登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
至仏山 「メタボ本隊ついに森林限界突破」 メタボ登山2020 至仏山(関東)
img

記録したユーザー

野良耕筰 さん

この登山記録の行程

【1日目】
鳩待峠07:30・・・08:53横田代09:10-09:20・・・09:47中原山・・・09:54アヤメ平・・・10:01アヤメ平休憩所10:13・・・10:31尾瀬ヶ原分岐10:40・・・11:18土場10:36・・・11:54長沢頭・・・12:57長沢橋・・・13:25竜宮十字路/昼食13:57・・・14:25ヨッピ橋・・・14:43キスゲ保護区・・・15:33牛首分岐・・・16:07山の鼻/宿泊

【2日目】
山の鼻06:40・・・06:53登山口・・・07:47森林限界・・・10:10高天ヶ原10:27・・・10:54至仏山11:04・・・12:07小至仏山・・・12:47昼食13:00・・・13:13オヤマ沢田代・・・13:23オヤマ沢・・・14:47鳩待峠

総距離 約22.4km 累積標高差 上り:約1,302m
下り:約1,302m
コースタイム 標準:9時間40分
自己:16時間29分
コースタイム倍率 1.71
 梅雨明け前の尾瀬山行。今回は「メタボ隊禁断の森林限界突破」が目標。コロナが変な動き。悩みながらも十分注意を払い決行。予報は雨、次の日も微妙な天候。
 結果は、初日午前中は雨。午後は晴れ間あり。二日目の至仏山は晴でした・・・。森林限界の紫外線が、あんなに強いとは想定以上でした。キャップだったので耳が真っ赤で数日後剥けました(涙)。その他にも「至仏山は滑る」と言われていたのに「アヤメ平」の方が滑りまくり。雨の日の木道は十分注意しても「滑る!」です。


【 鳩待峠~横田代 】・・・小雨から雨と風。
 鳩待峠休憩場の横から「アヤメ平」入口へ。木製階段、山道(ザックカバー取付)、木道で「横田代湿原」。ワタスゲは雨で微妙な形(フワフワが見たかった)。このころは小雨。友は「この雨が本来の尾瀬です!」。そう言えば前回は朝霧も出ない快晴二日でした。

【 横田代~アヤメ平休憩所 】・・・雨。風が少し涼しすぎ!
 横田代を過ぎ、中原山を越え、アヤメ平に入ると「本格的な雨と強風」。至仏山や燧ヶ岳は全く見えず通過するのみ。ここまででサクサク抜いて行ったのは二組の四人。ほぼ貸切状態。

【 アヤメ平~尾瀬ヶ原分岐 】・・・スケート場が待っていた!
 アヤメ平が終わり、右側崖の木道に入ると下から風。木々の中の木道に入ると「滑る滑る」スケート場に早変わり。登山口の初めからストックの先端は滑りに滑っていたが、登山靴でも少し接地が悪いだけで「つるん」。短い距離なのに5回も青天(ザックで小さいケガのみ)。「明日、少しでも雨が降ったら至仏山は中止」と友と確認し合う。

【 分岐~竜宮十字路 】・・・安全第一で降下しました。
 尾瀬ヶ原への分岐から竜宮十字路までの木道は、安全第一で降下しました。全然楽しくない!というより「ケガしない事を優先」したので「草木たち御免なさい!もう雨の日はこの地域には入りません」と誓った。

【 竜宮十字路~ヨッピ橋 】・・・竜宮小屋は、まぼろし~!
 竜宮小屋のトイレを借りる予定が「休業で使えないよ」。こうなればヨッピ橋からしてやる!と。十字路の休憩所で遅い昼食。アヤメ平経由「剛力パック」じゃない昼食。
 「ニッコウキスゲが見頃だよ」とのことが。ポツリポツリのキスゲ。なんでヨッピ橋に行くんだ?と花が少ないことに不機嫌になる。
 ヨッピ橋手前の休憩所でキスゲの花の写真撮影。ヨッピ橋撮影。ここで「保護区」の事を初めて知らされる(予備知識なしでした)。

【 ヨッピ橋~キスゲ保護区 】・・・鹿の食害が目で見える保護区。
 ヨッピ橋から・・・しなくて。キスゲ保護区へ。
流石に保護区の中はキスゲが沢山咲いていました。尾瀬ヶ原のニッコウキスゲは保護しないと鹿に食べつくされるらしい。人が鹿を食べ尽くすか、鹿がキスゲを食べ尽くすか、面倒な時代になりました。

【 保護区~牛首~山の鼻小屋/宿泊 】・・・晴れ間が出てきた!
 保護区前後で晴れ間が。明日登る予定の至仏山も全景を見せたり、山頂が隠れたり。
そして山の鼻小屋の山の鼻荘に到着。トイレも我慢することなく到着しました(汗に変わった?)。

【 山の鼻荘 】・・・大陸の方達「密です!」
 山の鼻荘は四組の宿泊のみ。お互いに距離をとり静かで快適な環境。ところがソフトクリームを買いに「大陸の方が6名」密な状態で、夕食を摂るメタボ本隊の背後に「密」。唯一、不愉快な場面でした。
 夕食、朝食はたいへん美味しく頂きました。暖かいおかずは想定していなかったので「生ビール」が余計に美味かった!

