登山記録詳細

その他
参考になった 7
地図を広げてバーチャルハイク(高尾・陣馬) 高尾山、陣馬山(関東)
img

記録したユーザー

ガバオ さん

この登山記録の行程

自由自在

昭文社の山と高原地図2020年版を広げて、山を歩いた気分を楽しみました。前年版との違いを見つけては一人でニンマリ。テレワークならぬエアウォークはそれなりに楽しめますが、カロリー消費が少ないのが玉に傷です。

≫今を逃したら山里のサクラが散ってしまうから必要火急の外出だ~、等と屁理屈をこねられるような状況とも思えず、今週もじっと我慢の自宅待機としましたが、それならばと、先月発売された2020年版の山と高原地図を買い込んで、バーチャル登山を決め込みました。

山と高原地図といえば、山登りを再開した時にまとめ買いしたのが2016年版で、その後、少しづつ記載内容が変っているのに気付いてからは、新版と旧版を見比べてみるのが密かな楽しみとなっています。

今回〝歩いた〟「高尾・陣馬」には、「2019年10月現在、豪雨被害の為通行止め」と注記された箇所が8ヶ所有りました。その殆どが既に通行可能になっていますが、昨年の台風被害の甚大さが地図上にしっかりと刻まれています。

ルートとしては、坪山の北側の登山口が変っていたり、笹尾根の栗坂峠から麓の白山神社までの林道コースが新たに追加されている他、九鬼山の山頂に「富士山、大菩薩方向の展望有り」とコメントが追加されているのを見つけたりすると、実際に歩きたくてムズムズして来ます。 登山口までのタクシー代まで改定されていて、毎年情報を更新される編集者の皆さんの苦労と熱意に脱帽するばかりです。

因みに、4年前の2016年版と比較すると、裏面の地図が変わったり、登山口周辺のスポット図が追加されたりと、編集が大幅に刷新されていますので、たまには地図も新調して見るものです。

3年分の地図をたっぷり眺め終えたら〆は温泉と行きたいところですが、今日は我が家の風呂にドボーン。因みに、東尾垂の湯と中風呂の松姫鉱泉の♨マークが無くなってしまったのは残念な限りです。

それにしてもこのコロナ騒ぎ、いち日も早く終息して貰いたいものです。

本日の総歩数0歩、歩行距離0km、消費カロリー0kcal、脂肪燃焼量0g也。

登山中の画像
  • 山と高原地図(28)『高尾・陣馬』、三代目(2020年版)が今日の登山コースです。
  • 去年の豪雨被害による通行止めの注記が追加されています。いろは坂は開通済み。日影沢林道は未だ通行止めのままです。
  • 小仏峠は開通済み、小下沢林道は未だ未開通のままの筈です。
  • ネット情報に依れば、大洞山~大垂水峠は3/27に再開通したそうです。
  • 高尾駅~陣馬高原下バス停までの所要時間が50分となっていますが、これも既に通常時間に戻っている筈です。(2019年版では36分)
  • (2020年版)坪山の鶴川側の登山口の位置が変っています。
  • 2019年版までは「鶴川に橋なし」となっていました。
  • こちらは笹尾根の栗坂峠周辺の2019年版ですが、、、
  • 2020年版では、尾根の途中からの林道コースが新しく追加されています。(随分渋いルートではありますが)
  • こちらは九鬼山の2019年版。
  • 2020年版では(富士山方向、大菩薩の方向の展望有り)というコメントが追加されていて、興味をそそられます。
  • 禾生駅から無生野までのタクシー代が500円UPの4,000円に修正されています。(笑)
  • 因みに、2019年版までは3,500円となっています。
  • 残念ながら、東尾垂の湯の温泉マークが無くなりました。
  • 中風呂の松姫鉱泉も廃業して何年か経っています。
  • その他、岩殿山の東ルートが破線に変更され、(土砂崩れで通行止め)の注記が追加されています。
  • 因みにここからは2016年版との比較となります。2016年版は全体の色合いからして違います。
  • 2016年版では登山ルートが記載されていなかった場所ですが、、、
  • 今では要害山~尾続山ルート、聖武連山の登山ルート等が記載されています。
  • (2016年版)恩方の空白地帯にも、、、
  • (2020年版)破線のルートが追加されています。
  • (2016年版)典型的なのは道志川以南の情報量。2016年版では殆どノーマークでした。
  • (2020年版)今の晩はコースタイムも記載されています。
  • (おまけ)4月2日の都心の桜。今年はこれで我慢です。
  • 皇居端
  • 早く普通に戻って欲しいものです、、、。
参考になった 7

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ガバオさんの登山記録についてコメントする
  • すてぱん さん
    ガバオさん、こんにちわ

    私は足首の捻挫が完全には復調していないことに加えて、今回の騒動ですっかり山から遠ざかってしまっています。平日はいまだにそれなりに混雑している通勤電車に揺られているのですが、そちらの方がリスクは高いはずなんですけどね・・・。

    今は、20年ぶりに戻った自宅の庭いじりで気分を紛らわせています。この状況が続くと、ハイカーからガーデナーに衣替えしてしまいそうです。

    それにしても、地図もじっくり眺めると色々違いがあるものなのですね。ああ、アカヤシオにカタクリ、それに山桜・・・今年は色々出会えない花が多そうです。鳥のさえずりや、木々、花々を眺めていると、人間様は大騒ぎですがc確実に季節は巡っているのだなと思います。シロヤシオの花が咲く頃には、山に登れるようになっているのかしら・・・。

  • ガバオ さん
    すてぱんさん、こんばんは。

    そうですね、、、今年の春は、福寿草と梅とカタクリまではほぼ計画通りでしたが、ミツマタと山桜は諦めました。
    シロヤシオは去年が不作だった分、今年は楽しみにしていたのですが、一体どうなることやら、、、。
    季節は確実に巡り、花はいつも通りに咲きますが、人間の方はそうは行きませんね。

    ガーデナーも楽しそうですが、今は足首の完治に専念され、ハイカーとして復活される日をお待ちしています!

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ガバオ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 7

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年7月12日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。