登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
九州脊梁 国見岳・烏帽子岳(平家山登山口往復)2020 国見岳 烏帽子岳 (九州・沖縄)
img

記録したユーザー

コシアブラ さん
  • 日程

    2020年3月20日(金)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:前日道の駅阿蘇で車中泊
    道の駅阿蘇(5:30)~R265・R218・R445~登山口手前の舗装林道終点(8:15)※途中コンビニ休憩15分位。
    ・R445から登山口までの林道は落石ゴロゴロ,腹摺り何度も。

  • 天候

    晴れ,風が少し冷たい

この登山記録の行程

舗装林道終点駐車場所(08:40)・・・平家山登山口(08:52)・・・平家山(09:56)・・・広河原分岐(10:55)・・・国見岳(11:20)[休憩 9分]・・・五勇山(12:22)[休憩 4分]・・・烏帽子岳(13:08)[休憩 10分]・・・五勇山(13:58)・・・国見岳(14:48)[休憩 7分]・・・広河原分岐(15:10)・・・平家山(16:12)・・・平家山登山口(16:41)・・・舗装林道終点駐車場所(16:49)

総距離 約22.9km 累積標高差 上り:約1,994m
下り:約1,994m
コースタイム 標準:11時間30分
自己:7時間19分
コースタイム倍率 0.64
 平家山登山口から国見岳経由烏帽子岳を往復してきた。
とぞの谷橋駐車場を見逃してその先の舗装林道終点まで行ったので,そこから登山開始。
平家山登山口までは沢沿いの林道を緩やかに登りウォーミングアップ。
登山口で渡渉後にまた沢沿いに登り,砂防ダムを横切り少し行くと本格的な杉林下の急登が始まる。
中腹以降,大規模な立ち枯れの中の斜面を登るが,日当たりが良く振り返ると高度感のある景色でいい感じだ。この立ち枯れの木を見ると焼け焦げた跡があるのでもしかしたら山火事の跡かな?
この立ち枯れ斜面を登りきると直ぐに平家山山頂。広い中に三角点と山名表示板がある。
ここから国見岳まで延々とアップダウンを繰り返しながら,巨木,倒木,苔が多いなかの尾根歩き。
尾根と言ってもかなり幅が広く,午や牛ではなくクジラの背の感じで,更に倒木も多く踏み跡も分散されているので不明瞭なところもあるものの,尾根という安心感と遠目に赤テープを探しながら進めた。
国見山頂は遮るものは無く360度の眺望で,少し霞みながらも久住,阿蘇,祖母,雲仙等々が見ることが出来た。
次は烏帽子岳へ,これまた広い尾根のアップダウンで五勇山へ,登山道はピークを巻く様につけられている箇所もあり,途中小国見岳へ立ち寄り。その後,五勇山の5分位手前で前方の登山者を避けようと左に寄ったら足元に大きな鹿の死骸が横たわっていて,思わず“ウワッ”と声を出してしまった。
まだ死んで間もない様だが,少し他の動物に食された箇所があった。
五勇山の分岐から烏帽子岳へ,ここへはこれまでよりは狭い尾根歩き。途中岩場もあって南側の見晴らしが良い所もある。
山頂は東から南西側までが開けていて,市房山や遠く韓国岳,高千穂の峰などの霧島連山や九州山地の連なる尾根が見渡せここも非常に眺めが良い所だった。
再び国見岳,平家山山頂を通過して立ち枯れ急斜面を無事に降りて来た。
 この山は尾根に上がるまではキツイものの,上がってしまえば縦走路はそれなりのアップダウンなので,快適に歩ける感じだ。
 今日,このコースでは国見岳まで誰にも会わず,恐らく歩いていたのは私だけ。(国見岳から烏帽子岳間は結構会った)
平家山登山口から国見岳を目指す人はあまり多くなく,登山口の名前通り平家山や後平家山を回って,尾根をとぞの谷橋に降りてくる周回コースで歩く人が多いのではないかと思う。
 この登山口にしたのは,沢山歩けるのと,国道から登山口までの距離が他の箇所よりも短いことに惹かれたためだったのだが,烏帽子岳で話した方に言わせるとどの登山口までも同じ感じで車の底が痛んで可哀そうになるとのこと。
ならばこの平家山登山口で正解だったかと。
 熊本県美里町の道の駅 美里「佐俣の湯」で汗を流し,レストランで生ビールと食事,また車中泊で翌日の宮崎県椎葉村の扇山に備えた。
いつもは地元のスーパーで買い出しをするのだが,たまにはプチ贅沢。
 

登山中の画像
登山画像
舗装林道終点に駐車して登山開始。とぞの谷橋の…
登山画像
平家山登山口・・・直ぐ後は沢。このコースは地…
登山画像
この沢を対面へ。斜面を左に行ってあとは道なり。
登山画像
少し上の砂防ダム上。
登山画像
暫く林間の急登歩き。
登山画像
立ち枯れ斜面が現れる。
登山画像
平家山山頂
登山画像
阿蘇山・・・なんとなく噴煙が大きい様な気がし…
登山画像
コシカケ・・・でかい。
登山画像
尾根のような気がしない広さ。結構枯れた大木,…
登山画像
一つ手前のピークから祠のある山頂。ここはニセ…
登山画像
山頂到着・・・祠の左奥は祖母・傾山系と思う。
登山画像
三角点と遠く祖母・傾山系,阿蘇とその奥にくじ…
登山画像
平家山方面とと遠くに雲仙岳。
登山画像
雲仙岳をアップで。その下は天草半島と思う。
登山画像
五勇山,烏帽子岳方面。右奥に霧島連山かな。手…
登山画像
扇山方面の尾根。
登山画像
祠の右に祖母・傾山系
登山画像
小国見岳
登山画像
マンサクが咲いていた。
登山画像
五勇山の分岐
登山画像
この笹薮のトンネルを腰をかがめて,かき分けて…
登山画像
途中の見晴岩から南側方面。遠くにあるとんがり…
登山画像
烏帽子岳到着。下関から来たという二人組と少し…
登山画像
霧島連山をアップで。右,韓国岳,左のとんがり…
登山画像
五勇山分岐手前の笹内の倒木。行きで頭を打った…
登山画像
再び国見岳。
登山画像
阿蘇をアップで。朝よりも少し噴煙が少なくなっ…
登山画像
熊本市街方面
登山画像
雲仙岳と天草半島
登山画像
後平家山に寄り道。・・・あまり山頂という感じ…
登山画像
平家山を通過して立ち枯れ斜面へ。
登山画像
登山口に無事到着。
登山画像
駐車場所に到着。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

コシアブラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年11月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...