登山記録詳細

ハイキング
参考になった 8
槍沢ルート 雨続きで撤退 槍ヶ岳(撤退)(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

カピトラ さん

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(08:15)・・・河童橋(08:20)[休憩 5分]・・・明神(09:10)・・・徳沢(09:55)[休憩 60分]・・・横尾(11:45)[休憩 15分]・・・一ノ俣(12:50)[休憩 5分]・・・槍沢ロッヂ(13:30)

【2日目】
槍沢ロッヂ(03:30)・・・ババ平(04:00)[休憩 10分]・・・水俣乗越分岐(04:35)[休憩 5分]・・・ババ平(05:00)・・・槍沢ロッヂ(05:20)[休憩 20分]・・・一ノ俣(06:05)・・・横尾(06:50)[休憩 30分]・・・徳沢(08:20)

【3日目】
徳沢(04:45)・・・明神(05:30)[休憩 5分]・・・河童橋(06:15)・・・上高地バスターミナル(06:20)

総距離 約32.1km 累積標高差 上り:約1,496m
下り:約1,496m
コースタイム 標準:10時間50分
自己:9時間5分
コースタイム倍率 0.84
海の日の4連休は槍ヶ岳!と思っていました。
7月1日の予約解禁を待って、朝からずっと電話をかけ続けましたが…槍ヶ岳山荘には繋がらず。
ダメ元でかけた南岳小屋に予約が取れて、初日の槍沢ロッヂと最終日の徳澤園も予約完了。
天気さえよければ!と思っていたのですけどね…結局は、残念ながら撤退です。
今年初の3000m超は、来月以降に持ち越しとなってしまいました。

7月22日(水)、松本市内に前泊をして、翌23日(木)沢渡へ。
午前6時30分を過ぎての到着でも、第三駐車場はまだ余裕でした。
この日は終日雨予報で、特に朝のうちは強く降るということだったため遅めのスタートにしましたが、バスターミナルで身支度を調えていた午前7時頃は、雨脚もまだかなり強かったのでした。

例年なら、それでも「安全な上高地」ですから、見切り発車でOKだったかもしれません。
しかし、今夏は、地震や災害レベルの大雨の後、まだ完全に落ち着いてはいない状態のまま雨が降り続いていることを知っているので、やはりどうしても慎重にならざるを得ません。
午前8時過ぎ、ほんの少しですが雨が弱まってきたことを確認して出発しました。

明神・徳澤・横尾と、数日前に歩いたばかりの道は、泥濘等の状況もあまり変わっていませんでした。
この日の雨は激しく降る大粒の雨ではなく、細く糸を引くようびっしりと絶え間なく降りしきる雨。
お山にとっては、おそらくボディーブローのようにじわじわと効く降り方なのではないかな…
それが恐ろしかったです。 
登ることは出来ても、下りてこられなくなるんじゃないか?…と。

案の定というべきか、一ノ俣まではほぼ水没・もしくは池か川…でした。
槍沢ロッヂの方々が、きちんと補修してくださったおかげで安心して通れたものの、今後もずっと雨が降り続いたら?という不安は、どうしても拭いきれませんでした。

雨具のメンテナンスは勿論のこと、ザックカバー装着の上で更にザック内の防水もしっかりしておきましたが、それでも雨の中を4時間以上歩けば、まあ、それなりになります。
ババ平でテン泊と思われる方たちも、しばらくは建物内で雨宿りをされていたようでした。

その後、夜中に一旦晴れ間が出て、星も見えましたが…残念ながら、天気は下り坂。
午後からは雷や風、沢の増水も要警戒の予報となり、行くべきか?の判断を迫られました。

24日(金)午前3時30分、とりあえずババ平に向けて出発。 
明けゆく空を見上げながら未練がましく歩き続けましたが…雲行きはどんどん怪しくなるばかり。
「行くだけなら行けると思うけど…」
「南岳小屋はキャンセルして、槍ヶ岳だけでも行ってみる?」
…などと色々考えてみましたが、やはり、「25日に槍沢を下るリスクは大きいかも…」ということで互いに納得し、最終的に撤退を決断したのでした。

