登山記録詳細

雪山登山
参考になった 4
唐沢鉱泉より天狗岳(西尾根から反時計回り) 西天狗岳・東天狗岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

谷の料理長 さん
  • 日程

    2020年3月25日(水)

  • 利用した登山口

    唐沢鉱泉  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:都内から中央道 諏訪南IC下車より20㌔約50分位
    唐沢鉱泉手前3㎞から舗装道路から荒れた林道にはほぼ雪はありませんのでノーマルタイヤでも現在可能ですがとにかくデコボコが酷くて20㌔位以下で走行したほうが良いです。

    唐沢鉱泉登山者用無料駐車場(30台可)

  • 天候

    快晴
    [2020年03月25日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

唐沢鉱泉(07:21)・・・枯尾ノ峰分岐(08:05)・・・第一展望台(08:52)[休憩 4分]・・・第二展望台(09:27)[休憩 4分]・・・西天狗(10:13)[休憩 13分]・・・東天狗(10:48)[休憩 15分]・・・黒百合平(12:20)[休憩 17分]・・・唐沢鉱泉分岐(13:00)・・・唐沢鉱泉(13:44)

総距離 約7.7km 累積標高差 上り:約890m
下り:約890m
コースタイム 標準:5時間50分
自己:5時間30分
コースタイム倍率 0.94
唐沢鉱泉までの雪の状態が心配でしたが、駐車場迄ほとんど雪はありませんでしたほんとに今年は雪が少ないですね。
整備された人気の渋の湯からの道とは違い唐沢鉱泉の道はとにかくボコボコで悪路ですね(^^;)20㎞位でしか走行できないほど道は悪いです。
唐沢鉱泉の駐車場は朝7時の時点で先客3台のみでした。
スタートからアイゼンを装着して西尾根から反時計回りで登山開始!
程よく雪も積もっていて道も解りやすかったです。でも結構最初から急登です。

樹林帯の急登を90分程登ると第一展望台。
目の前に赤岳、阿弥陀岳の素晴らしい眺めそして南アルプス甲斐駒ヶ岳、北岳等、中央アルプス、そして蓼科山の向こうには北アルプス穂高連邦、槍ヶ岳等までもう360度の絶景でした!
更に30分程尾根道を進むと第二展望台こちらは左手は樹林帯でしたが、八ヶ岳、南アルプスも見えてこれまた素晴らしい眺めでした。何枚同じような写真を撮ったことか・・・(^^;)

ここから一旦下って西天狗の取り付きへ。
最初は15センチくらいの雪道からいよいよ岩登り。雪の状態も全く変わってアイスバーン状態。
10本歯以上のアイゼンにピッケルは必須です。
黒百合ヒュッテの現地情報にもありました(以下)

”唐沢鉱泉から西尾根経由で天狗岳を目指すルートはこの時期登山者が少ないためトレースも不明瞭なことが多く、樹林帯より上の稜線では気象条件によっては強風が吹き荒れ、非常に難易度が高くなります。”

幸い風もそこの時期、それ程強くなかったため振り返っては素晴らしい景色を堪能しながらなので苦痛さは全くありませんでしたが、景色もなく爆風の中だとしたら・・・。様々な事故が起こることも想像できます。

第二展望台から約50分位で西天狗岳に到着!
山頂はかなり広くて風が弱ければのんびり寛ぐ事が出来ます。
ラッキーなことに風も弱くのんびり過ごしました。温かいお茶とおむすびを360度の大絶景を堪能しながら食べました。
ここから東天狗への下りはしっかり積雪して歩きやすかったです。
逆に登り返しはアイスバーン状態の急登でした。
西天狗から20分位で東天狗岳山頂に到着!
こちらは西天狗山頂とは違って山頂部は狭く平地は少なく岩場になっています。

