登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
やっぱり両神山に届かなかった辺見尾根ワンデイ・スクランブリング 四阿屋山、三合落、瞽女ヶ岳、辺見岳(逸見ヶ岳・二子山南峰)、エビヅルの頭、三笠山(関東)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん

この登山記録の行程

(丸ガッコ内は地理院地図の表記)
03:00~薬師の湯バスターミナル
03:49~四阿屋山頂~03:58
04:22~(P739)
05:43~(P986)
06:27~三合落(P1115.2三角点)~06:32
06:47~ヤセ尾根通過~07:09
07:29~(P1194)
08:44~(P1199)を巻く
09:04~瞽女ヶ岳(記載なし)~09:38
09:57~(P1195.4三角点)
10:29~(P1284)
11:15~「鳥獣保護区」の赤い標識
12:24~(P1313)~12:46
12:59~辺見岳手前の鞍部に降りるのに手間どる~13:35
14:08~辺見岳山頂、または逸見ヶ岳へんみがたけ二子山南峰(記載なし)
……この間、GPSは停止
16:52~エビヅルの頭(記載なし)
17:22~三笠山頂(P1418)
17:32~一位ヶタワ(記載なし)~17:38
17:55~清滝小屋~18:00
19:37~日向大谷
22:30ごろ~薬師の湯バスターミナル


総距離 約30.2km 累積標高差 上り:約2,686m
下り:約2,689m
みっともないレポートだけれど反省材料として記録を残す。昨年12月に続き四阿屋山から両神山までのデイ・ハイクにチャレンジしたが、今回も両神山には届かなかった。オフトレイルで難所の多いルートをやるには実力が及ばないということだろう。
.
※ヤセ尾根を歩いたり落ち葉と土の急斜面・崖を手を使って登り降りする、距離の長い難しいオフトレイル(登山道ではない)です。ロープ使用の記録も見かけます。きもだめしの好きなごく一部のハイカー向けです。
※1回目のチャレンジ
https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=183465
.
○ 23時過ぎに自宅を出発して道の駅「両神温泉薬師の湯」には01時30分到着。食事を済ませしばらく目をつむり、03時ちょうどに薬師の湯バスターミナルをスタートした。四阿屋山頂には49分で上がるが計画通りだったのはここまで。
山頂から西向きの尾根を降るころ空が白みだし鳥のさえずりが賑やか。姿は見えない鹿が警戒の鳴き声を発しながら遠ざかってゆく。
藪がうるさかろう虫が多かろうと心配したが思ったほどではなかった。全天薄く曇り日は射さず、そよ風あり。気温が上がらず助かった。午後からときどきごく弱い雨が降るが雨具は着用しなかった。
.
○ p739からp986へ向かう途中、尾根が合流する等高線のきついところの登りに手こずり15分ほどロス。過去2回とも問題なくまっすぐ登っているのにどうしたんだろう。
三合落サンゴーツ(P1115.2三角点)に続くヤセ尾根から鞍部への下降は、崖の途中でヘアピン箇所を見つけスムースに降りることができた。
p1284到着が10:29、12月の前回より1時間早くスタートしたのにアドバンテージはもう20分しかない。がっかりしながらも難所はここからだから気合を入れなおして進む。
.
○ p1313手前の鞍部で南面(進行方向左)に降りる明瞭な踏みあとを見つけ、「前回、見落とした巻き道か」とついてゆくが、鹿除けネット設置のための作業道だった。ネット沿いにゆくも最後は崖っぷちに出てしまいUターン。p1313を越えるのに1時間以上費やし、両神山に届かないことが確定する。ここでグダグダになり、辺見岳直前の鞍部に降りるのに40分、辺見岳ピークからの下降路を見つけられずに小一時間。情けなくて泣けた。
.
○ 小雨の中を日向大谷に降りたのは20時近く、もちろんバスは終わっている。ここでモタモタしたのが今回の駄目押しになった。タクシー会社に電話するも留守番電話、ひとつだけつながったが「コロナのせいで8時までの営業なんですよ、ふだんは10時までやってますが。運転手たちも帰っちゃって」とのこと。車はまったく通らず鹿が下りてきている県道279号を薬師の湯まで歩く。
道の駅の駐車場に着いたのは22:30ころだったか。窮屈さから解放されようと靴を脱いで唖然とする。今回の忘れ物は「靴の中敷き」だったようだ。どうりで一位ヶタワからの降りで脚が痛んだはずだ。足裏全体が靴ズレになったような痛みは4~5日続いた。
.
● 反省点
前日夕方からロクに睡眠をとらず長時間の歩行はやはり無理があったか。デイハイクではあるが前日の過ごしかたをもう一度考えること。
「歩くこと」そのものが好きで、なるべく立ち止まりたくないにしてもルートファインディングがとにかく下手、程があるだろう。p1313と辺見岳の手前は慎重に進路を選択すべきだ。

登山中の画像
登山画像
1.0300に薬師の湯バスターミナルをスタート。
登山画像
2.50分ほどで四阿屋山頂、順調なのはここまで。
登山画像
3.道中の風景。鞍部には祠が多い。
登山画像
4.06:27三合落サンゴーツ(P1115.2三角点)への…
登山画像
5.三合落に着く。
登山画像
6.ヤセ尾根を通過して鞍部への下降。写真の外、…
登山画像
7.
登山画像
8.
登山画像
9.瞽女ヶ岳、振り返って撮影。しばし食事休憩・
登山画像
10.
登山画像
11.
登山画像
12.
登山画像
13.
登山画像
14.p1284直後からあらわれる鹿除けネット。
登山画像
15.林業のピンクテープに導かれることが多い。
登山画像
16.
登山画像
17.
登山画像
18.各種山行記録で見かける山中の看板。
登山画像
19.
登山画像
20.
登山画像
21.上段はほどなくp1313ピークへ、下段が進行方…
登山画像
22.
登山画像
23.辺見岳山頂、または逸見ヶ岳へんみがたけ、二…
登山画像
24.
登山画像
25.エビヅルの頭。
登山画像
26.三笠山頂(P1418)。
登山画像
27.一位ヶタワへ降りる。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年10月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...