登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
硫黄岳は強風 コマクサはまだでした 硫黄岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

カピトラ さん

この登山記録の行程

桜平(05:30)・・・夏沢鉱泉(06:00)[休憩 15分]・・・オーレン小屋(07:00)[休憩 15分]・・・赤岩ノ頭(08:30)[休憩 5分]・・・硫黄岳(08:55)[休憩 15分]・・・夏沢峠(10:00)[休憩 5分]・・・箕冠山(10:40)[休憩 60分]・・・根石岳(12:00)・・・箕冠山(12:20)・・・オーレン小屋(12:55)・・・夏沢鉱泉(13:25)[休憩 15分]・・・桜平(14:00)

総距離 約11.2km 累積標高差 上り:約1,187m
下り:約1,187m
コースタイム 標準:6時間25分
自己:6時間20分
コースタイム倍率 0.99
桜平(中)は5時過ぎの到着で大丈夫でしたが、戻ってみたら路駐もいっぱい!
感染症予防のためということで、駐車場のトイレは未だ使えません。
夏沢鉱泉のトイレは100円で使わせていただけますが、マスク着用の上で建物内に入る前には手を洗い、手指の消毒が必要です。(マスクが無い場合は100円で購入が求められます)

オーレン小屋のトイレは200円で、テン泊者と立寄り登山者向けに、別の入口が設けられています。
夏沢鉱泉もオーレン小屋も(根石岳山荘も)、靴を脱いで建物内に入る必要があります。

久しぶりの硫黄岳は、とても強い風が吹いていました。
トレッキングポールが流されるくらいの感じだったので、10m以上あったかな?
晴天の下、雄大な景色と初夏の花々とが楽しめて、気分は最高!でした。
根石岳山荘にも行ってみましたが、コマクサは未だ見られませんでした。

登山者のマスク着用率はとても低かったものの(私たちも着けていない時間の方が長かったです)、登山道でのマナーはちゃんと守られていると感じ、嬉しかったです。
すれ違い時に無言で立ち止まる方、手拭いなどで口元を覆われる方、お互いに静かにやり過ごすという阿吽の呼吸みたいなものが、あ!山ヤさんだ!って感じで、とてもいい!!
皆さん、歩き方も身のこなしも余裕があって素敵なのです。

少し前によく聞かれた「同調圧力」なんてことも、山ヤさんたちには無縁のことと思っていて(山ヤさんは基本的に「自己判断」ですから)、最近何となく感じることが多い「皆で渡れば怖くない」的な、「山でマスクなんて誰もしてないじゃん?」というのとも違う、山ヤさん的スタンスを感じるというか…。

皆がするから、じゃないし
皆がしないから、でもなく
暑いから嫌とか、苦しいから嫌とか、かえって危険とか、そういう理屈も置いといて
何故、自粛?
何故、マスク?
…という本質への自分なりの処し方…というか

口を閉じる。
飛沫を飛ばさない。
お互いに気遣い尊重し合っていることを、お互いに確認し合う…という感じ。
想定しうる危険について、決して侮らない姿勢…と表現してもいいのかな?

言葉にしようとすると難しいけど…山ヤさんたちは、やっぱ、かっこいいです。

今回は、「長野県標準様式」の登山計画書PDFをプリントアウトしてみたのですが、冒頭から「登山環境を新型コロナウィルスから護るための5つのお願い」が掲げられていて、ちょっとビビりました。

1. 体調に不安がある場合は…に始まって、まあ、よく言われる一般的な注意点が5つ。
また、装備品一覧にレ点でチェックを入れるようになっていて、レインウェア・防寒着・地図・コンパスに続いて「マスク」…! この他に、消毒液・寝袋・体温計まで、わざわざ*(アスタリスク)マーク着けて、ご丁寧に「コロナ対策必需品」の記述あり、です。

そのくらい真剣なんだということは、十分に伝わりますが…やはり、ちょっと緊張しますね…。

山小屋さんも、お気の毒なくらいに細心の注意を払って対策を講じられていることがわかります。
利用者側も、(特に「えんがちょ」の都民はね!)ご迷惑をおかけすることがないように、しっかり気を引き締めなければ!と思います。

今年初の2700m超は、夫がずっと「頭が痛い」と言っていました。
夏沢鉱泉まで下りてきたあたりでやっと「よくなってきた」そうなので、軽い高山病だったのかな。
春から夏にかけての緩やかな高度順化が出来なかったことが、やはり響いているようです。

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 携帯トイレ、消毒用アルコールジェル、アルコール除菌シート、テーブル、椅子、使い捨てマスク、Buff、フェイスカバー
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

カピトラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!