一気に力が抜けました…。

例の給付金を申請したときから、できれば全額を山小屋に還元しよう!と決めていましたので、中途半端に志半ばで「キャンセル」だなんて…と、情けない気持ちにもなりました。
電波の通じる場所まで下り、南岳小屋に連絡をすると「是非また来てください!」と。
申し訳ない気持ちでいっぱいです…。

徳澤園の予約も本来は翌25日(土)でしたので、前倒しをお願いできるかどうか確認し、ダメならキャンセル料をお支払いしてでも帰ろうかとさえ思いました。
幸いにも…というか、おかげさまで快く日程変更に応じていただき、そこからは気持ちを切り替えて、大好きな上高地をのんびり楽しもうと思えるようになりました。

昼前後には横尾方面から多くの登山者が徳澤に到着されましたが、皆さん本当にびしょ濡れ…
「やばい!ザックの中がプール状態だ!!」と叫ばれる方も。
目の前で靴を脱ぎ、靴下も脱いで絞っている方もいました。
テン泊の(と思われる)方たちも、雨の撤収にご苦労された様子が伝わってくるようでした。

最終日を徳澤園にしたのは、シャンプー完備のお風呂があることと乾燥室が立派なことが大きな理由です。
山とリゾートとの絶妙なバランスというか、とても贅沢なところだと思います。
また、今回は相部屋がとれずに「和室」にしましたが、とても快適で、部屋に持ち込んだすべての物が気持ちよくすっかり乾き、お布団もふかふかで、素敵なテラスまでありました。

本当は南岳小屋で楽しむつもりだった「ハイボール」をこのテラスでいただきました。
「ハイボール」=スキットルのウィスキー+ペットボトルの炭酸+レモン丸ごと一個+山専ボトルに詰めたロックアイス…これらを2日間持ち歩いての、24日午後の乾杯!でした。

25日(土)の朝は、ほんの2時間弱の道のりでしたが、しっかり濡れる雨と、足下を流れる水。
道の様子など、少ないながら写真を撮ったものを載せておきます。

あと、もう一つ!
徳澤で、午前2時頃地震を感じました。 
小さいながらも「ドン!」と一回、建物ごと軋むような揺れでした。
普段、東京で感じる、少し遠い震源地の印象とは違い、とても近い!感じが怖かったです。

…早く梅雨が明けて、上高地とその先のたくさんの山小屋にも活気が戻りますように…!

登山中の画像
登山画像
24日早朝、槍沢ロッヂから下山中に撮った写真で…
登山画像
3日間のうちで、このときが一番水量が少なかった…
登山画像
写真で見るより怖い感じです。
登山画像
修復してくださった跡。
登山画像
グリーンロープの右側を歩きます。
登山画像
写真ではわかりにくいですが…かなり崩れています。
登山画像
ここも右側を歩きます。
登山画像
キノコはたくさんありました。
登山画像
静かな徳澤園。テントは10張以上はあったと思い…
登山画像
花はあまり撮れませんでした。
登山画像
徳澤園のトイレ前。わかりにくいかと思いますが…
登山画像
水場の泥濘は、こんな感じで整備されています。
登山画像
水場の横、小川の前に設置された広場(?)
登山画像
晴れていれば、とてもよい休憩スポットになりそ…
登山画像
小川の向こう側から見たところ。(去年まではな…
登山画像
明神を過ぎてから。足下にどんどん水が流れてい…
登山画像
アップにしたところ。実は、横尾~明神の間でも…
登山画像
バスターミナル近く。初日より明らかに水量が増…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 携帯トイレ、消毒用アルコールジェル、アルコール除菌シート、体温計、ゴミ用チャック付ポリ袋、インナーシーツ、テーブル、椅子、ヘルメット、入浴セット一式
参考になった 8

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    初氷観測。稜線草紅葉色づいてます。めっきり寒くなり秋山装備で(ダウンや手袋、帽子も)
    20年09月24日(木)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    9/22初氷観測。秋が深まっています。急な降雪凍結に対応できる装備が必要。日没も早いです
    20年09月24日(木)
  • 双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六岳周辺や黒部五郎岳カール、弓折岳周辺では、 9月下旬~10月上旬頃が紅葉の見ごろと予想しています
    20年09月24日(木)
    燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    日に日に変わってゆく山肌の色。秋山を楽しむためにしっかりとした装備を
    20年09月24日(木)

カピトラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 8

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年9月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...