登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
一足先に花見の栃原岳 栃原岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん

この登山記録の行程

08:54 小学校前駐車場
09:30 P341
09:44 椎原
10:32 P501
11:10 P508
11:39 華の木峠
12:12 栃原岳
13:45 華の木峠
14:12 県道合流
14:34 小学校前駐車場


総距離 約12.0km 累積標高差 上り:約1,101m
下り:約1,097m
下市南小学校の前の駐車場に駐車

信号を渡ってすぐの階段が取り付きとなっている。登って地形図通りに進むと、大荒れの道で先に進めなくなった。
稜線には地形図の道があるが、そこへ登る道が無いので、途中で斜面を登って行った。
すると道があったので、その道をしばらく道なりに進むと満開の桜が目に飛び込んできた。
一瞬梅か?とは思ったが桜の木だった。

登山道は歩きやすい道だが、農園に入るとき、出るときに柵を乗り越えなくてはならないので、少し危険だ。
原谷を過ぎ、椎原では登山道に入ったが、柵の外側しか行くことが出来ず、柵の外側には道が無かった。
しばらく登ってみたが、結局別の柵に阻まれそれ以上進むことが出来なくなったので、柵の一部が取り外せるようになっていた柵を取り外して、柵の内側に移動し、柵は元通りに固定した。

柵の内側の道は歩きやすく、景色も抜群だったが、農園の柵を頻繁に開け閉めしなければならない。
しかし、桜を眺めながら、のんびり歩く農道は気持ちが良かった。

P501を経由するルートの大半は、藪こきしなければならないが、斜度も緩いので、どおって事は無い。
P508に向かうルートも取り付きは非常に分かり難いが、入ると比較的歩きやすい道があった。
道なりに進んでいると、間違っていることに気がついて、引き返し、P508の稜線ルートに登った。

少し進むと、P508到着。標識も何も無いピークだった。そのまま、道の無いルートを下山し、またまた藪こきして、広い道に降り立ったが、間違って反対方向へ進んでしまった。
しばらくして間違っていることに気がついたので、引き返し、ハイキングコースを華の木峠まで進んだ。

華の木峠の車道を300m程進むと、栃原岳(波比賣神社)の鳥居がある。
ここからは少しきつい登りが続き、山頂が波比賣神社かつ栃原岳だ。

境内を探したが、栃原岳の三角点はおろか、標識も無かった。

少し下ったところに絶景の展望台があるので、そこで昼ご飯にした。

今日は親子丼
とろとろ卵がうまい!

天気もいいし、景色も抜群、いつもより長くのんびりして下山
華の木峠まで戻って、林道、車道を下って登山口まで戻った。

12.0Km 5時間40分 テーピングも道標も無く、登山道は藪こきだらけ
それもそのはず、里山ハイキングコースが整備されているので、わざわざ好き好んで登山道を通る人も居ないのだろう。しかし景色は抜群、一足早く桜も堪能でき、すこぶる楽しい山歩きが出来た。

登山中の画像
  • 下市南小学校前駐車場
  • 左の階段を登っていく
  • 道なりに進むと、稜線への登りは無く、これ以上進めない程荒れている。
  • 仕方ないので、斜面を登ることにした。
  • 登ると道がある。
  • 大曲の木 どんだけ曲がるんだ?
  • しばらく進むと、桜が咲いていた 満開だ!
  • しばらく歩きやすい道を進む。
  • 視界が開けて、のどかな山間の村が見える。 桜も咲いている。
  • 農園には梅が植えられているが、梅は咲いていなかった。 個人の農園に入るたびに、柵を開け、又閉じるを繰り返す。
  • しばらく農道を進むと車道に出会う。
  • 桜を眺めながら、のんびりと、車道を歩いて行く。 天気が良くて、見晴らしも良いし、気持ちが良い。
  • なかなか綺麗だ
  • これは梅
  • 絶景だな
  • 真っ直ぐはハイキングコースだが、左の登山道に入っていく。
  • しばらく進むと、道が無くなった。 地形図通り進むと、藪こきになる。
  • 柵の内側は別の柵があって、どうにも進めなくなったので、針金で止めてある扉を開けて、柵の外側に出た。 もちろん、扉は元のままに戻した。
  • こちら側は進み易い道が延びている
  • 農園の入り口、出口の柵を開けたり閉めたり、結構面倒だが、景色は抜群に良い
  • 車道を突っ切って、真っ直ぐ進む
  • 車道はハイキングコースの様だ
  • 右にへ行っていく。
  • さて、どっちだ? 右だな
  • 林の中で藪こきして進むと、何やら施設がある。
  • P501は井上山って言うらしい。
  • P510の先は道が無いが、強行突破する。
  • しばらく藪こきすると、広場に出るので、右手の民家の横を降りていく。
  • 真ん中に見える車道を目指す。
  • ガードレールを登っていく この道はハイキングコースの様だ
  • 右の轍を登っていく
  • しばらく道なりに進むと、行きたい方向と道が違っていることに気がついたので、戻ってきて、稜線にここから登った。
  • 稜線に出ると、なんとなく道がある。
  • P508 何も標識が無い
  • P508からの下りも道なき道を下る。
  • 道は無いが、全然危険は無い
  • 2m程の段差を降りて、登山道に降り立つ。
  • この斜面を下ってきた。
  • 道になりに進んで居ると、全然違う方向に歩いて居ることに気がついたので戻ることにした。
  • ここを左の折れて、引き返すように進む道がハイキンコースだ
  • ここからはハイキングコースを栃原岳まで進む。
  • 眺めはいい
  • ここを出てきた。 しばらく車道を進む。
  • 栃原岳入り口
  • いい眺めだなぁ
  • 波比賣神社(はひめ)本殿
  • 探してみたが、栃原岳の三角点は無かった
  • 今日は親子丼。溶き卵は2回に分けて入れるのがふわとろのコツ
  • 出来上がり やっぱりうまいなぁ
  • 絶景を眺めながら
  • 記念写真
  • 13:26 下山開始
  • 少し戻って、真ん中の車道を下っていく
  • 工事で道が無くなっているので、GPS確認しながら、工事の終点まで歩くと、道が現れる。
  • ガードレールはあるが、車が通れる道じゃあ無い
  • 20分程歩くと県道に出会う。
  • 県道を20分あるいて、駐車場に到着
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年5月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?