登山記録詳細

ハイキング
参考になった 5
遭難の二歩手前、雨の槍ヶ岳日帰りハイク(槍沢ルート) 槍ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん
  • 日程

    2020年7月25日(土)

  • 登山口へのアクセス


    その他:行き_
    西糸屋山荘の大部屋に前泊。
    帰り_
    上高地(アルピコ交通)17:30~18:35新島々駅18:39(松本電鉄)~19:09松本駅

  • 天候

    終日雨。強くなったり小降りになったり。
    [2020年07月25日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

河童橋(03:20)・・・明神・・・徳沢(04:34)[休憩 5分]・・・横尾(05:19)[休憩 35分]・・・一ノ俣・・・槍沢ロッヂ(06:47)[休憩 13分]・・・ババ平・・・水俣乗越分岐(07:32)[休憩 3分]・・・天狗原分岐(08:07)[休憩 3分]・・・グリーンバンド・・・槍ヶ岳殺生ヒュッテ[休憩 3分]・・・槍ヶ岳山荘(09:29)・・・槍ヶ岳(09:48)[休憩 20分]・・・槍ヶ岳山荘(10:34)[休憩 20分]・・・槍ヶ岳殺生ヒュッテ・・・グリーンバンド・・・天狗原分岐・・・水俣乗越分岐(12:15)[休憩 5分]・・・ババ平・・・槍沢ロッヂ(12:46)[休憩 30分]・・・一ノ俣・・・横尾(14:09)[休憩 23分]・・・徳沢(15:11)[休憩 3分]・・・明神・・・河童橋(16:20)

総距離 約37.2km 累積標高差 上り:約2,573m
下り:約2,573m
コースタイム 標準:17時間25分
自己:10時間17分
コースタイム倍率 0.59
歩き通したいコースがあり準備をしてきた。この一年の山歩きはそのためのトレーニングでもあった。ところが地震・大雨によって変化があったかもしれない直近のルート情報がコロナ禍のために手に入らない。天気予報もよろしくない。一週間前には計画をあきらめたものの、宿や交通機関の予約はそのままにしてあった。上高地へ向かう車中で地図を眺めながら、25年ぶりに槍の穂先に上がってみようかと思いつく。そうして登った槍ヶ岳は、ふだん1000mから1500mの低山をうろうろしているハイカーに、3000mに上がる戒めを与えてくれたようだった。
.
○ アプローチ
元の計画では明け方に西穂高岳に着いている予定だったから前泊。登山者向けの大部屋のある西糸屋山荘さんにお世話になった(写真2)。寝床も食事も簡素だが、清潔な宿でスタッフの対応も気持ちよい。大浴場のカランから湯は勢い良く出ないので、のんびり浸かるにかぎる。一泊二食付き9000円。