ここから黒百合平へは大方の方が中山峠からのルートのようですが、本日好天と言うこともあり眺めの良さそうな天狗の奥庭からすり鉢池方面からを選択。
しかし完全に岩場コースでアイゼン歩行にかなりの難がありルートも解り辛く何度もルートアウトしてしまい少し時間と体力を使ってしまいました。
なのでこのルートは雪山の季節より夏山時におすすめします。

東天狗岳から黒百合ヒュッテ迄約80分位でした。
立派な山小屋でキャンプ場も良さげです
ここからは唐沢鉱泉迄シラビソの樹林帯に囲まれた登山道をひたすら下山。
途中展望台の様なところはありませんがシラビソ帯の中木漏れ日が綺麗で鳥の囀ずりが心地が良かったですが、西尾根からの展望を考えると、やはり唐沢鉱泉から反時計回りがお薦めです。
強風時や初心者は若干の難易度がありルートが解り辛い所があるのでそこは注意しながら充分な装備で。

因みにヤマップでは総距離9km 累積獲得標高895㍍でした。

登山中の画像
  • 唐沢鉱泉手前3km辺りからボコボコで荒れた悪路でした 雪はほぼ無くて2WD スタッドレスでしたが、ノーマルでも大丈夫です
  • 唐沢鉱泉の登山者用無料駐車場に到着 30台位可能です。 雪は駐車スペースのみ積もっていました。
  • 唐沢鉱泉 入浴は¥700 現在休業中です 登山届はこちらで提出出来るポストがあります
  • 目の前の橋を渡って登山開始
  • 最初はこんな感じ
  • 直ぐ樹林帯 雪の状態も良くアイゼン歩行しやすいです
  • 枯尾ノ峰分岐
  • シラビソ帯に囲まれた尾根道の急登
  • 植生が低くなってきました
  • 第一展望台到着
  • 蓼科山の先に北アルプスが一望
  • 目の前は南八ヶ岳 横岳、赤岳の眺めが素晴らしい♪
  • 更に右に南アルプス 仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳 一番左側は鳳凰山かな
  • 西天狗岳へ 開けた尾根道歩き♪
  • 振り返ると中央アルプス(木曽駒ケ岳、空木岳)の眺め
  • 第二展望台 第一展望台から約30分位です
  • 目の前の西天狗岳 近くになるに連れて急坂の岩登りなのだと解ります
  • 一旦かなり下ります
  • そして登り返しは15センチ位の積雪の中を少し登ると
  • 最後の岩場の急坂 かなり急角度でした
  • 間近に見ると結構大きな岩が点在していて縫うようにして登ります
  • 雪は完全に氷ついてアイスバーン状態
  • マーカーがあり大方その通りですが、冬場のルートでは中には外した方が安全なコース取りもあります。
  • 最後はカチカチのアイスバーン。 いないと思いますが、アイゼン、ピッケルなしでは自殺行為です。
  • 青空が気持ちを安心させてくれます。 風がなくて良かった
  • 170分位で2646㍍西天狗岳山頂に到着! 二等三角点がここにあります。 硫黄岳の爆裂河口と赤岳方面
  • 左側に中央アルプス、右側に御嶽山
  • 更に右側に乗鞍岳〜穂高連峰、槍ヶ岳等北アルプスの絶景 蓼科山を更に右側には浅間山も見えました
  • やっぱり南八ヶ岳方面の眺めに見とれてしまいます 奥には南アルプスも♪ もう凄すぎてなんじゃこりゃ~って感じです\(^‐^)/
  • 東天狗岳へ向かいます。 一旦雪道を下ります
  • 目の前の東天狗岳
  • 登り返しはカリカリのアイスバーン&岩場を登ります
  • 東天狗岳到着 西天狗岳から25分位でした 空も見事なブルー♪
  • 東天狗岳山頂からの南八ヶ岳方面
  • 蓼科山、北アルプス方面の眺め
  • 更に右に浅間山、黒斑山の外輪山迄よくわかります
  • 西天狗岳方面 その後ろ左側中央アルプス 右側に御嶽山
  • 黒百合平へ下山
  • 最初は緩やかに下りますが…
  • 途中から結構険しい道のり 人一人やっと通れる程の幅で切れ落ちてるような所もあるので注意
  • 中山峠方面ルートと天狗ノ奥庭からすりばち池方面ルートへの分岐
  • 振り返って西天狗岳
  • 天狗ノ奥庭上 東天狗岳と西天狗岳のセット このセットは中山峠周りのほうが綺麗に並んで撮影できますがすりばち池周りはこのアングルになります
  • 正面はいつも蓼科山と北アルプスの絶景
  • とにかく岩場が多いルートです
  • 眺めは良いですが岩の上を歩く所も多く苦労しました
  • 天狗の奥庭
  • すりばち池 水はありませんが・・・。
  • 天狗の奥庭の入り口 黒百合平からの急登を登り切った位置です。
  • その眺めの東・西天狗岳 天狗岳から来た方は見納め 黒百合平から来た人は最初に見える両天狗岳です
  • 最後の急坂の下り お尻で滑り台のように降りました
  • 黒百合ヒュッテ
  • テント場
  • ソーラパネル
  • こんな広場
  • 下山します
  • 八ヶ岳ならではの美しいシラビソに囲まれた樹林帯
  • アイゼンをひっかけてしまい破けてしまった(。>д<) スパッツはやはり装着すべきですね
  • 渋温泉と唐沢鉱泉との分岐
  • ひたすら樹林帯の同じ景色ですが木漏れ日が美しいので楽しくトレッキング気分です♪
  • 途中道幅は狭めな感じな所もありました
  • 溶けた雪がスケートリンク状に凍っていました
  • 橋を渡れば
  • 唐沢に到着 右ナメ滝?
  • 唐沢鉱泉まで後100㍍位の所 この辺りも完全にツルツルに凍っていました。
  • そしてお決まりの源泉 ベンチあります
  • 唐沢鉱泉に帰って来ました 入浴したかった
  • 黒百合ヒュッテから60分位 登山開始から7時間30分位かけて周回しました
  • 駐車場にトイレありますが、冬季は使用不可です
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

