登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
尾瀬縦走(大清水~鳩待峠) 尾瀬(関東)
img

記録したユーザー

赤月夜 さん

この登山記録の行程

計画
【1日目】3h05min 7.1㎞
大清水(10:00)・・・(車道)・・・一ノ瀬(11:10)・・・(木道)・・・三平峠(尾瀬峠)(12:25)・・・三平下(12:40)・・・長蔵小屋(13:05、泊)
※尾瀬戸倉~大清水はrun

【2日目】6h17min 15.8㎞
長蔵小屋(06:00)・・・長英新道分岐(06:20)・・・沼尻(07:05)・・・白砂峠(7:42)・・・見晴新道分岐(08:52)・・・見晴(下田代十字路)(09:02)・・・竜宮十字路(9:32)・・・牛首分岐(尾瀬ヶ原三又)(10:12)・・・牛首・・・山ノ鼻(10:57)・・・鳩待峠(12:17)
※鳩待峠~尾瀬戸倉はrun 

実際
【1日目】2h03min 7.57㎞
大清水(09:13)・・・(車道)・・・一ノ瀬(09:56)・・・(木道)・・・三平峠(尾瀬峠)・・・三平下(11:01)・・・長蔵小屋(11:16、泊)
※尾瀬戸倉~大清水はrun 8.01㎞ 1h23min

【2日目】3h28min 16.19㎞
長蔵小屋(05:54)・・・長英新道分岐(06:06)・・・沼尻(06:33)・・・白砂峠・・・見晴新道分岐(07:25)・・・見晴(下田代十字路)(07:34)[休憩 5分]・・・竜宮十字路・・・牛首分岐(尾瀬ヶ原三又)(08:25)・・・牛首・・・山ノ鼻(08:49)・・・鳩待峠(09:28)
※鳩待峠~尾瀬戸倉はrun 11.80㎞ 1h06min

総距離 約23.3km 累積標高差 上り:約1,012m
下り:約605m
コースタイム 標準:8時間25分
自己:5時間32分
コースタイム倍率 0.66
★良かった点
・尾瀬のシーズンも最終盤のため、人がほぼいなかった(長蔵小屋も最終宿泊日)。木道も歩いていてストレスにならなかった。
・紅葉がいろんな色があってきれいだった。
・長蔵小屋に昼前に到着したので昼寝をたくさんした。
・初冬だったので、歩いて程よい温度だった。
・大好き燧ヶ岳が尾瀬ヶ原から雲に隠れたり見えたりでいつも以上にセクシーさを感じた。
・山ノ鼻から鳩待峠はよく整備されていて、「本当は熊が出るのかなぁ」と思うくらい明るかった(実は山ノ鼻から鳩待峠に直接登る道は初めて通る)。
・逆ルートで朝いちばんのシャトルバスだと周回が泊無しで可能と思われる。テント泊にすべきか体力試しで泊無しにすべきか迷い所。
・ヒツジグサの紅葉がぎりぎり間に合った。観察したところ紅葉が終わると池塘のそこに沈んでいくみたいだ。
・鳩待峠から戸倉まで走ったが、紅葉が見頃だった。

★うーんだった点、改善点
・前日、雨が降ったため、木道が滑る。特に三平峠から尾瀬沼の下りが滑りやすかった。
・台風19号で修理作業ができなかったためか、木道が至るところ痛んでいた。
・尾瀬戸倉から大清水までひたすら車道の登り。荷物が重いせいなのかアキレス腱が痛くて走れなかった。
・長蔵小屋が小屋締め前でお風呂が使えなかったり冬季の準備で窓がふさがれていたり。もうちょっと早めにくればよかった。
・弥四郎小屋が小屋締め後で、いつものプレスコーヒーが飲めなかった。
・なんだかんだ言って花の時期にも来たい(笑)
・何度も歩き慣れているためか思った以上にコースタイムより早くて物足りなかった。しかも、今回、山は登らず木道ばっかり。

★立ち寄り箇所
・道の駅かたしな(花豆のジェラート。野菜が豊富いっぱい買った)
・永井食堂(もつ煮の持ち帰りを購入)
・道の駅おおた(野菜が多かった)

登山中の画像
登山画像
尾瀬戸倉今回はここから大清水まで走ります
登山画像
冬の準備ひたすら登りなので結構きつかった
登山画像
紅葉が山麓まで進んでいる
登山画像
結構な登り
登山画像
七色の黄葉
登山画像
やっとこさで大清水
登山画像
ここから林道
登山画像
大清水から一ノ瀬まで誰もいない
登山画像
天気さえよければなぁ
登山画像
一ノ瀬で測量してた
登山画像
落葉がいっぱい
登山画像
階段
登山画像
迂回路
登山画像
迂回路反対側
登山画像
木道をひたすら
登山画像
何回きてもここの木道の線形が好き
登山画像
小屋締めして静かな三平下
登山画像
燧ヶ岳を独り占め
登山画像
久しぶりに人に会ったよ❗
登山画像
長蔵小屋
登山画像
2段ベット
登山画像
新品の山専ボトル 日帰り&小屋泊にちょうど…
登山画像
夕食
登山画像
ホットワインおいしかった
登山画像
大江湿原
登山画像
長英新道分岐
登山画像
ナデッ窪分岐
登山画像
まっすぐ続く燧への道
登山画像
尾瀬沼、さらば。また来年
登山画像
ここにも迂回路
登山画像
もふもふふかふか
登山画像
燧ヶ岳方面からは水が溢れかえっていた
登山画像
見晴の小屋は閉まりきっていた
登山画像
至仏山
登山画像
燧ヶ岳がだんだんみえてきた
登山画像
関東に復帰しまーす
登山画像
関東側はこじんまりとした標識
登山画像
竜宮小屋
登山画像
中に人がいた
登山画像
まだまだ尾瀬ヶ原
登山画像
燧が見えたぞ❗
登山画像
大好きなヒツジグサの黄葉
登山画像
初冬感が半端ない
登山画像
牛首分岐
登山画像
頂上が見えた
登山画像
燧曇っちゃった
登山画像
鳩待峠はあの真ん中の落ち込んでるところ
登山画像
テント場
登山画像
鳩待峠に直接上がっていく道は実は初めて
登山画像
あれ?歩荷さんがまだいる
登山画像
落葉
登山画像
階段登る
登山画像
鳩待峠
登山画像
中腹がいい感じの黄葉
登山画像
奥に日光白根山
登山画像
だいぶ下りてきた
登山画像
まっかっか
登山画像
何気に戸倉手前で登り外国人のチャリダーに応援…
登山画像
んで、下ると戸倉
登山画像
道の駅で花豆ソフト
登山画像
永井食堂家用に2袋
登山画像
道の駅太田野菜が多かった
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

赤月夜 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年7月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!