登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
2020/7/17 金峰山 1泊2日 金峰山(関東)
img

記録したユーザー

ピトゥ さん
  • 日程

    2020年7月17日(金)~2020年7月18日(土)

  • 利用した登山口

    瑞牆山荘  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:韮崎駅 8:50発
    みずがき山荘 10:15着
    茅ヶ岳みずがき田園バス ¥2060

  • 天候


この登山記録の行程

【1日目】
瑞牆山荘(10:45)・・・富士見平小屋(11:20)[休憩 10分]・・・大日小屋(12:25)・・・大日岩(13:00)[休憩 10分]・・・砂払ノ頭(14:10)・・・金峰山(15:10)[休憩 35分]・・・金峰山小屋(16:10)

【2日目】
金峰山小屋(08:05)・・・金峰山・・・砂払ノ頭(08:30)・・・大日岩(09:05)[休憩 10分]・・・大日小屋(09:30)・・・富士見平小屋(09:55)・・・瑞牆山荘(10:15)

総距離 約11.2km 累積標高差 上り:約1,453m
下り:約1,453m
コースタイム 標準:8時間20分
自己:6時間30分
コースタイム倍率 0.78
瑞牆山荘からインして金峰山を通って大弛峠でテント泊。翌日は甲武信ヶ岳を目的地にして、西沢渓谷で下山。という1泊2日にするつもりで韮崎へ。東京も雨で韮崎着いても明らかに雨降りだけど、なんとか午後からせめて曇りになってくれないかなと思いつつ。平日だしこんな天気なので瑞牆山荘までのバスは貸切。ドライバーの方が道々いろいろと案内してくれて楽しかった。七福神とか。

瑞牆山荘着いてもやはり雨。バス運転手さんによれば4月だかに新築されたトイレがすごくきれい。しかしトイレットペーパーホルダーが異様に使いにくくめちゃくちゃ苦戦した。トイレも紙も利用させていただいておいてなんだけど……。こんなところで苦戦せずに持参の紙を使用するのをおすすめします。

なんだかんだで10:45発となり、はじめからレインウェア上下を着て歩きはじめる。か細い雨が霧のようにずっと降ってる感じで、樹林帯だしレインウェアなしでもよいかなと思ったけど、最終的にはレインウェアがかなりびちょびちょになったのでやはり着ておいてよかった。富士見平小屋に着くまでに3人くらいすれ違う。歩いているときに出会った人はそれのみ。富士見平小屋の水場で2リットルくらい汲む。富士見平小屋の前も人気はなし。テントひと張は見えた。すぐに金峰山方面へ。苔むしてたりうつくしい道なので雨に濡れていても悪くないものの、服はジメジメしてきて不快。大日岩でお菓子食べてちょっと休憩。

大日岩からの登りでだんだん疲れを感じてくる。砂払ノ頭に着くけど真っ白で眺望ゼロ。風はあるけどそんな強いわけではないのが助かる。これ以降はちょっと茶色みのある岩がゴロゴロあるところを通過していく。濡れていて滑りそうなので慎重に進んだ。ハイマツしか名前を知らないけど高山植物の茂る間に岩のトレイルがあり、眺望ゼロなのは残念だけど最高にうつくしい道だった。アップダウンを繰り返しつつ、高山植物の庭園の間を歩いていく感じ。真っ白中にいきなり巨大な岩山が見えてきてやっと山頂かと思ったら違い、それを巻いた次のところが五丈岩だった。真っ白な中に岩が迫り不気味。山頂も誰もいなくて、ウサギが走って逃げていった。普通のカイウサギのように見えたけどウサギなんかいるのか。

雨の降るなか慎重に石の上を歩いてきた時間が異常に長く感じ、ものすごく苦労してやっと金峰山の山頂に着いたという感覚があった。五丈岩の岩陰で雨をしのぎながらお湯を沸かし、昼食のカップ麺を食べる。じっとしていると寒くなってきて弱気になり、明日も雨なら何時間もかけて甲武信ヶ岳登るのもしんどい気がしてきて、金峰山小屋に電話したら宿泊できますよということなので今日はここでおしまいにする。大弛のテント場も予約制だったので電話。当日直前キャンセルとなり申し訳なかった。山頂でも普通に電話使えるのもすごいが。

金峰山小屋は2名パーティが先着しており、今日は宿泊3人のみ。1人だけで当日予約にならずよかった。テント泊のつもりで食料はいっぱい持ってたけど、せっかくの小屋泊なので2食付きにしてしまった。サバの味噌煮とサラダとご飯に、おかわり用のカレーもあり、どれもおいしい。2名パーティの方たちとも交流できて山小屋の夜を楽しんだ。いいお布団ですごく質のいい睡眠ができた気がする。

5時くらいに自然に目が覚めて、なんとなく外を見たら晴れ間がさして山々がきれいに見えた。撮影を兼ねてトイレにでも行こうと思って身を起こしたところでもう一度窓を見たら、もう真っ白に戻っていた。
朝食は6時におかゆと漬物と卵焼きとフルーツ。満腹。来た道を帰るのもつまらないので廻り目平に降りて帰るつもりで8時までダラダラ過ごす。8時出発するところで、小屋の方に東京に帰るなら瑞牆山荘の方が早いでしょと言われ、まあそれもそうだよなと思って結局来た道を戻る。となると10:20のバスに乗っちゃいたいのでさくさく下山。砂払ノ頭を過ぎたらレインウェア不要な感じになったもののキリのいいところまでと思って大日岩まではそのまま歩いたけど汗だくに。Tシャツで歩くの快適だった。バスの時間をなぜか10:15だと思いこんでて、瑞牆山荘のとこの車道がなんとなく見えてきたときにすでに10:12くらいだったので最後は走ってしまった。

温泉寄ってお蕎麦食べて特急で帰る。

充実のテント泊縦走計画だったはずが、小屋泊ピストンとすごく楽してしまった。
天気のよいときに再チャレンジしたい。

登山中の画像
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ピトゥさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    金峰山の稜線は白く見えます。軽アイゼンの用意を。急激にとても寒くなっています
    20年10月21日(水)
    甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    10/7初霜観測。紅葉は毛木平あたりへ。風冷たくなり手袋や帽子も含めて万全の防寒装備で
    20年10月16日(金)
  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    青かった木々も日に日に色づき始め、毎日ストーブを焚くほどに寒くなってきました
    20年09月28日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ピトゥ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...