谷の料理長さんの登山記録についてコメントする
  • うめさん さん
    谷の料理長さん
     当方も同じコースを四季問わず行っていますが、冬で雪のある方が楽です。天狗の奥庭も黒百
     合からの下山道も岩がゴロゴロで岩の頂点歩きで疲れますね。それにしても鉱泉までの道はひ
     どいです。当方のクルマのショクアブソーバーから油が漏れて交換したくらいです。
     (夏季、鉱泉の送迎車はあの悪路なんともないのかな?)夏はアブがいっぱいです。
     黒百合ヒュッテの従業員の方々は荷揚げも大変そう。
     お疲れ様でございました。

  • 谷の料理長 さん
    うめさん
    こんにちは 天狗の奥庭はアイゼン装着では本当に苦悩しました(^^;)
    でも晴れていれば素晴らしい眺めですよね♪
    唐沢鉱泉までの道何とかなりませんかね。うめさんの車も被害を受けましたか・・・。
    車高の低い車はかなり厳しいでしょうね。
    私もまた冬以外の季節に行ってみようかと思います。

  • うめさん さん
    谷の料理長さん
     早々の返信ありがとうございます。山雑誌で八ヶ岳の冬山入門で扱うので最近人が多くて。
     山は静かなほうが好きです。でも八ヶ岳は近くていい山です。
     今後もお気をつけて。

  • 谷の料理長 さん
    うめさん
    ありがとうございます。確かに多いですよね。
    でも人気なのも納得の本当に素晴らしい山ですね。
    私も八ヶ岳は大好きな山です。
    うめさんもどうぞ今後も素敵な山ライフお楽しみください。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

谷の料理長 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年5月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!