登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
スタンプラリーで筑波山をぐるっと堪能 筑波山(女体山・男体山)(関東)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2020年3月7日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:カーナビには筑波山神社をセット。市営の駐車場はいくつかるが、今回は赤い鳥居の手前左上に入った市営筑波山第3駐車場を利用。500円。140台規模。綺麗なトイレあり。神社付近にもお土産屋さんの駐車場などあるが、800円等割高なところもあるので注意。数100m歩くくらいがちょうどいい。

  • 天候

    曇り時々雪
    [2020年03月07日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

市営筑波山第3駐車場(07:38)・・・筑波山神社(07:53)・・・白雲橋コース登山口(07:55)・・・白蛇弁天(08:06)・・・酒迎場分岐・・・弁慶茶屋跡地(08:30)・・・酒迎場分岐・・・つつじヶ丘駅(09:34)・・・弁慶茶屋跡地(09:53)・・・弁慶七戻り(09:55)・・・母の胎内くぐり(09:57)・・・陰陽石(09:59)・・・出船入船(10:01)・・・北斗岩(10:04)・・・女体山(10:14)・・・かえる石(10:20)・・・筑波山頂駅(10:28)・・・男体山(10:38)・・・大石重ね(10:54)・・・薬王院(11:30)・・・筑波山頂駅(12:57)(昼食~)・・・水場・男女川(13:38)・・・筑波山神社・・・筑波山梅林(14:23)・・・筑波山観光案内所(14:50)・・・市営筑波山第3駐車場(15:00)


総距離 約19.8km 累積標高差 上り:約2,081m
下り:約2,081m
「ヤマスタ」と「つくばエクスプレス」がコラボした「TX×YAMASTA 筑波山スタンプラリー(第4弾)」にチャレンジしようと筑波山にやってきた。スタンプラリーを達成すると、「筑波山観光案内所」で缶バッジ(先着1,000個/デザイン15種)と認定証がもらえるとのこと。しかも、今回は、「筑波山奇岩・怪石スタンプラリー」と「筑波山万葉集スタンプラリー」の2つのラリーが同時開催で、一度に二度美味しい(一度終了したが2020年4月19日まで延長になった)。
早朝からスタートしようと暗いうちから出発したが、どこをどう間違えたか道に迷い駐車場に到着したのが既に7時過ぎ。午前中は晴れ予報だったのに、見上げると曇天の空。春の気温を想定していたのにむしろ肌寒い。よってテンションはダダ下がりのスタートだった。
「ヤマスタ」はスマホアプリで、山頂のように予め定められた場所で、「チェックイン」と呼ばれるスタンプ取得のボタンを押すと、それぞれご当地の綺麗なスタンプがもらえるという仕組み。時々思い出したように使ってはいるが、山頂の手前までは覚えているが、着いた瞬間、絶景に心が奪われてしまうので、いつも下山後に「あー忘れた!!」となり長続きしない。今回は、山頂ではなく、登山コースのあちこちにちりばめられたポイントを巡りスタンプを集めるラリー形式。折角なので、ラリーに加えながら歩いたことの無い登山道も含め、筑波山をいろんな角度で楽しもうと考えた。
筑波山神社にお参りをしてスタート。奇岩・怪石スタンプラリーと万葉集スタンプラリーは、起点となる筑波山神社(周辺)と山頂の共通部分以外は、それぞれのルートにスタンプのポイントが設定されている。
スタンプの配置を確認すると、まずは白雲橋コースで登り、最初のスタンプがある酒迎場分岐から迎場コースに入り、ロープウエイのつつじヶ丘駅方面に進むのが良さそうだった。
白雲橋コースは、筑波山の中でも個人的にお気に入りのコースだ。大きな杉の間をジグザグに進む感じが好きだ。
予定通り、酒迎場分岐でスタンプをゲット。アプリの使い方もだいぶ分かってきた。次に右に折れて迎場コースを進むことになるが、エンジンがかかってきたので、もう少し白雲橋コースの登りを楽しみたくなったので弁慶茶屋跡地まで登ってみることにした。
勢いで登り始めたが、感覚的には、結構、遠かった。休む間もなく、弁慶茶屋跡地で折り返して酒迎場分岐まで戻る。途中で追い抜いた人たちから、「あれ?さっき登って行った人では?」と言うような顔をしている。
酒迎場分岐から迎場コースへ入る。ほぼ水平移動でつつじヶ丘駅へと向かうコースだ。所々に万葉集を刻んだ石碑が建っていた。
ここには2か所スタンプが設定されていたが、1か所押し忘れて一度戻る羽目になった。さっきの白雲橋コースは敢えて遠回りをしたが、今日の歩いた軌跡はきっと迷走したような線になっているに違いない。
つつじヶ丘駅に到着。白いものが舞っていると思ったら雪だった。天気予報がどんどん外れていく。太陽を拝むのはもはや無理だろう。春の雪と思っていたら結構な感じで降ってきた。岩が濡れて滑りやすく注意が必要だった。
つつじヶ丘駅からは、おたつ石コースを使う。おたつ石コースは筑波山の中で最も整備されているコースと言える。距離も短く比較的簡単に登れるのでファミリー向けだ。
大きな「がまがえる」のモニュメントの横を抜け、まっすぐに登っていく。
先ほど折り返した弁慶茶屋跡地に到着。登山者の数も増えてきたようで、多くの方が休憩していた。
ここから山頂にかけては、スタンプラリーの名称にもなっている通り、奇岩・怪石が点在するコースでいつ来ても楽しい。スタンプ忘れのミスがない様、地図を見ながら確実にスタンプをゲットしながら進む。
女体山に到着。いつもなら遠く隅々まで見える関東平野も今日は真っ白だった。目の前の男体山さへ雪で霞んでいた。
寒いので立ち止まらずそのまま男体山へ移動。女体山と男体山でほぼほぼ山頂周辺のスタンプはゲットしたが、奇岩・怪石スタンプラリーの1個が男体山の裏側に位置する自然研究路の中に設定されていた。「大石重ね」と言うポイントのようだ。筑波高原キャンプ場などがある裏登山道は歩いたことがあったが、自然研究路方面は経験がない。地図を確認すると自然研究路の先にも登山ロートが延びていて、薬王院というお寺までつながっていた。更にそこを起点に別なルートで登ってくるルートもあるようだ。面白そうなので周遊することにする。
「大石重ね」で予定通りにスタンプをゲットして、下山していく。
緩やかだと思っていたのは最初だけ。途中から「どんだけ降るんだー!」と思うくらい長い階段が出現。自称、急登ハンターとしてはこちらを登りに使えばよかったか。足がプルプルしそうな階段を見てうっとりするのは我ながら変態だ。でも、意外に登ってくる人が多かったのには驚いた。変態が多いのか?
ようやく舗装された車道が見えた。地図から判断するにその車道を使って左に進めば折り返しの登山口に向かうようだが、その前に気になっていた薬王院へ立ち寄ってみた。小さい山寺を想像していたが、建物や庭園ひとつとっても歴史を感じるとても立派なお寺だった。これは一見の価値あり。
薬王院から先ほどの車道を歩くこと20分。看板も何も出ていないので危うく通り過ぎるところだったが、かすかに獣道のような登山道を発見。まさかこの道が筑波山頂に続いているとは誰も思わないだろう。
少し進むと道もはっきりしてきたが、ところどころ不明瞭な場所があり立ち止まって確認しないといけない個所が幾つかあった。赤いペンキの目印はあったが、テープは設置されていないため、見落としやすく不慣れな方は慎重に歩いた方が良い。そういう自分も最後の最後で道を誤り、思っていたところと違う場所で元のコースに合流した。
山頂に戻り、ケーブルカーの駅の近くでお昼とする。カップラーメンを持ってきたが、こんなに寒くなるとは思ってもおらずダウンを置いてきてしまったので、お湯が沸くまでブルブルと凍えて死にそうだった。
早々に昼食を済ませて、御幸ヶ原コースで降る。御幸ヶ原コースは、ケーブルカーに沿って延びているコースで、そこそこ急でゴロゴロした岩が多い。ケーブルカーの起点となっている宮脇駅まではスタンプがないので、ここは一気に降る。
宮脇駅で無事、スタンプをゲット。残すスタンプは筑波山温泉と展望あずまやの2か所。筑波山神社を通り過ぎて筑波山温泉で1つゲット。展望あずまやってどこだ?と思ったら筑波山梅林の中にあるよう。見ごろを迎える梅園に一度行ってみたいと思っていたので、ちょうど良い機会だ。
入っていくと斜面いっぱいに広がる梅が出迎えてくれた。立体的な作りになっているので、とても見応えがある。こんな素敵な場所があったなんて。新しい名所に気づくというスタンプラリーの効果通りだ。地味に辛い歩道を登っていくと一番上に展望あずまやがあった。スタンプはその手前で既にゲットしていたが、折角なのであずまやから一望する。空が霞んでいて残念だったが、眼下に広がる梅花の絨毯は見事の一言だった。来年は、是非、晴れた日に訪れたいと思った。
駐車場に戻る手前で「筑波山観光案内所」に立ち寄り、全てスタンプをゲットした事に寄ってもらえる金のトロフィーを提示して、記念のバッチ2個と達成記念のカードを頂く。バッチはアプリでゲットしたスタンプと同デザインのもの。いっぱいあるので、選ぶのに迷ってしまった。
遊び心で参加したが、宝探し的要素もあって実に楽しかった。スタンプラリーもたまには悪くないものだ。


