登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
扇ノ山 広留野から周回 扇ノ山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2020年3月18日(水)

  • パーティ

    3人 (いずみやま さん 、師匠 さん 、 Ⅿさん さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:ルート29号八頭町から細見川を遡り
    広留高原最奥に駐車 中国自然歩道を登る

  • 天候

    ☀/☁ 4℃

この登山記録の行程

広留野Ⓟ8:20→河合谷林道出合い9:20→ふる里の森登山道合流10:24→1194mピーク10:35→11:10扇ノ山 昼食11:55→畑ヶ平登山口13:12→来見野川分岐13:56→広留野登山口Ⓟ14:40


総距離 約10.8km 累積標高差 上り:約707m
下り:約704m
↑676m ↓656m 11.6km 6:20分 18,436歩
扇ノ山へ残雪の下見のつもりで出かけてきました。藪漕ぎ覚悟で広留高原最奥から作業道を進み尾根を登って河合谷林道を巡り、再び尾根に取り付いて夏道登山道へ合流します。帰りは中国自然歩道を下り、来見野橋を渡り、広留野へ下山するルートです。

さて、出発は駐車地奥の作業道入口。早速スノーシューを付けます。奥に進むと自然歩道の指導票があり、帰りはここに帰ってきます。登りは道なりに進み、10分ほど歩くと帰りに渡る来見野橋が下に見えてきます。

又しばらく進むと、先人トレースは尾根に取り付く。我々も雪のある斜面を選んで取付き、薄くなった雪を拾いながら登ります。行く手に大杉が見えたところで小休止、体温調節に1枚脱ぐ。

ブナ林の尾根筋を巡ると、上の林道へ出た。扇の山を鉢巻状に周回する河合谷林道だ。時刻は9:20分、ちょうど1時間経過したところ。更に林道を北へ巡ること10分、トレースは林道から沢へ降り、渡渉して再び尾根に取り付いている。我々も後に続き渡渉します。

尾根に取り付きしばらくは急登です。上部で雪は途切れ、スノーシューを脱いで登ります。
尾根に上ると、西にふるさとの森コースが登って来る尾根筋が伸びている。

明るい尾根筋は、オオカメノキ・タムシバ、そしてマンサクが咲いていた。シジュウカラも飛んできて、こちらは侵入者を警戒して鳴いているようだ。

尾根を詰め合流部がふる里の森コースとの出会い、10時24分登山道へ合流だ。植林境界を進み一度下って登り返すと見晴らしの良い夏道の休憩ポストに到着する。枯れた大ブナの根元に説明板が雪に埋もれている。

この先の細尾根が例年雪庇で難儀する核心部だが、今年は快適な尾根の道だった。登り切ったところが、1,194mの標高点。10時43分到着。前方のブナ林を巡り視線を上げると山頂避難小屋が見えている。もう一頑張りだ。

ふる里の森から登った先行者のトレースを使わせてもらいながら、ブナ斜面を頑張ること20分。山頂到着、11:07分この冬お初の登頂です。

避難小屋にはお二人の先行者。リセットされた純白の山腹風景を堪能しながら、ゆったり休憩。小1時間後下山へ向かいます。

下りは、自然歩道を兵庫の畑ヶ平登山口へ向け下ります。
心地よい下りは時間の経過を忘れさせてくれます。そして畑ヶ平登山口へ下山した。
河合谷林道へ乗り換えてさらに下って行きますが、単調な林道下りは疲れます。

13:40分、河合谷林道と、自然歩道が分岐する指導票まで下ってきた。ここで自然歩道は、青ヶ丸山麓を巡り、氷ノ山へ延びる林道へ乗り換えます。さらにしばらく進み、来見野川へ下る道へ分岐します。

雪もだんだん薄くなってきますが、何とかスノーシュウで下れます。13:56分、来見野川へ下る分岐へ到着。植林の中の自然歩道へ入って行きます。そして、14:15分、橋が見える尾根の上に出た。朝見た、反対側の尾根から橋が見下ろせます。

慎重に来見野川を渡り、50m程登り返すと、朝分かれた指導票へ帰り付いた。後は、しばらく作業道を歩いて、14:40分無事、広留野最奥の駐車地へ帰還しました。

詳しいレポはブログいずみやまでどうぞ
https://izumiyama-ogawa.blogspot.com/2020/03/2020318-1310m.html

登山中の画像
  • 広留野最奥からスタート
  • 中国自然歩道の指導票脇を通過
  • 右下に来見野橋を俯瞰
  • 尾根に取り付く
  • 河合谷林道へ出た
  • ふる里の森コースへ合流
  • タムシバ
  • マンサク
  • 細尾根はカンタンに渡れる
  • 登山道休憩ポストで一服
  • 最後の登りを頑張ります
  • 登頂し眺望を楽しむ
  • 山頂避難小屋2階でお昼
  • 下りの眺望
  • ブナ林の下りは快適
  • オオカメノキ
  • 畑ヶ平登山口へ下山
  • 河合谷林道分岐まで下山
  • 来見野川へ下る分岐到着
  • 来見野橋が見えた
  • 来見野橋
  • 朝分かれた自然歩道指導票へ帰還
  • 広留野へ無事下山
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年2月25日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 晴天率が高く、暮らしやすい長野県東部の佐久地域。その魅力と、移住者のインタビューを掲載。オンライン移住セミナーも開催!
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは?
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは? 『山と溪谷』編集部員が「今これが気になっている」というちょっとニッチなアイテムをピックアックし、注目のポイントにクローズ...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...