登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
源氏山~鎌倉中央公園~玉縄城跡~まさかりが淵市民の森 源氏山、鎌倉中央公園、大船観音、玉縄城跡、小雀公園、ウイトリッヒの森、戸塚西公園、深谷市民の森、まさかりが淵市民の森、旧深谷通信所跡地中央広場、湯あそび広場 葛の湯(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2020年5月30日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:武蔵小山→東急目黒線→日吉→東急東横線→横浜→鎌倉

    復路:踊場→横浜市営地下鉄ブルーライン→横浜→東急東横線→学芸大学

  • 天候

    晴れ
    [2020年05月30日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

鎌倉駅6:24→銭洗弁天6:43~50→源氏山6:57→葛原岡神社7:04→鎌倉中央公園7:24~52→富士見町駅8:12~16→湘南モノレール→大船駅8:20→岡本神社(お伊勢山神明神社)8:40→龍寶寺8:53~9:00→玉縄城跡9:07~16→小雀公園9:55~10:13→ウイトリッヒの森10:34~44→戸塚西公園11:06~11→三島神社11:14→深谷市民の森11:23~28→まさかりが淵市民の森11:33~45→旧深谷通信所跡地12:04~18→湯あそび広場 葛の湯12:37~13:57→踊場駅14:07

合計6時間23分(銭湯除く)


総距離 約22.9km 累積標高差 上り:約690m
下り:約640m
5月30日(土)は、この間北鎌倉から東側の金沢文庫に抜けたので今回は西側ってことで、鎌倉駅から源氏山~鎌倉中央公園~大船駅と進み、さらに駅を越えて玉縄城跡~小雀公園と行って、最終的に戸塚区と泉区の境目付近にあるまさかりが淵市民の森と旧深谷通信所跡地まで足を延ばして来ました!

この辺は、この間舞岡に行った時も感じたんですが、東京の郊外、通勤圏でないのは当然のことながら、横浜の中心部とも一線を画す独特の空気感があって、歩いていてなかなか興味深かったです。

一言で言えば、海は無いけど湘南の郊外って感じですかね。そういえば藤沢と大和の中間に湘南台なんて駅もあるし。

ということでスタートは鎌倉駅です。鎌倉の山は何度も登っているのですが、源氏山から鎌倉中央公園経由で大船駅に行くルートは行ったことがないので、半分オマケみたいな感じですが行ってみます。

鎌倉駅から源氏山へは直登ルートもあるのですが、この界隈は去年の台風で通行止めになっている道が多いので、オーソドックスな銭洗弁天経由の道で行きます。鎌倉駅西口から鎌倉市役所方面に真っ直ぐ進み、トンネルを潜った少し先の標識で右折して、住宅街を抜けて登りに入ると、すぐ左手に銭洗弁天の入口が出てきます。入口から岩のトンネルを潜って奥に進むと、岸壁に囲まれた清水が豊富に湧き出している場所に出で、そこにある小さなお堂が銭洗弁天です。でもその奥の有名なお金を洗って増えるように祈る場所はまだコロナで閉鎖中でした。

銭洗弁天から出て、さらに稜線まで登れば、もう源氏山公園の中です。進む方角は葛岡神社方面ですが、一応反対側の源頼朝像に挨拶をしていきます。

戻って公園の天辺まで登ると葛原岡神社があります。ここにも参拝。この辺りは紫陽花の名所なのですが、まだ額紫陽花しか咲いていませんでした。

葛原岡神社横から西に進み、一旦住宅街に出ます。そして地図を見ながら進んで行くと20分弱で鎌倉中央公園入口に到着。中へ入ります。

鎌倉中央公園は名前からきちんと整備された公園だと思っていたのですが、その半分はただの里山です。道も登山道レベルです。標識もほとんどありません。その中をとりあえず尾根伝いに進み、適当なところで下に下りると、ようやく谷戸の湿原を園地化した公園らしい場所に出ることが出来ました。この横にさらにもっと良く整備されたエリアがあるみたいだったのですが、そこもコロナで閉鎖中でした。

鎌倉中央公園を出て大船駅方面に進みます。途中で湘南モノレールの線路にぶつかります。未だ一度もに乗ったことがなかったので富士見町駅から大船駅まで1駅だけですが乗ってみました。珍しい吊り下げ型の電車でなかなか景色が良いです。大船観音が良く見えます。

大船駅に着いたら、まず展望台でその大船観音の写真を撮り、続いて大船観音に向かいます。そしたら寺が開くのが9時からでまだ30分以上待たなくてはならなかったのでパス。

大船観音の次は玉縄城跡にや向かいます。玉縄城跡は北条早雲が鎌倉の守りを固めるために造った山城で、当時北関東と鎌倉をつなぐ鎌倉街道が府中~町田を通過した後、藤沢経由で鎌倉に入っていたため、非常に重要な城だったらしいです。