登山中の画像
登山画像
朱い鳥居をくぐって筑波山ワールドへ。。。
登山画像
小さなハートを発見。
登山画像
白い水仙が可憐でした。
登山画像
白蛇弁天。ラリーの対象ではありませんでしたが…
登山画像
迎場コースにはあちこちに万葉集の石碑が。。。
登山画像
つつじヶ丘駅からおたつ石コースを登って振り返…
登山画像
弁慶七戻り。さて、かえるは何度戻るのか?
登山画像
母の胎内くぐり。とりあえずお約束でくぐります。
登山画像
北斗岩。これ好きです。
登山画像
女体山につきました。
登山画像
眺望が雪で残念な状態に。
登山画像
男体山も霞んでいます。
登山画像
かえる岩。今日は石を投げるのをやめました。
登山画像
大石重ね。こんな場所があったんだ。
登山画像
初めての登山道はドキドキします。
登山画像
薬王院の庭園。
登山画像
名前はなんだろ。綺麗な花が咲いていました。
登山画像
薬王院近くの車道。ここが登山者の駐車場になっ…
登山画像
さて、登り返します。が、正直、登山口が看板も…
登山画像
筑波山梅林。
登山画像
筑波山梅林の斜面が梅で埋め尽くされています。…
登山画像
やったーゲットしました。「筑波山奇岩・怪石ス…
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    沈丁花って花みたいです。花言葉は「栄光」「不滅」等。いい匂いしていませんでしたか?

  • Yamakaeru さん
    えー鼻博士だ。じゃなかった花博士。^_^
    凄いなぁー。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?