○ 槍沢ロッジまで
軒先を出たとたんに本降りの雨の中をヘッドランプは手にもって歩く。道標を照らしながらキャンプ場を抜け、遊歩道は水溜りやぬかるみを避けるつもりがそうもいかない。暗いままの明神を過ぎ、徳沢は目覚めて明かりを灯したテントが多くなる。途中でヘッドランプを消し横尾への到着が5時半前(写真5・6)、軒先を借りて宿が朝食のかわりに用意してくれた弁当を食べる。大きなおにぎりがふたつに小魚の甘露煮・鶏の唐揚げ・佃煮など。たっぷりでありがたいなあと思う。周囲はすっかり明るくなった。
横尾を発って槍沢ロッジ(HP上はロッヂ)に向かうと登山道らしくなる。右から水量の多い支流が流れこんでくるのを何度か渡り(写真8)、小川状態の登山道を歩いてロッジ着。ここで標高1825m。
往復とも上高地〜横尾間が実歩行で2時間、横尾〜ロッジ間が55分。感覚的には、谷川岳に登るために新宿駅から在来線を長々と土合駅まで移動するのが上高地〜横尾、土合駅の地下ホームから462段の階段を上って地上に出るのが横尾〜槍沢ロッジに相当するかな、とは山行終了後の印象。
.
○ 槍ヶ岳山頂まで
槍沢ロッジを離れてもしばらく道の傾斜はそれほど変わらないが、ババ平(テント場)を過ぎ、水俣乗越への道を右にわけた標高2100m過ぎから傾斜が急になったと記憶している。まだ1000m登らないといけないのかと呆然としながらあえぎあえぎ登ってゆく。雪渓があらわれ道が横断する場所もある。滑ったら怪我をしそうなので可能なところは下を巻いた(写真18)。
1300、1100……の白ペンキは槍の肩までの残りメートル数らしいが(写真19・21)、これが効いた。ラクになるのではなく、数字がなかなか減らないからキツいのだ。ないほうがむしろ良かったよ、と心中愚痴りながら立ち止まって息を整え、石の階段を登り続ける。
殺生ヒュッテへの道を右にわけ、最後に見かけたのは「200」だったか、しばらくすると右手上方に人の声がする。いま歩いている道はまっすぐ槍ヶ岳山荘へ上がる。槍の頂上を目指すなら一段上の右の道のほうが近いようなので、ガレ場を手をついて上がった。
ほどなく「肩」に着くと、あとはクサリ・ハシゴ・足がかりの金具の連続、手を使った登りになる。頂上近くは急に風が強くなり、風雨にたたきつけられながら最後の長いハシゴを上がって槍ヶ岳山頂に着いた(写真22)。
.
○ 山頂にて
風に吹かれたときにはっきり自覚したが、体調に異変が生じた。じつはそれ以前、たぶん標高2500mをこえたあたりだと思うが、うっすらと体調の変化を感じてはいた。頭痛はない、激しい疲労感もない、でも不快な感覚。ごく軽い吐き気がしたのだ。高山病になりかけているかもしれないなと頭の片隅で意識しながら、しかし槍の肩に着いてもとくに悪化していない。ザックを背負ったまま立ち止まらずいっきに山頂を目指してしまった。
ところが、岩場に入ると運動強度は落ちる。先行パーティがあり待ち時間も生じる。それまでハイペースの高強度で歩いていたから体温を保てたが、雨と汗で濡れた体を強い風によって急速冷却されてしまった。おいおい、ヘモグロビンが運んでくる酸素が足りないよな、と筋肉が不平をいっているところに急激な冷えがくわわって血管が収縮する。ますます酸素が足りなくなる。
具体的におこったのは手と脚の痙攣だった。「小刻みに震える」のではなく、がくんがくんと大きく動く。ロレツも回らなくなった。
狭い山頂で立っているのは危険だから座りこむ。降りに備えて手袋を(ここまで素手)出そうとするが、指が思うように動かずザックのストラップをはずすのに手間どる。手袋を取り出してもなかなかはめられない。ヘルメットのあごヒモを調節しようとしてバックルをはずしてしまい、つけるのに時間を費やす。どんどん体が冷えてゆく。
一刻もはやくここから降りよう。山荘で体を温めないと。山頂で「休憩20分」とあるのは休憩していたのではない。穂先には1人・1人・1人・2人と多くて5人いたが、一人が「これじゃ長居は無用ですね」といったとおり、展望はなし、風雨は激しい。20分は降るための準備に悪戦苦闘していたのだった。
細心の注意をはらってハシゴにとりつく。意識ははっきりしているから用心しろよ慎重に行けと肝に命ずるが、手脚の痙攣は自律神経の働きだろうから意思ではなんともしがたい。5本の指がハシゴの桟を、足が岩角を確実にとらえるのをいちいち目で確認しつつ、三点確保でゆっくり降る。肩に降り立ったときには心底ほっとした。
.
○ 下山
歩幅の小さい不自然な歩きかたで槍ヶ岳山荘へ。雨具とヘルメットをとり休憩室でココアを注文する。ストーブが点いていたので手をかざすが、なかなか温まらない。今日は天気が悪いから山頂に上がるのは明日にしようかと思って、という3人パーティに、ここに泊まるならそのほうが良いかも、山頂まで濡れてるし風はあるしですごく悪いですから、とロレツの回らない口を動かす。低体温症の入口はみっともないものだ。こぼさないよう気をつけてココアをいただいた。
痙攣はまだおさまらない。標高を下げ体のボイラーに薪をくべなければ症状は改善しないはずだ。そのためには歩くことだ。時間をかけて雨具をつけヘルメットをかぶる。よちよち歩いて下降をはじめた。
10分して痙攣がおさまった。30分後にはなにもなかったかのようにいつもどおりのペースで脚を動かし、水が流れる岩の登山道を先行者を抜きながらとんとんと降ってゆく。降りたらどこでなにを食べようか、早くビールが飲みたいな、などと考える。あきれたものだ。
.
○ エピローグ
槍沢ロッジで軒先を借りて菓子パンをほおばり一服する。もう山頂でおきたことなど忘れかけている。
『ジャンダルム周回をやりたかったな。去年、登りそこねた前穂高岳にも上がり、まともな時間に歩き終えたかった。でも目の前の張り紙は「前穂高岳から岳沢小屋に下る重太郎新道は落石が激しく通行困難」だって。ここが通れないならジャンダルムの日帰り周回はやっぱり難しかったなあ』
3時間前のピンチはどこへ行ったのだろう、まるっきりあさってのことを考えている。時間に余裕があるので横尾でも長々と一服する。横尾から上高地までの11kmは単調な道にぶつぶつ言いながら脚を運んだ。
計画のルートをやれないからと渋々の予定変更でなんとなくモチベーションが低いまま上がってしまった山はいつもの1500mではない。「頭ではわかっていたつもり」の3000mの怖さを久しぶりに実感した、雨にうたれ続けた13時間のハイキングだった。
.
● 反省と考察
高山病らしい症状があらわれるにいたった原因は、登山ガイドさんの指摘(以下リンク記事参照)するとおりだと思う。ふだん低山中心のハイカーが2500m超をおなじペースで歩こうというのが慢心だ。高山病が主たる疾患、続いておきた低体温は体が弱っているなかで風に吹かれた副次的な症状だと思う。ほとんどの登山者は手袋なしで上がってきていたから。
初期のごく軽い吐き気・山頂に上がっての痙攣のほかは、頭痛・激しい疲労感・意識の障害などがまったくなかったのは幸いだった。
.
『ハイペースで一気に標高を上げると高山病になりやすいため、3000m級登山の経験が浅い人は体力に自信があってもゆっくり登ることを心がけましょう。』
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=738