玉縄城跡に行く前に、まずは岡本神社に寄り道してみます。ここはお伊勢山神明神社と昔は呼ばれ、この辺りはの氏神様だったらしいのですが、玉縄城築城に伴い取り壊されて、近年復刻されたらしいです。今も高台にあるんですが、昔はさらに奥の山頂にあったらしいです。

続いて龍寶寺へ。ここは玉縄城のすぐ真下にある北条の菩提寺です。玉縄城三代目城主北条綱成が創建した寺だそうです。

龍寶寺前の信号を渡り、道を山に突き当たるところまで行くと、七曲りという人しか通れない細い急坂があり、そこが玉縄城跡の入口です。ここが公園のようだったので園地化された城跡かと思って登って行ったのですが、山頂は普通の住宅街で、本丸等のあった場所は女子大で立入禁止。

玉縄城跡に続いて小雀公園に向かいます。ここは結構広い公園で中に溜池の跡の池と湿地があります。

小雀公園を出たらウイトリッヒの森に向かいます。ここは隣が修道院の緑地で中に短い散策路があります。

ウイトリッヒの森の次は宇田川に沿って戸塚西公園に行きます。ここは竹林が見事な緑地公園で山頂だけスポーツ公園になっていました。戸塚西公園の横には三島神社があり、下の入口近くに富士講の石碑がありました。

戸塚西公園から再び宇田川に下りて、最終目的地のまさかりが淵市民の森に向かいます。ここは深谷市民の森と途中に住宅街を挟んでほぼ一体化しており、最初は深谷市民の森に入ります。深谷市民の森は私有地が多いせいか、遊歩道のついているエリアが限られており、そこを突っ切ると終わり。

住宅街を横切ってまさかりが淵市民の森に向かいます。ここは結構荒れた感じの市民の森で、雑草が生い茂るままに放置された場所が多いです。

まさかりが淵市民の森で一応本日のノルマは達成したので、真っ直ぐ銭湯に向かっても良かったのですが、旧深谷通信所跡という気になる場所があったので行ってみました。ここは泉区と戸塚区の境で、泉区が円形に張り出している不思議な場所。円形の中には建物がほとんど無い。

で、行ってみたら、米軍の通信基地の跡地で、日本へ変換後自衛隊の通信施設があったらしいのですが、それも撤退して、一部地元の人たちのための野球場になっているもののそれ以外は何も無く、広大な草原が広がっていました。草原の彼方には丹沢の山並みが良く見えました。中には入れないけれど高原風でなかなか良い場所でした。

さて疑問が解けたら、湯あそび広場 葛の湯に向かいます。ここは先週行った大口駅の鷲の湯以上に広くて風呂の数もたくさんあるほぼスーパー銭湯と言って良いような風呂屋です。浴室がが2階建てになっていて、通常はサウナと温泉の広い露天風呂がある下の階はロイヤルという別料金、とはいっても普通のスーパー銭湯より遥かに安い630円を支払うと使用することが出来るようになっているのですが、今回はコロナでサウナが閉鎖のため、一般価格の470円で下の階の広い温泉露天風呂と人工ラジウム温泉にも入ることが出来ました!

でも残念ながら6月から通常の料金体系に戻るようです。

で、葛の湯の温泉は風呂場の壁に掲示してある説明書きでは、黄色に近い薄い茶褐色のph7.36のナトリウム-炭酸水素塩泉となっているのですが、別に張り出してあった温泉成分分析表ではph7.7のメタホウ泉となっていて、どちらが正確なのかわかりませんが、舐めた感じでは塩味はほとんどせず、入った時の体感もツルツル感もないので、薄く色のついたメタホウ泉と思っておいた方が間違いはないと思います。

風呂から上がって、今日帰りの電車に乗る踊場駅は場所も名前も飲食店は期待できそうにない駅なので、珍しく風呂屋の食堂で食べて帰ることにしました。風呂屋の外にも駐車場の一角を間借りした飲食店が数件あったのですが、来る時に見た感じ中の食堂とたいして変わりはなさそうなので中で食べることにしました。

頼んだのは何の変哲もないラーメンと足しても1000円以外だったので生ビールの小です。食べた後はここにはさほど広くはないですが、休憩室もあるのでそこで休憩。

風呂屋を出たら横浜市営地下鉄ブルーラインの踊場駅まで歩きます。予想通り周りには繁華街も何もない駅でした。でもブルーラインは横浜まで乗換なしで行けるのでそのまま行ったら、根岸線並みに駅数が多くてやたら時間がかかったので、普通は大船で乗り換えてJRの東海道線か横須賀線で帰った方が良いかもしれません。はるかに早いです。

鎌倉市/源氏山公園の紹介
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koen/p_genjiyama.html

鎌倉市/鎌倉中央公園の紹介
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koen/p_cyuuou.html

鎌倉市/玉縄城跡(たまなわじょうあと)
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kids/jh/kjh_ta05.html

