登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
新のトンネル御前山 月夜見第2からピストン 御前山(関東)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん
  • 日程

    2020年6月7日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:奥多摩周遊道路の月夜見第2駐車場利用。奥多摩周遊道路の通行可能時間は午前8時から午後7時まで

  • 天候

    曇り時々晴れ間
    [2020年06月07日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

月夜見第2駐車場(08:45) ・・・天神山(巻道) ・・・水窪山(巻道)・・・小河内峠(09:20) [休憩10分] ・・・ソーヤノ丸デッコ(10:10) [休憩5分]・・・惣岳山(10:25) [休憩5分]・・・御前山(10:45) [休憩25分]・・・御前山避難小屋(11:15) [休憩5分]・・・御前山(11:30)・・・惣岳山(11:45) ・・・ソーヤノ丸デッコ(巻道)・・・小河内峠(12:20) [休憩5分] ・・・水窪山(12:35) ・・・天神山(12:55)・・・月夜見第2駐車場(13:15)


総距離 約9.2km 累積標高差 上り:約1,007m
下り:約1,007m
 新緑の御前山へ、奥多摩周遊道路の月夜見第2駐車場から往復した。この道を歩く人は少ないようだが、奥多摩を駆け巡る日本山岳耐久レースコースの一部となっており、道はよく整備されている。あいにくの天気で展望はきかなかったが、緑のトンネルの山歩きが楽しめた。コースには色づく木々が多いので、紅葉の季節はお勧めである。
 駐車場奥の道標にしたがって広い尾根道を下っていく。前夜の雨で落ち葉が流され、赤土がむき出しになっているところは滑りやすい。道が平たんになると天神山の登りにかかるが、巻道がつけられているのでこちらを通過することにする。水窪山も通過すると小河内峠。この峠には奥多摩湖からの道と藤原からの陣馬尾根の登山道が登ってきている。ちょうど惣岳山との中間点である。
 峠からも尾根道ではあるがどんどん高度を上げて行く。道の北側、奥多摩湖方面は途中切り立ったところもあるので注意したい。惣岳山手前の小ピーク、ソーヤノ丸デッコにも巻道があり、直登ルートには「この先岩場あり、通行注意」の看板が出ているが、注意して通過すれば問題はないだろう。振り返ると三頭山が美しいのだが、この日はガスってしまった。
 惣岳山で奥多摩湖からの道に合流、登山者がぐっと増える。ここからは体験の森の一部となっている。惣岳山から一度下り、体験の森への分岐から一登りで御前山の山頂である。小広い山頂にはベンチもあり新しい山頂標識ができていた。花のシーズンにはカタクリの大群落がみられる山頂だが広場以外立ち入り禁止となっていて、昔とはすっかり雰囲気が変わってしまった。
 山頂から鋸山方面に下り、湯久保尾根尾根へのへの分岐を左に行くとすっかりきれいになった御前山避難小屋がある。小屋にはトイレも完備しているが、新型コロナで「緊急の場合以外使用自粛を」との張り紙があった。
 小屋から引き返し帰路についた。ソーヤノ丸デッコは巻道を通過したが、それ以外は忠実に尾根道をたどり小ピークを拾っていった。尾根道には頭に赤いペンキが塗ってある東京都水源林の境界ポールが立っていて迷うことはないが、展望はきかずかわり映えはしない。小河内峠までは名前もついていない小ピークを越えていく。小河内峠を過ぎると水窪山だが、山頂には何もない。天神山は立木に小さな標識が打ち付けてあるだけであった。巻道を通っても時間的には大差はないので巻道を通るほうがいいだろう。

登山中の画像
  • 駐車場からの登山道入り口。ここを下っていく
  • 東京都水源林の石柱あり
  • 広い尾根道を行く
  • 小河内峠
  • 小河内峠。右の道は藤原方面の陣馬尾根
  • 緑のトンネルを行く
  • ソーヤノ丸デッコへの登りから振り返る
  • ソーヤノ丸デッコ
  • 惣岳山山頂
  • 体験の森の散策路
  • 体験の森分岐
  • 御前山山頂
  • 御前山山頂にはベンチあり
  • 湯久保尾根分岐
  • 御前山避難小屋
  • 小屋内部
  • 日が射すと緑がきれい
  • 水窪山
  • 天神山
  • 月夜見第2駐車場。未舗装だが広い
  • テンナンショウ
  • フタリシズカ
  • ヤマツツジ
  • バイケイソウの群落
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年9月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
NEW 秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催
秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催 小林千穂さん、現地ガイドが同行する、世界遺産・秋田白神の魅力を満喫する特別ツアー開催。参加者6名募集!
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
NEW いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳
いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳 標高差が大きく長時間の登りを要する笠ヶ岳。一日ではたどり着かない秘境・黒部五郎岳。上級編として、2座の魅力を伝えます。
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...