【 山の鼻~森林限界標識 】・・・メタボ隊、禁断の地へ突入!
 昨日と打って変わって。至仏山丸見えの好天。宿で昼食の「おにぎり」を作ってもらい。いざ「至仏山、森林限界突破!」へ。
 高度順化は昨日の「アヤメ平」で訓練しているので対策バッチリ(?表現が古い)。登山口から木製階段、慣れた山道、朽ち始めた木道・・・チョッとビビる。木道は滑りそうで慎重に慎重に進む(メタボ隊標準速度自体がカメ並み)。登り易くなったころに禁断の地「森林限界」標識が出現!確かに高い木々が無い。木道が滑りやすいので雨が一滴でも降ったら、メタボ隊には絶対無理だと感じながら登る(登り専用にした意味が分かった)。

【 森林限界標識~岩石地帯 】・・・ストックが微妙に邪魔。
 森林限界突破すると岩石地帯。大きい岩を越えるときはルートが難しい(短足同好会員にはキツイ所があり)。ストックが微妙に邪魔になるが意地で収納しない。尾瀬ヶ原から見た「直登地獄ルート」を身体で実感。

【 岩石地帯~木製階段地帯 】・・・野良は階段に弱い。
 尾瀬ヶ原や燧ヶ岳が良く見える。良く晴れているので紫外線が非常に強い。のどが渇き水休憩を繰り返す(何時ものメタボ隊ペースですが・・・何か?)。宿でPETボトル満タンにしてきて良かった!唇が異常に乾くのも紫外線の影響?と思われる(夏はリップクリームは絶対必要)。友は階段地帯が得意なのでスイスイとカメ速度で行く。

【 木製階段地帯~高天ヶ原 】・・・天国にはずっと居られない!
 木製階段ばかりになると「高天ヶ原の休憩所!」。少し風も有る。高山特有の景色。至仏山の山頂も見える!ずっと休憩して居たいが「ホントに登頂が12時になってしまう」と重く太い腰を上げ頂上へ向かい発進。

【 高天ヶ原~至仏山の頂 】・・・高山病にならず元気。
 山頂は雲が時々かかる写真には丁度いい感じの天候。雲で影になると涼しいので身体にも優しい。頂上付近は急激な登りが無いので、微妙な体調が戻った気がした。
 至仏山頂は360度の眺め。森林限界を越えることがないメタボ本隊には高山に来たと感激もあるが。体力とバランス感覚に微妙な思いを感じた山頂でした。

【 至仏山~小至仏山 】・・・ダムが見える。岩場のストックは微妙。
 山頂は狭いので早々に撤退。遠くにダムを見ながら下山開始。と、いきなりの岩場。大きい岩なので足場確保に苦労した。でもハイマツや白いシャクナゲが咲いてたり、それなにり楽しい。ストックが邪魔だけど短くして対応。至仏山から小至仏山のコル?は良い感じの高山らしい風景。小至仏山は巻道があるらしいが見つからず山頂経由。

【 小至仏山~休憩場 】・・・休憩場からの眺めはイイね。紫外線は強敵。
 小至仏山から見える木道の終わりの休憩所で昼食。かなり傾斜している休憩場だけど。ここから見る小至仏山や尾瀬ヶ原&燧ヶ岳は好きな風景。昼食は宿の「おにぎり2個」美味しくいただきました。
 両耳が紫外線で赤く焼けあがっていました。いつものツバ付き帽子にしとけばよかった(涙)。三日後に皮がむけました。

【 休憩所~オヤマ沢田代湿原 】・・・乾いてきた。
 休憩所からクマザサ地帯、低木樹、そしてオヤマ沢田代湿原。ワタスゲも乾きはじめてフワフワです。オヤマ沢が交わると、もう森林地帯の始まり?何時もの見慣れた山道。

【 オヤマ沢~鳩待峠 】・・・水残量400mm今回もギリギリ。
 あとは鳩待峠まで・・・歩く・・・歩く・・・休む・・歩く。途中の長い木道で五~六人組にあおられましたが逃げる所無し。誰かが鈴を鳴らしていれば遠くでも気が付いたのに。圧力団体になっていることにリーダーは気が付いて欲しい!木道階段は幅が広いので追い越させました(怒!)。
 今回の水の残量は約200ml。友は350mlくらい。水切れギリギリの量でした。宿でPETボトルを満タン2Lは大正解でした。この時期は十分すぎるくらいの水が必要ですね。



 鳩待峠の自販機でPETボトルの炭酸飲料購入。コロナのためボトルは持ち帰り。プルトップ缶でなくて良かった。次はホームの武蔵御岳神社と蓮華ショウマ情報を予定しています。早くコロナが収束してほしい。太陽に黒点が少し戻ってきています!

登山中の画像
登山画像
180714 鳩待峠
登山画像
180730 アヤメ平入口
登山画像
180739 最初は階段。
登山画像
180745 山道もあります。
登山画像
180845 ギンリョウソウ
登山画像
180853 ここの辺りは意外に滑らない木道。
登山画像
180853-1 横田代に到着!
登山画像
180855 水も滴るいい「ワタスゲ」。
登山画像
180856 横田代 横浜の田代26番
登山画像
180904 雨の中。
登山画像
180943 休憩所が見える。
登山画像
180947 中原山
登山画像
180959 至仏山が見えない。方向が?
登山画像
181013 アヤメ平休憩所
登山画像
181019 急傾斜注意じゃなくて、この木道がスケ…
登山画像
181022 慎重に歩いても滑る。雨の日は地獄!
登山画像
181031 右入ると尾瀬ヶ原への道(振返り)
登山画像
181035 標識を越えた所に穴場の小池。晴れてい…
登山画像
181147 雨の日に選ぶのは安全第一!
登山画像
181147-1 おっと!降下道で滑った。シャッター…
登山画像
181227 木道階段。いつの間にか日が差してきた。
登山画像
181255 倒木が道をふさぐ。
登山画像
181257 小橋
登山画像
181301 ♪ツイてくる来る世代に、恥ない様に♪
登山画像
181316 尾瀬ヶ原 着いたど~!大怪我しないで…
登山画像
181323 晴れ上がるか?至仏山。
登山画像
181325 竜宮十字路 到着!
登山画像
181326 竜宮十字路休憩所。貸切り状態。
登山画像
181333 閉店ガラガラ竜宮小屋と燧ヶ岳。
登山画像
181358 ヨッピ橋へ発進!
登山画像
181425 ヨッピ橋
登山画像
181432 アザミ
登山画像
181432 ニッコウキスゲ保護区へ。
登山画像
181438 午後に咲くらいし。
登山画像
181439 浮島の紅葉始め?
登山画像
181443 キスゲ保護区の出入口。
登山画像
181443-1 ・・青き衣をまとい。金色の・・・ …
登山画像
181445 アザミとキスゲ。
登山画像
181445-1 燧ヶ岳とキスゲの原。
登山画像
181449 至仏山とキスゲの原。
登山画像
181518 牛首分岐へ。
登山画像
181543 この橋の写真撮るのが好き。 歩荷さん…
登山画像
181546 逆燧ヶ岳。
登山画像
181551 キンコウカ
登山画像
181607 今夜の泊り「山の鼻荘」
登山画像
181710 贅沢な夕食&おビール。
登山画像
190449 朝イチは薄曇り?
登山画像
190558 ここは旅館?朝食。
登山画像
190558-1 お弁当を作ってもらいました。
登山画像
190639 おお!予報は小雨だったのに晴!
登山画像
190646 天国への門?
登山画像
190649 晴れ上がった至仏山。
登山画像
190652 燧ヶ岳に元気をもらい、いざ至仏山の頂…
登山画像
190653 地獄の入口?最初は階段か。
登山画像
190655 慣れた山道。
登山画像
190700 恐怖の朽ち始めた木道。滑りそう!危険!
登山画像
190718 一生懸命に整備したんだろうな。
登山画像
190747 メタボ本隊、森林限界突破!
登山画像
190755 まだ森が見える。
登山画像
190801 「スカッと爽やか♪水道水♪」
登山画像
190807 上を見ると青空がきれい。微妙に高山病…
登山画像
190815 燧ヶ岳を見ると青が微妙。
登山画像
190818 ストックが微妙になる、最短に。大きい…
登山画像
190847 何度目の水休憩だろうか。ノドが渇く!
登山画像
190857 クサリ場。
登山画像
191010 天国の休憩所。 高天ヶ原。
登山画像
191039 まだまだ登るぜ。等高線は狭いのだが登…
登山画像
191048 森林限界越えたら紫外線がより強い!
登山画像
191049 雲の中に赤い棒が。あれが山頂だ!
登山画像
191053 直下から燧ヶ岳。色が微妙。
登山画像
191054 至仏山頂。 友は登り階段に強いので少…
登山画像
191058 山頂から尾瀬ヶ原&燧ヶ岳。
登山画像
191101 日が当たった高山らしい斜面。
登山画像
191104 混んでいるので下山開始。岩場なので注…
登山画像
191138 小至仏山へ続く道。
登山画像
191138-1 ハイマツの中を降下。
登山画像
191205 小至仏山は巻道あり。
登山画像
191207 でも山頂へ。
登山画像
191217 あそこの休憩所で昼食。
登山画像
191247 休憩所からの燧ヶ岳。
登山画像
191259 休憩所からの小至仏山。
登山画像
191313 オヤマ沢田代
登山画像
191315 オヤマ沢田代へ到着。ワタスゲも乾きは…
登山画像
191322 オヤマ沢1980m
登山画像
191335 原見岩??
登山画像
191401 樹林帯の道。
登山画像
191445 小至仏山への出入り口。
登山画像
191447 鳩待峠へ到着。
登山画像
191452 「スカッと爽やかペプシ?」コロナの影…
登山画像
191522 帰路は大型バスでした。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

野良耕筰さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

野良耕筰 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年8月11日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...