登山中の画像
登山画像
1.前日昼過ぎの梓川とかっぱ橋。
登山画像
2.西糸屋山荘の喫茶ルーム。
登山画像
3.徳沢。
登山画像
4.横尾へ向かう。
登山画像
5.横尾着。
登山画像
6.
登山画像
7.横尾を発って登山道らしくなったトレイル。水…
登山画像
8.水量多い一の俣沢。
登山画像
9.
登山画像
10.槍沢ロッジ。
登山画像
11.おなじく。
登山画像
12.
登山画像
13.
登山画像
14.
登山画像
15.槍沢大曲り。
登山画像
16.
登山画像
17.
登山画像
18.トレイルは雪上についていたが、さっさと下を…
登山画像
19.槍の肩まで「1400m」。
登山画像
20.
登山画像
21.肩まで500、いちばんしんどかったころ。
登山画像
22.槍の穂先、祠。
登山画像
23.下降路も小川状態なのを撮ってみたが、写真だ…
登山画像
24.まだ11kmあるの~?
登山画像
25.スタートもゴールも雨のかっぱ橋。
この山行での装備
【その他】 サレワのMTN Trainerにモンベルのストレッチゲイター。テスラの冬用起毛タイツにモンベルのショートパンツ、マウンテンハードウェアの速乾性長袖シャツ。ペツルのヘルメットとモンベルの雨具上下を全行程で着用。頂上から肩への下りのみブラックダイヤモンドのフルフィンガーグローブ。ザックはロウアルパインの25リッターに、モンベルのヤッケ・薄手フリース・ユニクロのライトダウン、ロールペーパー・ヘッドランプ・スマホ・バッテリー充電器と予備電池・地図、キャメルバックのハイドレーションに水2L。宿の弁当と菓子パン、非常食など。スタート時重量6.5kg(推測)。
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    主ルートに支障なし。9/15朝の稜線は2℃。ベンチの夜露が凍結。草紅葉が進んでいます
    20年09月17日(木)
    燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    紅葉が始まりだしました。山肌の色は日毎に秋の色へと変わってきています
    20年09月17日(木)
  • 穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    今朝の最低気温6℃。草紅葉が進んでいます。防寒具が必要(手袋なども)。低体温症に注意
    20年09月16日(水)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    今期の双六小屋、鏡平山荘、わさび平小屋は、10月10日(土)まで。黒部五郎小舎は、9月30日(水)までの営業
    20年09月16日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年9月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
NEW 秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催
秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催 小林千穂さん、現地ガイドが同行する、世界遺産・秋田白神の魅力を満喫する特別ツアー開催。参加者6名募集!
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
NEW いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳
いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳 標高差が大きく長時間の登りを要する笠ヶ岳。一日ではたどり着かない秘境・黒部五郎岳。上級編として、2座の魅力を伝えます。
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...