少し気を使わせてしまったか・・・。

【 土俵岳~日原峠~浅間峠 】・・・登り返し苦行。 尾根道の終点かよ!
 土俵岳から急な下り。耐久レース道標25km、24.7km(漢字の回答)人里分岐。
 日原峠手前に最大の「登り返し」あり・・・意外とサクサク通過(稲村岩尾根の偽ピーク経験済み)。でも再びピークが見えた時は心が折れそう。友は余裕??越えると浅間峠があることを知っていた!
 最終地点の「浅間峠」で休憩・・・チョッと気になる周りの景色。「後期高齢者隊」も無事合流。82歳の大お姉さんは今年の夏に「中央(北?)アルプス」に行かれるとのこと凄い!メタボ隊も掟破り「森林限界越えの至仏山」計画中。
 浅間峠は終点でバス停までは近いと思っていたら「尾根の終点かよ!」どおりで山の景色が平地に近い感じじゃないと思った。

【 浅間峠~登山口~上川乗BS~武蔵五日市駅 】・・・最後は下りの苦行。
 陽の傾いた山道を無言で下る。バスに間に合うかギリギリのメタボ隊速度。特に厳しい所は無いが、御岳山の山道参道と同じくらいを歩く。途中で祠を見たが先を急ぐので写真のみ。
 小さい橋が見えたら登山口です。上川乗BSまで約10分!バスに間に合いました、しかも座って武蔵五日市駅まで。富士山をキレイに撮れたし今回も「友よ、ありがとう!」。


 今回の山行はアウエーの五日市線。やはり山が深いという感じでした。最近は雪が残る春先の遭難死亡者は聞きませんが、遅雪が降ると全然違う尾根道の様な気配はありました。雪があるときは来たくないかな。次に来るときは「三頭山」を目指したい!

やっぱアウエーの山行記録は時間がかかる。難しい漢字や、区切る範囲が面倒くさい。でも次はもう少し手際よく書けそう。最後に「2月の槇寄山からの富士山は最高です!」。

登山中の画像
登山画像
0702 武蔵五日市駅。バス停、殿でもギリギリ座…
登山画像
0809 仲の平BS。先行隊は三頭山方向へ直進。
登山画像
0810 道を左入り奥にみえる仮想槇寄山へ。遠い…
登山画像
0811 秋川に架かる「南橋」を渡る。
登山画像
0821 直進するとトイレが、、、未確認。
登山画像
0821-01 右側の道へ。
登山画像
0827 まだ咲いてない。良い感じの桜?
登山画像
0835 人家の横を通り、いよいよ山道へ。
登山画像
0839 道標:10-030からクマ鈴!
登山画像
0846 雨の日は川かな?
登山画像
0853 道標10-040
登山画像
0905 こんな感じの登りが続く。
登山画像
0908 赤松林?松茸??
登山画像
0910 大平分岐。下ると「数馬BS。九頭竜神社…
登山画像
0916 御前山?
登山画像
0920 「国定忠治が遠見した所」 御前や大岳を…
登山画像
0920-02 遠見柱と道標:10-060の関係(振り返り)
登山画像
0920-03 馬の背尾根2。
登山画像
0922 日当たりの良い道。
登山画像
0924 恨みの・・・裏見の大岳と御前山?
登山画像
0928 山道は霜が降りてる。だから足元は快適。
登山画像
0931 無風。快適に登る・・・と・・・(苦行中)
登山画像
0944 北斜面でもいい角度で陽が入る。
登山画像
0955 日陰の西原峠直下。
登山画像
0957 西原峠到着。目指すはすぐ横の槇寄山!
登山画像
1000-01 野良耕筰が「木花咲耶姫」を遠見した図…
登山画像
1001 槇寄山三角点と頂上道標。富士颪がキツク…
登山画像
1011 野良雲が掛かりそう!
登山画像
1016 頂上気温7℃弱(7.3℃)。南西風強シ!
登山画像
1025 富士山撮影成功!本日の目的達成で槇寄・…
登山画像
1032 笹尾根看板と御前山?
登山画像
1041 時々振り返る。順光の青空と木々がキレイ。
登山画像
1042 前を見るとなだらかな尾根道。
登山画像
1045 台風で倒れた木?
登山画像
1047 笹ケ峠。 道標12-080で休む。
登山画像
1047-01 道標12-080より富士山。今日は野良雲が…
登山画像
1053 耐久レース30㎞地点。山道でレースすんな…
登山画像
1103 唐松林?雲取の石尾根みたい。
登山画像
1105 下る。あの山は登り返さないよね、、ね!…
登山画像
1108 前方に上野原?の町が見える。
登山画像
1109 数馬峠。下ってきた道を振り返る。
登山画像
1113 数馬峠からまったりと富士山。
登山画像
1118 数馬峠を発進!
登山画像
1123 楽しいダラダラ下り。膝にも優しい。
登山画像
1131 道標:南21。1118m。浅間尾根登山口BSへ…
登山画像
1133 下草が、またクマザサに変わった。
登山画像
1138 道標:12-050 上野原町藤尾分岐。
登山画像
1140 てんてん隊の報告にあった。食害防止テー…
登山画像
1151 「目立ちの一本赤松」?
登山画像
1154 上野原町環境協会の道標
登山画像
1155 何か見える。笛吹峠(約1000m)でした。
登山画像
1156 笛吹峠の大日石道標。「みぎ かづま」「…
登山画像
1156-01 道標:12-030「藤尾、笛吹BS分岐」。笛…
登山画像
1218 丸山への道標。右入ルと数分で山頂。
登山画像
1221 丸山1098m登頂成功。分岐よりメタボ隊速…
登山画像
1222 富士山が少し見える。
登山画像
1228 今日のお昼は「剛力パックと燻製チーズ」。
登山画像
1258 丸山の山頂。メタボ隊発進!
登山画像
1258-01 クマザサの中を下山。 ♪クマ鈴リンリ…
登山画像
1316 雪面が反射する「輝富士」。写真では反射…
登山画像
1318 道標:75-040。小棡峠、笛吹BS分岐。
登山画像
1320 上る。
登山画像
1320-01 道標:75-050。小棡山?1046m頂上。 …
登山画像
1326 土俵岳方向へ下る。
登山画像
1342 82歳の大お姉さんと再開。土俵岳手前、日…
登山画像
1350 土俵岳の道標:75-060。 右:大岳。左:…
登山画像
1403 急な下り。
登山画像
1408 耐久レース25㎞地点。山道でレースすんな…
登山画像
1412 壊れかけの道標~♪ 漢字テスト?飲料水5…
登山画像
1412-01 漢字テストの裏側。耐久レース24.7㎞地…
登山画像
1412-02 道標:75-070。猪丸-人里分岐。
登山画像
1414 浅間峠まで1.9㎞。あと少し??
登山画像
1423 あの~。あの山は越えないよね。
登山画像
1425 友「越えない越えない。記憶にないから・…
登山画像
1426 さあ、巻道の始まり・・・・
登山画像
1428 友「スマン!きつくて記憶が飛んでた!!」
登山画像
1431 地図で見た笹尾根最大高低差はこの場所で…
登山画像
1434 山頂碑も無い。無名丘?877mでした。
登山画像
1434-01 左を見ると御前山。
登山画像
1440 冬枯れが楽しい山行。
登山画像
1440-01 道標:75-100。
登山画像
1451 またまた上り。
登山画像
1454 何もない。でも友は知っていた。
登山画像
1455 頂上に着くと、前方下方に小屋が見える事…
登山画像
1457 浅間峠の東屋!約835m 
登山画像
1457-01 来し方を望む。ここは尾根から下る出発…
登山画像
1515 このあと。登山口まで45分ひたすら下り続…
登山画像
1518 カメラは陽が傾きスローシャッターに。
登山画像
1523 左側急斜面。
登山画像
1533 祠発見!下山でいっぱいのため確認せず。
登山画像
1600 橋だ!あと少し。登山口が見えた。
登山画像
1603 登山口到着!すごくタフなコースでした。…
登山画像
1605 奥がバス通り。バス時間16:23。
登山画像
1609 南秋川橋越えるとBSまで少し。
登山画像
1613 上川乗BS。裏方向にトイレあり。帰りも…
登山画像
1659-02 無事、JR武蔵五日市駅到着。
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

野良耕筰さんの登山記録についてコメントする
  • mura3 さん
    景気の悪いコロコロした話題が多い中、変わらぬおもしろい記録!(一陣の光です)
    タイトルの写真、いいですね!

  • 野良耕筰 さん
    狛犬の師匠!いつもご贔屓ありがとうございます。

    タイトルの写真はメタボ隊専属モデル・・・専属介護人です。
    時々イイ感じのポーズをしますが、正面からだと目をつむります(笑)。

    今回の山行は「てんてんさん」の逆コース。九頭龍神社で狛犬を撮影
    出来たらよかったのですが・・・スイマセン。

    3月7日に青梅市の平地の陽だまりでカタクリの花が咲いていました。
    次は「御岳山のカタクリ情報」かも。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

野良耕筰 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。