登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
世界遺産の道、大峰山へ 大峰山(弥山・八経ヶ岳)(大峰山脈)(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

アレス さん
  • 日程

    2020年8月1日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:弥山登山口駐車場(1日1000円・約100台)

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

弥山登山口駐車場(06:05)・・・奥駈道出合(06:55)・・・大峯奥駈道・・・聖宝ノ宿跡(07:45)・・・弥山小屋・弥山山頂1895m(08:30)・・・八経ヶ岳山頂1915m(09:10)・・・弥山小屋・弥山山頂1895m(09:55)・・・聖宝ノ宿跡(10:45)・・・奥駈道出合(11:30)・・・弥山登山口駐車場(12:20)
行程タイム(休憩・撮影時間含)(06:15)


総距離 約10.4km 累積標高差 上り:約1,188m
下り:約1,188m
※コース状況・感想等は写真と一緒にコメントを載せています。

トイレ情報
登山道は弥山小屋にトイレ有。
弥山登山口駐車場にトイレ有(100円※駐車場利用者以外は200円)。

登山中の画像
  • 弥山登山口。弥山登山口駐車場は行者還トンネル西口にあり、朝6時ではまだまだ空いていました。夜中に到着しましたが、道中タヌキとシカに遭遇しました。途中からの山道は道が狭いので運転に注意です。
  • 登山道。弥山登山口から奥駈道出合までは急登が続きます。
  • 登山道。梅雨が明けて暑かったですが、風が強くて気持ち良かったです。
  • 奥駈出合。ここから世界遺産の道、大峯奥駈道です。日本の世界遺産を全部見てきた世界遺産好きとしては、感慨深いものがありました。
  • ヤマジノホトトギス。(ユリ科ホトトギス属)
  • 登山道。奥駈出合から聖宝ノ宿跡までは平坦な道が続きます。
  • キノコ。
  • 苔。
  • 登山道。
  • 登山道からの眺望。弥山小屋と八経ヶ岳が見えました。
  • キノコ。
  • バイケイソウ。(ユリ科シュロソウ属)
  • 聖宝ノ宿跡。大峯奥駈道には行場である75の靡があります。ここは55番目の靡『講婆世宿』です。どこからか修行者の法螺貝の音が響いていました。
  • 登山道。聖宝ノ宿跡から弥山までまた登りになります。
  • 登山道。階段もあります。
  • 登山道からの眺望。中央に日本百名山の大台ヶ原山が見えました。
  • サワオトギリ。(オトギリソウ科オトギリソウ属)
  • 弥山小屋。
  • 弥山小屋のフクロウが出迎てくれました。
  • 弥山山頂。54番目の靡『弥山』です。
  • 弥山から八経ヶ岳までの道は一旦くだってまた登ります。その途中に天然記念物のオオヤマレンゲ自生地があります。
  • 登山道。
  • 八経ヶ岳山頂。51番目の靡『八経ヶ岳』です。
  • 八経ヶ岳山頂からの眺望。
  • 八経ヶ岳山頂からの大台ヶ原山。
  • 八経ヶ岳山頂から明星ヶ岳方面の眺望。
  • 八経ヶ岳山頂から弥山方面の眺望。左に弥山山頂の鳥居、右に弥山小屋が見えます。
  • 八経ヶ岳山頂からの大普賢岳。
  • 八経ヶ岳山頂。
  • 登山道。来た道を戻ります。
  • オオヤマレンゲ。(モクレン科モクレン属)今回の登山の目的のひとつでしたが、もう終わっていました。でも終わりかけの1輪を見つけました。いつか白いオオヤマレンゲが見れたらいいなと思いました。
  • 登山道。
  • 登山道沿いの苔。
  • 苔。
  • シシウド。(セリ科シシウド属)
  • 弥山小屋。
  • 弥山山頂からの八経ヶ岳。
  • 登山道。階段もあります。
  • 登山道。
  • 聖宝ノ宿跡。55番目の靡『講婆世宿』です。
  • 登山道。
  • 登山道。
  • 弁天の森。
  • 石休ノ宿跡。56番目の靡『石休場』です。
  • ギボウシ。(キジカクシ科ギボウシ属)
  • 奥駈出合。ここで行者還トンネル西口(弥山登山口)方面と大峯奥駈道の行者還岳方面に分岐します。
  • 登山道。名残惜しいですが、世界遺産の道を離れ、駐車場まで降ります。石が多いので注意です。
  • ミヤマママコナ(ハマウツボ科ママコナ属)
  • キノコ。これは絶対危険な気がする。
  • 登山道の木橋。
  • 弥山登山口駐車場。行者還トンネル西口出口付近の他にも少し下った場所にも駐車場はあります。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

アレスさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

アレス さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年2月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは?
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは? 『山と溪谷』編集部員が「今これが気になっている」というちょっとニッチなアイテムをピックアックし、注目のポイントにクローズ...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。