小雀公園 【緑とコミュニティーグループ】
https://midocomi.com/kosuzumepark.html

[PDF] まさかりが淵市民の森 ウイトリッヒの森 深谷市民の森 - 横浜市
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/midori-koen/midori_up/1mori/forest/guidemap.files/0061_20190426.pdf

【公式HP】葛の湯|横浜・泉温泉|湯あそびひろば - Wix.com
https://kuzunoyu.wixsite.com/kuzunoyu

登山中の画像
登山画像
鎌倉駅からスタート。JRで来たんだけど気分は江…
登山画像
駅西口から直進し、鎌倉市役所横のトンネルをく…
登山画像
トンネルを出て少し行ったところにある銭洗弁天…
登山画像
銭洗弁天入口到着。鳥居の後ろの洞窟に入って行…
登山画像
すると開けた場所に出て、目の前のお堂が銭洗弁…
登山画像
その洞窟の中の銭洗場です。コロナで中止だそう…
登山画像
銭洗弁天は湧水が豊富で滝や池がある。
登山画像
さらに登って源氏山公園へ。まずは源頼朝像に「…
登山画像
朝の鎌倉の山!
登山画像
続いて葛原岡神社へ。
登山画像
このあたり紫陽花の名所なんですが、咲いてるの…
登山画像
色の違う額紫陽花です。
登山画像
一旦住宅街に出て鎌倉中央公園の入口へ。標識の…
登山画像
中央公園とは名ばかりで、ほとんど登山道の世界…
登山画像
尾根から下に下りたらようやく公園らしい場所に…
登山画像
この辺りは湿地帯でお約束の観賞用の田んぼがあ…
登山画像
沢沿いに住宅街を下り、湘南モノレールの下へ。
登山画像
富士見町駅で前を歩いていた可愛い女の子が駅に…
登山画像
1駅だけだけど、人生初の湘南モノレールです。…
登山画像
大船駅から見た大船観音です。この後、大船観音…
登山画像
玉縄城跡手前にある岡本神社です。元は後ろの山…
登山画像
岡本神社の説明書き.玉縄城が出来るんで壊され…
登山画像
そして龍寳寺へ。立派な山門がある。
登山画像
ここは玉縄城跡三代城主の北条綱成が創建した北…
登山画像
龍寳寺本堂。
登山画像
龍寳寺から横断歩道を渡って反対側の山の谷間に…
登山画像
七曲がり坂の上からの展望。
登山画像
坂が公園みたいだったので園地化された城跡かと…
登山画像
本丸の後も清泉女学院の敷地内で入れず。
登山画像
相模原とはちょっと違った感じの田舎道を行く。
登山画像
山梨県に多い丸石神の道祖神発見!神奈川では珍…
登山画像
小雀公園に到着。
登山画像
南房総や三浦半島先端に多いマテバシイの木!
登山画像
ここは公園なので道は整備されています。
登山画像
下に降りると菖蒲園になっている湿地帯がある。
登山画像
小雀公園の天辺裏の住宅地からの丹沢!
登山画像
箱根駅伝で有名な戸塚の国道1号を渡る。真中の…
登山画像
ウイトリッヒの森入口に到着。隣りに修道院があ…
登山画像
中はこんな感じのジメジメした山道が続く。季節…
登山画像
ウイトリッヒの森出口にあった園内の案内図。
登山画像
宇田川沿いの遊歩道を進む。
登山画像
あれが戸塚西公園かな?
登山画像
戸塚西公園は竹林が多い里山を園地化した公園。
登山画像
あそこが山頂らしい。
登山画像
戸塚西公園の山頂はスポーツ広場になっていて、…
登山画像
戸塚西公園の横にある三島神社。
登山画像
三島神社の入口にある富士講の石碑!
登山画像
そして再び宇田川沿いの遊歩道に戻り、もう少し…
登山画像
ここは面積は広いのだけど、私有地の里山らしく…
登山画像
深谷市民の森を出て、住宅地を抜けてまさかりが…
登山画像
まさかりが淵市民の森入口。門が閉められている…
登山画像
まさかりが淵市民の森の案内図。
登山画像
ここは広場が多く道も明るい感じ。
登山画像
でもその広場は草ぼうぼう。コロナが明けたら刈…
登山画像
まさかりが淵市民の森まで来てようやくまとまっ…
登山画像
ハート型の紫陽花です♪
登山画像
山頂の東屋で休憩。ここも蚊がいる…。
登山画像
そして旧深谷通信所跡地へ。
登山画像
ここは元米軍基地で、その後、自衛隊の通信部隊…
登山画像
その広大な草原状の空き地を貫く一本道を行きま…
登山画像
もう夏だな〜。
登山画像
お花畑!
登山画像
湯あそび広場 葛の湯に到着。銭湯なんだけど、浴…
登山画像
たぶん駅に言っても飯屋は期待で来そうにないの…
登山画像
やっぱり何もなかった踊場駅。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月14日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!