登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
北八ットレッキング 大岳、北横岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

yasuhiro さん

この登山記録の行程

大河原峠(04:00)・・・双子山(04:20)・・・双子池(04:40)[休憩 20分]・・・天狗ノ露地(05:40)・・・大岳分岐(06:30)・・・大岳(06:40)[休憩 20分]・・・大岳分岐(07:10)・・・北横岳(08:20)[休憩 30分]・・・亀甲池(10:00)[休憩 10分]・・・亀甲池分岐(10:20)[休憩 10分]・・・大河原峠(11:30)

総距離 約8.3km 累積標高差 上り:約767m
下り:約767m
コースタイム 標準:6時間30分
自己:6時間
コースタイム倍率 0.92
大河原峠から北八ヶ岳を歩きました。蓼科スカイラインは大河原峠から立科側が通行止めで、佐久からしか入れません。
前半は登山、後半トレッキングという感じの山歩きになりました。前半は時折視界が覗きましたが厚いガスがかかるあいにくのコンディション、後半はそのガスがすっきり取れ、暑いくらいの陽気となりましたが気持ちの良いトレッキングを楽しめました。

大河原峠から双子池までは双子山という山を越えて行きます。双子山は古い火山で、なだらかな山頂でほとんど丘のような感じ。まだ暗かったですが、とにかく風が強かった。山頂一帯は吹き曝しで風がきつかったです。それを過ぎると森の中の下りになり、下りきった所に双子池があります。
双子池はふたつの池があるのですが、その間にヒュッテがあります。この日はほとんど誰も泊まっていない感じでした。
このところの雨で二つの池とも水があふれていました。雄池にある標識は水没しておりました。

ここから大岳までは、大変な難所です。特に前半の岩場は、他のルートなら鎖や梯子が架かっているであろう急斜面で、ロッククライミング一歩手前な感じ。途中朽ちかけた梯子がふたつあっただけでした。
やがて森に入ってホッとしたのもつかぬま、森が開けて目指す大岳が眼前に現れると再び岩場。
大岳は新しい火山で、周辺は背の低い木しかありません。この辺りでよく見られる日本庭園みたいな風景が広がっています。その日本庭園の中にゴロゴロ転がる岩を越えながら進みます。前半ほどの急登ではありませんが、それでもちょっと大変でした。
やがて森に入ると斜度が増し、ようやく大岳分岐。それを左に曲がるとほどなく大岳の山頂です。
ここからの風景は高い山の上から見えるのとは別の絶景です。周囲は全て日本庭園。おそらく南八ヶ岳までも一望できるのでしょうが、残念ながら厚いガスがかかっておりました。

次いで、先ほどの大岳分岐まで戻り北横岳を目指しました。まずは日本庭園の岩場ですが、歩きにくいことは歩きにくいですが水平移動なのでそれほど大変ではありません。
やがて森に入ると上りになります。北横岳はトレッキング感覚で登れる山として子連れのお母さんにも人気の山ですが、それはロープウェイからのルート。こちら側はかなりきつい斜面が続いています。そして北横岳も新しい火山であったことを彷彿とされてくれる巨大な岩を、あちこちに見ることができます。

北横岳の山頂でも厚いガスに阻まれ、視界ゼロ。しかも強風。

早々に亀甲池への登山道に向かいます。ここは、おそらく八ヶ岳の中でも一番きついルートの一つでしょう。標高差500mを一気に下ります。しかも斜度も終始結構きつい。登ってくる人もいましたが、相当大変な感じです。

亀甲池の標識も水没していました。水は登山道の一部に染み出し、道も水没しているところがありました。増水した池は、でもとてもきれいで、いつもとは違った雰囲気の亀甲池でした。

そこからはトレッキング。天性寺原まではほとんど水平移動、天性寺から大河原峠まではダラダラした登り。この日はなぜか疲労が激しく、峠までちょっときつかったです。

峠にはツーリングのバイクや車がたくさんいて、いつもの雰囲気となっておりました。

登山中の画像
登山画像
大河原峠から1時間で双子池に到着。このところ…
登山画像
そこから大岳への上りは、大変な難路。巨大な岩…
登山画像
森に入って一安心したのもつかぬ間。視界が開け…
登山画像
大岳山頂についた時にはガスがかかっていて、時…
登山画像
大岳から北横岳へは日本庭園の中の岩場。こちら…
登山画像
その隣に七つ池。北横岳ヒュッテから降りていく…
登山画像
北横岳山頂もガスがかかり、何も見えませんでし…
登山画像
北横岳から1時間半ほどで亀甲池に到着。こちらも…
登山画像
亀甲池はいつもとは全く違った雰囲気。水も清涼…
登山画像
亀甲池からは本当のトレッキング。天祥寺原まで…
登山画像
天祥寺原周辺には水がかなり出ていました。ここ…
登山画像
その途中から見る北横岳。こちらもすっきりとガ…
登山画像
この辺りの景色は、とても美しいです。ただ、こ…
登山画像
大河原峠にはツーリングのバイクや車がたくさん…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yasuhiroさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    宿泊は完全予約制、テント場は先着順で営業中。シャクナゲ尾根(稲子湯~ニュウ)に崩落や倒木箇所あり
    20年07月31日(金)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    梅雨明け後はロープウェイを利用して北横岳山頂を往復する日帰り登山者が多くなることが見込まれます。コロナ感染拡大防止の意識をお忘れなく
    20年07月22日(水)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    テント場は現時点では予約不要ですが、他のお客様の就寝時間への配慮など利用マナーにご協力をお願いします
    20年07月22日(水)
    オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    周辺の登山道は、雨の影響はありません。天気予報では雨でも、実際にはそれほど降らないという日が多いです
    20年07月22日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

yasuhiro さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月4日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました