登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
鍋割山へ 30 鍋割山(関東)
img

記録したユーザー

Shyam さん
  • 日程

    2020年7月5日(日)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:御岳駅から徒歩

  • 天候

    曇り ときどき雨

この登山記録の行程

御嶽駅(07:21)・・・滝本駅(07:58)[休憩 12分]・・・裏参道分岐(09:14)・・・神代欅(09:21)・・・随身門(09:23)[休憩 14分]・・・長尾平(09:40)[休憩 16分]・・・鍋割山(11:01)・・・鍋割山分岐(11:14)・・・綾広ノ滝(11:31)・・・長尾平(11:45)[休憩 5分]・・・随身門(11:53)・・・神代欅(11:56)・・・裏参道分岐(12:06)・・・御嶽山駅(12:12)

総距離 約12.2km 累積標高差 上り:約1,705m
下り:約1,108m
コースタイム 標準:6時間10分
自己:4時間4分
コースタイム倍率 0.66
コロナで解除になったので、山梨の九鬼山に行く予定だったが、前日の夜に都から県をまたいで移動しないように要請があり、急遽行く先を変更。低山でも下準備をしっかりするほうなのだが、全く無計画で、御岳駅から歩いて、疲れたら帰る方針で出発。
御岳山は駅から歩いたことはなく、表参道も初めてで、思いのほかハードだったので、御岳山の山頂はやめて、鍋割山へ行くコースにした。無理なら途中で撤退する予定だった。前回来たときは台風の影響で一部通行止めだったが、そこは確認した。
御岳駅からは渓流が橋からよく見えた。車道わきの道も前日の大雨で濡れていて、キイチゴが沢山落ちていた。ヘビイチゴも実が濡れてきれいに見えた。ケーブルカーの駅へ向かう曲がり角からフウロソウやアジサイが咲いていて、ユキノシタもまだまだたくさんあった。
バス停からケーブルカーの駅までの登りがいつもきつく感じたが、木々の間を歩いてきて、楽しかったのでさほどつらくなかった。ケーブルカーの駅で薄着に変更したが、すでに汗まみれだった。はじめての表参道。舗装道路なので大したことはないと思っていたが、木々の間を抜ける道は楽しく、雨の後でしっとりとし、時に、もやって幻想的でもあった。途中に道標があり、ケーブルカーができる前の人々の参拝が思い起こされる看板がついていた。道標には半分まで来たよとかここからは登りが軽くなるようなものがあったが、実際にはそこそこハード。見慣れたケーブルカーの駅からの道と合流した時にはほっとした。
随身門で一休み。汗をぬぐい、軽い食事をとり、水分補給もしっかりした。御岳山頂はやめて、長尾平へ。そのまま天狗の腰掛杉から、奥の院にむかう。このルートも初めて。人もめっきり減って、ほとんど一人。健脚向けとなっていたが、さっそく木々の根が張った急な坂で、途中には鎖場もあり、大岳山とおなじで岩がむき出しの、雨の後では滑りやすそうな道がときどきでてくる。舗装路ばかりを歩いてきたのできつくても楽しい。岩のわきにギョリンソウを発見。昨日の雨で、少し泥をかぶっていたが、初めて見たので感動。奥の院についたかと思ったが、巻き道への分岐の先に小さな祠は奥の院ではなかった。山頂は1077mだが標識は簡素なものだった。御岳山頂から奥の院を覗き見ているがどの辺を見ているのかよくわからなかった。ここで再び食事。朝のご飯をラップで丸めた一口おにぎりに、トマトスープで、塩分もしっかりとれて元気が出てくる。山頂の杉が変わった形をしている。二股の間にまるで森の妖精がいるようだった。岩場を下っていく時が急だったが、その後は平たんな道で尾根を歩く。尾根道は北がブナの林で南が杉の林になっていて、景色が全く違う。鍋割山へは少し登りが続くが、標高1084mなので奥の院とはさほどの差がない。下りはさほどきついところもなく、分岐まで、大分靄がひどくなってきた。大岳山との分岐を過ぎると、木々の切れ目で少し雨粒が落ちていた。ヤマアジサイが沢山咲いてきれいだった。台風19号で荒れていた橋や東屋がきれいになっていた。ちょっと急ぎ足で、綾広の滝をへて、長尾平までは一気に。最後の登りで足がつらくなったのと、天気も考えて、帰りは楽して、ケーブルカーとバスにした。さほど密にならずに帰路についた。

登山中の画像
登山画像
御嶽駅
登山画像
橋を渡るとき渓流です
登山画像
立派な蛾がとまっていました。種類は不明です。4…
登山画像
ヘビイチゴがみずみずしです
登山画像
タマアジサイの蕾でしょう
登山画像
キイチゴが沢山なっています
登山画像
昨日の大雨でたくさん落とされていました
登山画像
ケーブルカーの駅へ曲がるところに最初の鳥居が…
登山画像
フウロソウが沢山咲いていました
登山画像
テイカカズラもまだ咲いています。雨風で沢山落…
登山画像
ネムノキの花
登山画像
ベニバナボロギクがありました
登山画像
ケーブルカーの駅です乗らなくてもトイレ休憩が…
登山画像
表参道の最初の鳥居です
登山画像
ろくろ首のように折れ曲がってる道です
登山画像
馬で登るときに休憩が必要だったようです
登山画像
木ではなく、舗装道路にくっついて生えているキ…
登山画像
少しガスがでて幻想的です
登山画像
大曲を過ぎると楽になるといわれていたそうです。
登山画像
ヤマアジサイが沢山咲いていました
登山画像
地面に泡の卵か巣のようなものが点在しています…
登山画像
ギンバイソウの蕾でしょうか
登山画像
先ほどの大きなサルノコシカケが草に隠れて生え…
登山画像
ケーブルカーの駅からの道に合流しました。
登山画像
神代欅です
登山画像
奥の院への入り口の鳥居です
登山画像
天狗の腰掛杉は後ろから見たほうがよく見えまし…
登山画像
梅のような花が散っていました。
登山画像
途中はところどころ悪路です
登山画像
杉の間を抜ける尾根道
登山画像
また変わったキノコが生えていました。
登山画像
鎖場を過ぎたところが振り返ってみる
登山画像
糞です、木の実をたくさん食べたのでしょうか。
登山画像
フモトスミレでしょうか 花が小さくはっきりし…
登山画像
雲海が開けています。下は雨になっているのでし…
登山画像
ギョリンソウです。初めて出会えました。昨日の…
登山画像
巻き道との分岐です
登山画像
奥の院の山頂です
登山画像
奥の院で休憩中に体にくっついた尺取虫
登山画像
奥の院の杉は面白い格好をしている
登山画像
ジンヨウイチヤクソウ
登山画像
緑の岩場が
登山画像
何かのフン 種がいっぱいフンコロガシ センチ…
登山画像
センチコガネのアップ以前あったのも同じ色だった
登山画像
アカショウマが咲いていました
登山画像
靄の中の稜線右はブナ、左は杉で様相が違う
登山画像
ケーブルカーへの最後の鳥居(振り返って)
登山画像
犬にさやしい御岳山
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Shyamさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Shyam さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年3月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。